SPARK用のタグ

YMC整体の施術体験付き無料説明会レポート

新宿で整体師資格を取得するならYMCがおすすめ!YMC東京・新宿校の整体師コースをご紹介

YMCでは生徒さんにどのような流れで入学いただいているのか、30代後半のお客様・佐藤さん(30代後半)の事例をもとに説明します。

RYT200を取得する前に資料をみる

YMCの入学の流れ

カウンセリング

まずはアンケートを書いていただきます。(記入時間5分くらい)

そしてそのアンケートをもとにカウンセラーと面談を行います。

カウンセラー「本日はまず面談をさせていただいて、そのあと実際に施術を受けていただきます。それからまた最後にお話をさせてください。だいたい1時間半を目安にしています。今回お越しいただく前にパンフレットも送らせていただきましたが、何か質問はございますか」

カウンセリング

佐藤さん「まだ詳しくはなくて、揉みほぐしや骨格調整について書いてあったのですが、何が違うのかよくわかっていない状態です。」

カウンセラー「佐藤さん自身は整体は受けられたことはございますか?」

佐藤さん「学生時代に一度だけぎっくり腰で骨盤の整体を受けました。接骨院で、ゆがんだ骨盤を戻す施術を受けたのですが、その1回でとてもよくなりました。」

カウンセラー「骨格調整アドバンスといって、瞬間圧で直す施術だと思われますね。それも整体の一環です。ちなみに整体師に興味を持ったきっかけは何になるのでしょうか。」

佐藤さん「自分の空き時間に何かやれることがないかと考えた際に、もともとスポーツが好きだったので、スポーツに関わる仕事がしたいと考えるようになりました。その中で、スポーツ選手に特化したマッサージ師、整体師になりたいと思い、YMCに行き着きました。」

カウンセラー「ありがとうございます。アンケートによると最初は出張マッサージの仕事がされたいんですね。この後、資格を取った後の就職の手順なども説明させていただきます。ちなみに就職率についてですが、基本的には資格を取られたあとは皆さんご自身で求人を見て就職活動をしていただいております。実技がうまくいけば合格する確率は高いので、しっかりYMCで学んでいただいて、資格が取れれば問題なく就職できると思います。」

佐藤さん「YMCさんで資格を取っていることは、面接でのアドバンテージになるのでしょうか。」

カウンセリング

カウンセラー「まず、ディプロマという資格の証明書が渡されるので、資格を持っていることをはっきり証明できる利点はあります。整体師1級コースですと、ボディケアと骨格調整を学んでいただき、リラクゼーションセラピストとメディカルトレーナという2つのディプロマが取得できますので、履歴書に記載していただければ大きな利点になります。また、YMCにはカラダファクトリーという整体サロンがあります。全国に30店舗以上あるのですが、こちらで行っている施術がYMCの大元の技術になります。実際に店舗で行っている最新の技術をお教えすることができます。また、カラダファクトリーではインターン制度も行っておりますので、ご希望であればインターンとして学んでその後就職していただくことも可能です。コロナ禍では求人が少なくなってはおりますが、また通常時のような時期に戻れば就職はできると思います。」

佐藤さん「なるほど、それを聞いて安心しました。」

カウンセラー「続いて実際に教える内容について説明します。まずボディケアは、指圧、揉みほぐしについて教えます。前面、側面、背面すべて行います。この指圧によって、血流、リンパの流れが良くなって、体が温まり、疲労の回復につながります。町中にある『1時間 2980円揉みほぐし』というような看板を見かけられると思いますが、そういった店舗で行われているのがこのボディケアの技術です。もう一つの骨格調整、こちらは骨と神経にアプローチする施術で、骨と筋肉の間に持続圧という圧をかけていき、体のゆがみを直していくものです。例えば習慣的に足を組む人は、癖がついてしまっており、体がゆがんいます。骨盤がゆがんで、左足だけが短くなってしまうなどの特徴ですね。何もないところで転んでしまう人などは、このような歪みがあることが多いです。骨格調整をすればこの歪みを直すことができます。また、肩甲骨や背中の歪みを直すことで姿勢改善、頚椎の部分にある神経を調整することで自律神経を整えることが可能です。他にも、腰が痛いという患者さんにずっと腰のマッサージをしてあげてもあまり聞かない場合があります。その時に骨盤や首を施術してあげると、腰の痛みが改善されたという事例があります。そういった関連筋の勉強もしていただく予定です。このボディケアと骨格調整の資格2つが整体師1級コースで学べる内容で、こちらを持っていれば基本的にはどの整体サロンでも採用されると思います。ボディケアは外側、骨格調整は内側をケアするものなので、この2つがあればかなり有利ですね。」

佐藤さん「ありがとうございます。もう一つ、整体師総合コースについてもお聞きしたいです。」

カウンセラー「整体師総合コースは先ほどの2つの資格に加え、リフレクソロジーについて学ぶことができます。リフレクソロジーは足つぼの反射区という部分を押していきます。足裏のツボは内臓やいろんな体の部位と繋がっており、例えば腸のツボを押せば便秘解消に繋がります。また、膝部分までの浮腫みを解消することもできます。妊婦さんやご高齢の方々はうつ伏せになる施術は難しいですが、そういった方々には足裏のマッサージをしてあげると全身をケアすることも可能です。

また、小顔デザインというコースもあります。とても女性受けがいいです。30分施術するだけで目が大きくなったり、小顔になる効果があります。そしてそれ以上に、眼精疲労の解消につながります。リモートワークでPCと向き合いっぱなしという方が増えているので、男女ともに喜ばれる施術になっています。」

小顔デザイン

 

佐藤さん「たしかに、汎用性ありますね。」

カウンセラー「こちらは表情筋、頭蓋骨を押していく施術で、お化粧をしたままでも可能なので、気軽に行えます。YMCの生徒さんで卒業後に小顔デザインだけまた習う方も多いです。3~40分でできる施術なのでお店でメニューに小顔デザインがあると、気軽に頼んでもらえると思います。また、しばらく経つと効果が消えてもとに戻ってしまうので、リピート率も高いです。」

佐藤さん「今まで説明頂いたものは、一般的な整体院でだいたい扱っているものなのでしょうか。」

カウンセラー「大半は扱っています。ただ、個人でやっている店舗ではメニューが少ない場合もあるので、いろんな資格を持っておくと、雇われた後も優遇されることも多いです。

整体師総合コースでは、他にもアナトミーストレッチといって、パートナーストレッチを学ぶことができます。ストレッチは伸ばす箇所が少し違うだけで、効く箇所が全く変わってきます。こういったストレッチは指圧が苦手な人が覚えると苦手分野の穴埋めになります。

このように、たくさんの技術を学ぶことで整体師としての幅が広がります。」

カウンセリング

佐藤さん「なるほど、ありがとうございます。わかりやすいです。」

カウンセラー「実際に受けたことがあるのは、骨盤の骨格調整だけですよね。」

佐藤さん「そうですね、その時に骨盤がすごくゆがんでいると言われました。」

カウンセラー「わかりました、あとで講師に見てもらいましょう(笑)どれくらいゆがんでいるのか確かめるテストもあるんですよ。」

佐藤さん「そうなんですね、かなり歪んでいる気がします(笑)」

カウンセラー「次に通い方に関してですが、佐藤さんは入会されたら来月から通われますか?」

佐藤さん「はい、その予定です。」

カウンセラー「わかりました。こちらが整体コースの7月のスケジュールです。お時間は10時から、11時40分から、それから2時10分からと3時50分からと、1コマ90分の授業が1日4回あります。今はコロナ禍で夜間がやっていないのですが、佐藤さんは平日は来校できますか?」

佐藤さん「平日は現職の業務があるので難しいですね、土日なら可能です。」

スケジュール

カウンセラー「わかりました。土日で通いましょう。スケジュール表に整体師コースの入学式というコマがありますが、ここがオリエンテーションで初日になります。その他、スケジュール表のクリーム色の部分はいつでもお越しいただければ授業を受けられますし、土日も毎日授業は行っていますので、平日は無理でも十分資格取得は可能です。」

佐藤さん「土日は全然大丈夫です!」

カウンセラー「スケジュールも問題なさそうですね。ちなみに、佐藤さんが整体師1級のコースを受けられた場合、骨格調整、筋肉調整を学んでいただき、トータルの授業料は56万8千円です。そのうち、入学金が8万円、またEラーニングで使える動画が2万8千円します。解剖学や生理学の解説動画などが16時間分入っているのですが、のちほど実物をお見せします。」

カウンセラー「また、教材費として白衣やテキストを入れて4万円、受講料が39万3千円、他にIHTA登録料、IHTA認定試験料があるのですが、ここについてはまた説明いたします。整体師1級コースでは98時間のカリキュラムを受けていただきます。受講期間は15か月です。一週間で4コマを取るペースで授業を受けていただくと、おおよそ4か月で全カリキュラムを終えることができます。ただし、その後の試験に受からない限り、資格は発行しません。そして、早いペースでカリキュラムも終えて試験も受かった方でも、15か月の期間内であれば何回でも授業を受けることができます。ぜひ、復習としてご利用ください。」

佐藤さん「それはお得ですね。」

カウンセラー「先ほど述べた動画の実物もお見せします。この動画のように、機能解剖学、生理学を解説しています。こちらに移っている先生は現役の整体師で、骨と筋肉の位置関係を正確に理解する授業を行っております。こちらの動画も受講期間15か月間の間は16時間分何回でも繰り返し見ることができます。さらにページの下を見ると、動画の内容がテキストにもなっていてより理解しやすいです。」

Eラーニング

カウンセラー「また、先ほど述べたIHTAとは、一般社団法人 国際ホリスティックセラピー協会の略称で、こちらの協会は医療、健康業界に携わる方々の団体です。YMCの資格の発行はこのIHTAが行っています。使用するテキストもIHTAの医師が監修しています。そのため、YMCのカリキュラムを受講するためにはIHTAの会員になる必要があります。会員特典としてはライセンス保険に入ることができます。こちらの保険は、例えば佐藤さんが整体師として働いている時に、施術の結果お客様の体が不調になった場合でも保険が下りるなどのメリットがございます。開業されるのであれば、こちらの保険は絶対にあった方がいいです。またIHTAは毎月15~20分ほどのセミナーを行っております。内容としては、首のマッサージ、ハンドトリートメントなどの解説で、こちらもスキルアップにつながります。このIHTAへの登録料が1万5千円かかります。そして整体師の資格試験料として1万2千円がかかります。また、YMC卒業後もIHTAの保険、セミナーなどのサービスを継続して受けたい場合、年会費1万5千円が自動引き落としされる仕組みとなっております。

それでは、この後は実際に施術を体験していただいて、また最後に面談をしましょう。」

佐藤さん「よろしくお願いします。」

施術体験

その後、現役の整体師で講師の田村先生から佐藤さんが実際に施術を受けます。

田村先生「今日は当校で学べる技術を実際に受けて体感していただきます。ちなみに佐藤さんは学生時代にギックリ腰をされたとのことですが、今は腰の調子はいかがですか。」

佐藤さん「今は何も問題ないです。」

施術体験

田村先生「お仕事は何をされているんですか?」

佐藤さん「基本的に毎日デスクワークで座りっぱなしです。」

田村先生「腰や肩に疲れはありませんか?」

佐藤さん「肩はありますね。」

田村先生「わかりました。せっかく体験していただくので、不調な部分は治したいと思います。首は自覚症状はあまりないのでしょうか。」

佐藤さん「はい、あまり自分ではわからないです。普段マッサージも行かないので、凝っているのかもよくわかっていないかもしれません。」

田村先生「なるほど、それはもしかすると今回の施術で凝りを自覚してしまうかもしれませんね(笑)整体を受けるのは実質初めてということですか?」

佐藤さん「学生時代のギックリ腰は、痛すぎてやむを得ず整体を受けに行ったので、凝りがどうにもならなくなって整体を受けたという経験はないです。」

田村先生「わかりました。それではさっそくやっていきましょう。まず肩を揉ませていただきます。」

施術体験

田村先生「そこまで固いというわけではないですね。姿勢はよくないです。体が左側に傾いていますね。」

佐藤さん「え?そうですか」

田村先生「後ろから見ると、頭の位置がもう少し右側にあるべきなのですが、ずれていますね。左右均等ではないです。首の位置を変えましたが、辛いですか。」

施術体験

佐藤さん「はい、ちょっと違和感があります。」

田村先生「こちらの首の位置が正しい姿勢に近い状態です。腰が少しそれた状態で、スッと立っているイメージですね。ちなみに力を抜いていただくと、少し背中が丸みを帯びています。こういう方は基本的に肩こりになりやすいです。ただ、佐藤さんは被比較的肩回りは柔らかいです。」

佐藤さん「1日中デスクワークしている割には、ということでしょうか。」

田村先生「そうですね、デスクワーク中心の方は不良姿勢といって筋肉ガチガチの状態になりやすいのですが、それよりも柔らかいです。ただ、肩のこの部分、苦しくないですか?」

施術体験

佐藤さん「少し苦しいです」

田村先生「ここが苦しいということは、肩の骨の働きがうまくいっていないということですね。もう少ししなりがあれば、柔軟性が生まれるのですが、この箇所だけ押しても沈んでいかないくらい固くなっています。ここに痛みが生じてストレスを感じる原因となります。次はうつ伏せになっていただけますか。」

施術体験

田村先生「もう一つ、歪みの証拠があるのですが、左右の足の長さが違うんです。」

施術体験

佐藤さん「え?違うんですか?」

田村先生「はい、右足が短い状態です。普段から重心をかけるときは右足にかけていると思います。足を組む癖はありますか?」

佐藤さん「足はよく組みます。」

田村先生「日常的に足を組む方の典型ですね。続いてですが、膝を伸ばした状態で、右足をゆっくり上げてください。続いて左足もお願いします。いかがですか。」

佐藤さん「左足の方が上げやすいです。」

田村先生「それは右足の方に重心が行って、疲れがたまっているからです。筋肉も骨盤の働きも右側に負担が行ってますね。こういう偏りがあると、腰痛の危険性が高まります。次はあおむけになっていただけますか。足を持ち上げてみますが、足の長さが違うのが分かりますか?」

佐藤さん「あ、本当ですね!」

施術体験

田村先生「引っ張ってないのにこんなに違います。ちなみに右側にずらしていくと、長さが揃います。ちなみにこのずらした状態の方が違和感なくないですか。」

佐藤さん「確かにそうですね。」

田村先生「このバランスに体が慣れてしまっていますね。今からこの状態を変えていくのですが、自覚が出やすくなってしまうかもしれません。」

佐藤さん「不調に気づきやすくなるということですか?」

田村先生「はい、感度が良くなって、色々と気にし出す人もいます。続いて、首もチェックさせてください。あまり痛みはないですか?」

施術体験

佐藤さん「はい、特に痛くはないです。」

田村先生「わかりました。続いて、右手を軽くグーにして上にあげてください。これから筋力のテストをします。私が「せーの」と言ったら、右手を左側に倒そうと押すので倒れないように抵抗してください。」

施術体験

田村先生「(2、3回繰り返し)ありがとうございます。次は顔を傾けてください。顎も上にあげてください。この状態でまた同じことをします。いかがですか。」

佐藤さん「さっきよりも力が入りづらいです。」

施術体験

田村先生「今のテストで佐藤さんの不調部分を可視化しました。人間の体の管理監督の大部分を担っているのは脳です。首の不調があると、その脳から神経への伝達がうまくいかなくなります。その結果100の力を入れているつもりでも、半分程度の力しか出なくなるんです。先ほどのテストも、本来であれば首がどちらを向いていても力は入るのですが、やはり佐藤さんの首には多少不調があるようです。これから佐藤さんの首を調整してみます。血圧は高い方ですか?」

佐藤さん「いえ、範囲内です。」

田村先生「それなら大丈夫です。痛くない程度の調整なので安心してください(笑)あくまで導入部分なので」

施術体験

田村先生「(首をほぐし終わり)それではもう一度顔を左側に向けて、顎を上げた状態で右腕を上げてください。同じテストをします。」

佐藤さん「さっきよりかなりやりやすいです。」

施術体験

田村先生「それは首をほぐして神経の伝達をスムーズにしたからですね。これが『骨格の調整』です。そして、もう一度足を持ち上げてみますが…」

佐藤さん「え、長さが揃ってる!」

施術体験

田村先生「ちょっと調整するだけで、体の歪みをここまで治すことができます。もちろんこの施術も教える範囲です。では、今度はうつ伏せになってください。後ろから見ても足の長さが揃っていますよね。」

施術体験

佐藤さん「本当ですか?すごい…」

田村先生「それではまた足を上げてみましょう。」

佐藤さん「さっきより両足ともかなり上げやすいです!」

施術体験

田村先生「普通の店ではやらないことをやってみました。首周辺をほぐすだけでも、ここまで効果が出るんです。単純に施術して楽になってもらうだけでなく、人気になる先生を育てたいので、こうやって自分の体の変化で体感して理解してもらうことを大事にしています。次に横になってもらって、背骨を押していきます。」

施術体験

田村先生「背中側も固い部分がありますね。ここが硬い人は呼吸が浅い傾向があります。その結果、体が疲れやすくなるんです。」

佐藤さん「確かに疲れやすいです。」

田村先生「こういった部分をそのままにしていると、心身共に疲れやすい体質になっていきます。骨格調整は自覚症状を取り除いて、少しでも良い状態の体を取り戻してもらうのが目的です。ただそれだけでなく、筋肉調整もして凝りをほぐしてリラックスさせてあげると、よりよい効果が出ます。骨格調整だけだとやられた感がないという人もいるので、2つの施術を組み合わせると満足度が高いです。」

佐藤さん「なるほど、確かに気持ちいいです。」

田村先生「佐藤さんは表面の筋肉よりも、中の方が硬いかもしれないですね。座りっぱなしの影響ですね。」

施術体験

田村先生「今日行った施術は基本的なものばかりで、生徒さんも同じことができるようになります。今日はやっていないですが、あおむけの状態など、全身のいろんな個所をほぐす技術があるので、ぜひ覚えてください。それから、歪みがないか確認する部分は、首、骨盤、背骨ですね。また、お尻の筋肉をほぐすと腰のハリが取れます。強く押してみますね。」

佐藤さん「あ、本当だ。わかりやすいですね。」

施術体験

田村先生「お尻の筋肉も、体重が乗りやすかった右側の方にストレスが溜まっていますね。こういう風に筋肉のつながりも覚えていると、実践で役に立ちます。では、起き上がりましょう。座ってみて感じはいかがですか。」

佐藤さん「さっきよりも座りやすくて、体が軽いです。」

田村先生「姿勢もさっきよりとてもよくなっていますね。」

施術体験

田村先生「今回の体験は、単なる施術ではなく、自分で体の変化を体感し、自分もできるようになるというイメージを持ってもらうために行いました。」

佐藤さん「確かに自分の体で変化が出たので、とても分かりやすいです。」

施術体験

田村先生「ちなみに、今回の施術で足を組む癖はある程度直したのですが、まただんだんと戻っていくと思います。整体師の施術の目的は、単に治すことというより、体の歪みを自覚させて、それが不調の原因になるなら、元の正しい状態に戻るような習慣に導いてあげることです。その人の意識を変えることが大事なので、長い目で見て付き合うことが大事です。週一で施術に来ていた人が、だんだんと良くなっていって、2週に一度、最終的には単にリフレッシュ目的で月一で来るようになる、という風になれば理想的ですね。今回は時間の関係でできませんでしたが、これに足裏のマッサージなどのリフレクソロジーの技術も加われば、体調の改善でも単なるリラックスでもあらゆるニーズにこたえられるようになります。」

最後の面談

カウンセラー「施術を体験していかがでしたか?」

佐藤さん「こんなに変わるのかと、びっくりしました。」

面談

カウンセラー「今回は首等での動きのテストでしたが、それ以外にも腕の可動域のチェックや、後ろを向いたときにどこまで人の顔が見えるか測るテストなどもあります。どのテストでも施術後は必ず変化が出るので、効果が実感しやすく、この先生に診てもらってよかったなと思えます。」

佐藤さん「確かに、今は肩がかなり軽くなりました。」

カウンセラー「よかったです。こういう施術も佐藤さんもできるようになります。ちなみに、ご入学いただくと、このような受講表をお渡しします。こちらはボディケアのものですが、まずは座学、続いて実技と必ず実践の機会が毎回あります。そして授業の最後にはロールプレイングといって、生徒さん同士でペアになって、先ほどの体験のように問診をして、テストをして、施術をしてからまたテストをして変化を見せるという手順を実際にやっていただきます。」

最後の面談

カウンセラー「また、テキストには指圧の仕方などが書いてあります。生徒さんは自分で実践して寝ころびながら逐一テキストにメモを取るような形で、授業を受けていらっしゃいます。先ほどの体験では骨格調整と筋肉調整を受けていただきましたが、整体師総合では加えて、リフレクソロジーと小顔デザインも受講できます。体験をされてみて、佐藤さんはどのコースを希望されますか?」

佐藤さん「整体師として基本の2つは、骨格調整と筋肉調整ですよね?」

カウンセラー「そうですね。まずはその2つを覚えていただいて、その後にオプションとして骨格調整アドバンスやリフレクソロジー、小顔デザインを勉強することもできます。」

佐藤さん「リフレクソロジーや小顔デザインをする場合、働く店も変わってくるのでしょうか?」

カウンセラー「そんなことはないです。整体サロンにもリフレクソロジーと筋肉調整メインのリラックス系と、骨格調整、小顔デザインメインの改善系がありますが、たくさんの技術を持っているに越したことはないです。どの店でも優遇されると思います。」

佐藤さん「例えば、整骨院で働きたい場合と、サロンで働きたい場合で、選ぶメニューは変わるのでしょうか?」

最後の面談

カウンセラー「まず、整骨院や接骨院など”骨”がつく店は国家資格がないと働けません。ただ、接骨院などでも、保険外のメニューでボディケアなどのサービスを行っているので、ボディケアの勉強だけでも接骨院、整骨院で働くことは可能です。整体師一級の資格を持っているだけで、十分出張マッサージで働けるので、その傍らでリフレクソロジーなどの勉強を追加でするという方法もあります。整体師総合だと103万円がかかるので、金銭面でも整体師一級の56万8千円とは大きく変わってきます。ちなみに支払い方法は、口座振り込み、クレジットカード引き落とし、分割払いと選ぶことができます。」

佐藤さん「整体師一級に後からリフレクソロジーと小顔デザインを足すなら、最初から全部整体師総合で受けたほうが安いんですよね?」

カウンセラー「そうですね、そちらの方が金額は少ないです。」

佐藤さん「なるほど、う~ん、でもまずは一級ですね。」

カウンセラー「そうですね、まず一級があれば就職には困らないので。」

佐藤さん「入会される方で一番多いのは整体師一級ですか?」

カウンセラー「そうですね、一級を選ぶ方が一番多いです。余裕がある方で最初から総合の方もいますが、まずは一級を取って職を得てから追加していく方が多いですね。」

佐藤さん「二級、三級を選ぶ人はそんなにいないんですか?」

カウンセラー「あまりいらっしゃらないです。三級で覚えるのはうつ伏せの揉みほぐしだけなので、ご家族のために覚える方が多いですね。二級は骨格調整はなしで、筋肉調整だけを覚えます。それだけでもリラクゼーションサロンで働くことは可能です。ただ、結局学ばれているうちに骨格調整も覚えたくなる方が多いですね。佐藤さんは将来的にお店を開きたいとのことなので、確実に一級はとった方がいいです。」

佐藤さん「そうですよね、整体師一級にします。」

最後の面談

カウンセラー「ありがとうございます。今日ご契約書類もお渡しさせていただきます。1か月以内に申込みいただければ、一万円オフにさせていただきますので、よろしくお願いいたします。」

佐藤さん「よろしくお願いいたします。(パンフレットを見て)卒業生の方々のその後も載っていますね。」

カウンセラー「はい、皆さん整体サロンや、カラダファクトリーに勤めて活躍されています。生徒さんの年齢層で言うと、今は学生さんも増えています。ロールプレイングで、いろんな年齢層の方の体を触る方が勉強になりますので、ご年配の方ともお若い方ともやった方がいいですね。また、授業の定員は10名なのですが、さらに二手に分かれたり、少ない時で2、3人の場合もあるので、先生からより密接に学べると思います。男女比は、少し男性の方が多いですが、だいたい半々です。最後に、万が一佐藤さんがご病気などで受講が難しくなった場合、最大で180日間の休校ができます。休校すると受講期間の15か月も後ろ倒しになりますので、何かございましたらご利用ください。」

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報