講師紹介

instructors

あなたのスクールライフをささえる経験方法な講師陣をご紹介

PROFILE

本田雄介HONDA YUUSUKE

私は自分のことを、我が強いと感じます。

所属校舎 YMC 新宿校オンライン海外
担当科目 全米ヨガアライアンス(RYT200)/ ヨガインストラクター養成1級 / ヨガインストラクター養成2級 / キッズヨガインストラクター養成
カテゴリ ヨガインストラクター
保有資格 ・全米ヨガアライアンス(RYT200/RYT500)
・IHTA認定 ヨガインストラクター 1級
・IHTA認定 ヨガインストラクター 2級
・IHTA認定 キッズヨガインストラクター
出身地 茨城県牛久市
趣味 読書 温泉 ヒンドゥー神話

INTERVIEW

Q.01 ヨガインストラクターの魅力を教えてください

ヨガインストラクターは主役ではありません

インストラクターは「先生」と呼ばれます。
人気商売の面もありますので、自己アピールも必要です。

でも、ヨガインストラクターは主役ではありません。ヨガを教えるというより、いいところを伝える仕事だと思います。

勘違いして自分主導のレッスンをしようとすると、失敗が怖くて緊張したり、実力以上のことをしようとしたりと、疲れてしまい長続きしないのではないでしょうか。

私は自分のことを、我が強いと感じます。
ヨガインストラクターという仕事は、謙虚に向き合うことを教えてくれます。
貢献することの、じんわりとした喜びを感じることができます。

それは、日常生活でも必要なものです。
仕事を離れても、自己成長させてくれるものだと感じています。

Q.02 YMCって、どんなスクール?特徴は?

第2の青春

なんといっても、整体・ヨガ・アロマ・ベビーといった様々な養成コースを備えていること。
よい意味で目移りしてしまいます。

おそらく先生たちも、日頃からいろいろな視点で物事を考えられています。
心身ともに健やかに過ごすこと、生活の質を向上させることが根っこにあります。

そのためか、通っている生徒さんたちも、必ずしも整体師やインストラクターを目指しているわけではありません。

きっと、それぞれのライフステージに合わせて、必要な知識を学びに来ているのだと思います。

幅広い年齢層で、趣味も性格もバラバラな人が集まっているのに、なぜか卒業しても繋がっている方ばかり。

第2の青春といったイメージです!

Q.03 生徒に伝えたいこと

1番気にしているのは自分であって、周りの人には特に関係ありません。

40歳を迎える年に、ヨガを始めました。

体はガチガチでしたので、レッスンを受けている間は、正直しんどかったです。
女性ばかりの中で浮いているのではないか、と気にしたり、何のポーズもとれない自分を恥ずかしく思っていました。

でもヨガをしている人の多くは、自分をリラックスさせるため、頭を空っぽにするためにスタジオに足を運んでいます。
結局、1番気にしているのは自分であって、周りの人には特に関係ありません。