ブログ一覧

BLOG

YMCで行われたイベントや活動などの最新情報をお届け致します。

ブログ

2019.06.11

『脳育』ってなに?から脳育の資格講座までを解説

baby_image

幼児教育でも脳科学がブームらしい…。
でも、何がいいのかよく分からないから、簡単に教えてもらえるとうれしい。
あと、脳育の資格ってどんな資格なのか教えてほしい。

本日はこちらの疑問にお答えします。

脳育とは?脳を育てるとは?

「脳育」とは、簡単に言ってしまえば脳に様々な刺激を与えて育んでいくこと。
ママやパパ、たくさんの人に触れられることで、赤ちゃんは心が満たされます。
そればかりか、身体の調子が整い、脳もたくさん刺激されます。

でも、なんで脳への刺激が必要なの?

それは、生まれたばかりの赤ちゃんの脳の神経細胞は未接続な状態なため。
例えるなら、電波状況の悪いスマホ状態。

脳の成長についてもう少し解説します。
赤ちゃんの脳は生まれたときはわずか300g程度しかありません。
これは大人と比べるとわずか25%ほど。
なのに大人と同じ数の脳細胞があります。

あんなに小さな頭で既に大人と同じとは驚きですね。
でも、生まれたばかりの赤ちゃんは、話すことも歩くこともできません。/p>

これは脳の中で情報伝達がほとんど行われていないため。

赤ちゃんは日常生活の中で見たり、聞いたり、触れたり、様々な刺激を受けることで神経細胞どうしが結びつき、脳の神経回路『シナプス』が急激に増えます。
シナプスが増えると神経細胞同士のつながりが強くなり、情報の伝達スピードも速くなります。

0~3歳は、じつは赤ちゃん脳が爆発的に伸びていく時期。
この時期にたくさんの刺激を繰り返し与えてあげることで、脳への発達を促すことになります。

では何をしたらいいのでしょう?

この時期におススメなのが『ベビーマッサージ』です。
急成長の時期に、パパやママの対応で、赤ちゃんの脳発達の土台をより強くすることができます。

脳育に最適!0~3歳児にはベビーマッサージがおすすめ

『ベビーマッサージ』は五感をフルに刺激するため、『脳育』には最適です。

  • ママと目を合わせて「視覚」
  • 話しかけながら「聴覚」
  • 優しい手で触れる「触覚」
  • ママの香りを嗅ぐ「嗅覚」
  • そして、マッサージ後の母乳やミルクは更においしく感じることから「味覚」によい影響を与えます。

また、『ベビーマッサージ』は赤ちゃんだけでなく、ママやパパにもたくさんの効果があります。

赤ちゃんへの効果

  • 心と身体と脳の発達
  • 情緒の安定
  • 身体の健康
  • 人格形成に影響
  • 病気予防や早期発見
  • ママとの心がひとつに

ママやパパへの効果

  • 精神的な安定、ストレス軽減
  • 育児への自信
  • 言葉以外の子どもの変化を察知できる
  • 子どもの健康状態を把握できる
  • 夜泣き、ぐずりが減り、負担が軽減
  • 子どもへの愛情が深まる
  • ホルモン分泌が増え、母乳の出を促す

脳育の資格ってどんな資格?

YMCでは脳科学の考えをベースに赤ちゃんとの絆を育む「ベビーマッサージ」が学べる『脳育ベビーセラピスト』という講座を開講しております。

こちらは将来、ベビーマッサージの先生になってご自宅や公民館などでお教室を開催したいという方や、現在のお仕事に活かしたいという保育士や看護師にも人気なのですが、ママやプレママにもぜひ受けていただきたい内容です。

いやいや、先生になるつもりなんてないよ…。

と思うかもしれませんが、こちらの講座を学んでいただくと

育児に正解はない。

ということを深く理解できます。
いやいや、そんなあたり前のこと、と思うかもしれませんが、じつはこれが難しい。

赤ちゃんが生まれると、本当にたくさんの情報を耳にします。

あれをしちゃダメ
これがいいらしい
子どもの未来を考えるなら〇歳までにやらないと、など

本当にたくさんたくさんのことを目にしたり、耳にします。
いろんな情報に踊らされ、心が乱され、精神的にヘトヘト…

でも、本講座を学ぶと赤ちゃんの身体のこと、心のことをしっかり学べます。
触れ合うことの大切さを、何よりも深~く理解できます。

時期ごとの発達を理解できれば、今、どう過ごす?何をすべき?が分かるようになります。
お子さんの成長に従って、どんな風に向き合い、日々の生活を過ごしていくかが分かってきます。

ご興味のある方は、授業見学も承ってますので、ぜひお気軽にお越しください。

▼『脳育ベビーセラピスト』講座の詳細についてはこちら
https://ymcschool.jp/news/脳育ベビーセラピスト講座詳細