ブログ一覧

BLOG

YMCで行われたイベントや活動などの最新情報をお届け致します。

ブログ

2019.05.31

【自然治癒力を高める】インターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイ

2019年5月25日(日)
第二回「インターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイ」

YMCからは、IHTA国際ホリスティックセラピー協会理事・佐藤ゴウ先生がクラスを担当!
画像1

ヨーガセラピーって?どんなクラス?

ヨーガセラピーという分野を知ろう!
ヨーガの分野はいろいろあるけれど、
ヨーガをセラピーとして用いるヨーガ・セラピーを皆さんはご存知でしょうか?
※「セラピー」とは手術や投薬を使わない治療の事
インターナショナル・ヨーガ・セラピー・デイとは、様々な団体が手を取り合い、
ヨーガの中でも特にセラピーとしてのヨーガを普及するために始まったイベントです。
みんなで一緒に呼吸と合わせてポーズを楽しみ、リラックスするだけでなく、
一人一人にあったやり方でヨーガに接することもできるなど、
様々なヨーガ・セラピーを体験することが出来る1日でした。 当日は、各分野の著名人15人がクラスを担当。
その中の1人にIHTA国際ホリスティックセラピー協会理事・佐藤ゴウが抜擢されました。

佐藤ゴウ先生とは?

IHTA国際ホリスティックセラピー協会理事。
YMCにてレギュラークラスとTTを担当し、ヨガ哲学を伝え心身の繊細な感覚を見つめる感じるヨガを展開。独自メソッドを用いた「男ヨガ」も話題に。
日本各地で行われるヨガイベントにもメイン講師として参加。

開催場所は?

[IDYD現地事務局]大宮ソニックシティ

参加者は?

当スクール(YMC)の生徒・卒業生、他イベントにて佐藤ゴウのクラス参加者、
SNSで興味を持たれた方など、幅広い世代の方が参加されました。

内容は?

まずは目をつぶってマットの真ん中で30秒ほど足踏みテスト。
目を開けると皆様、最初の向きとは変わって、様々な方角へ向いておりました。
それだけ骨盤が歪んでいるということ。
年齢を重ねるほど、不調は出てくるものです。
不調は姿勢の偏りから来るという理論です。
前屈、後屈、側屈などヨガのポーズで全ての方向に体を動かし状態を整えていき、
不調を改善するというクラス内容でした。
また、ヨガベルトを使った4人1組のワークでは皆様和気藹々と体を動かし、
後屈の「ラクダのポーズ」が楽に出来るようになりました!
最後は参加者同士ハグをしあう場面も!
画像2 皆様、メモを片手に真剣な眼差しで講義を受けていらっしゃいました。

レッスン後は?

参加者の中には不調がある方もいらしておりましたが、
レッスン後には「不調が収まった!」と嬉しいお声もいただきました!

次回開催

2020年5月2日(土)
今回ご参加出来なかった方は、是非いらしてくださいね!