SPARK用のタグ

ダイエット中のヨガの呼吸法の効果とおすすめ3選

ダイエット中のヨガの呼吸法の効果とおすすめ3選

ヨガの呼吸法には、さまざまな種類があり、心身に良い効果を与えてくれるものです。

ダイエットにも呼吸法で効果は得られるのでしょうか?

ダイエット中のヨガの呼吸法の効果と、おすすめ呼吸法3選をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ダイエット中のヨガの呼吸法の効果3つ!

ダイエット中のヨガの呼吸法の効果3つ!

ヨガにはさまざまな呼吸法があり、ヨガを学ぶ上で呼吸法はとても大切です。

ヨガの基盤とも言える呼吸法は、ダイエット中の手助けにもなってくれるもの。

ダイエット中に嬉しいヨガの呼吸法の効果3つをご紹介します。

インナーマッスルの強化

インナーマッスルの強化

息を吐く時に使われる「腹横筋」というインナーマッスルがあります。

腹横筋は、くびれを作ったり、内臓を安定させたりする筋肉で、運動ではなかなか鍛えることが難しい筋肉でもあります。

インナーマッスルを鍛えると体幹が強化され、まっすぐな姿勢につながり、ボディラインの改善や腰痛・肩こりの緩和にもつながります。

また、筋肉が増えると代謝もアップし、痩せやすいカラダ作りを目指せます。

呼吸法はインナーマッスルを強化し、ダイエットにも嬉しい効果を発揮してくれます。

自律神経を整える

自律神経を整える

ヨガでは普段は行わない深い呼吸で、交感神経と副交感神経のバランスを整えてくれます。

自律神経とは、心身をアクティブモードにする交感神経と、リラックスモードにさせる副交感神経からなっています。

自律神経のバランスは日々の生活に深く影響を与えているもの

忙しい日々を過ごしていると、自律神経のバランスが乱れてしまい、不眠や過食、日中の眠気などを引き起こしてしまい、ダイエットにも大敵です。

ヨガの呼吸法で自律神経を整えることは、ダイエットにも大きな影響を与えるのです。

脂肪燃焼効果

脂肪燃焼効果

ヨガのレッスンではポーズの形を気にしてしまいがちですが、ポーズばかりでは十分な効果にはいたりません。

ヨガはしっかりと深い呼吸とともに行うことで、有酸素運動としての効果もみられます。

深い呼吸を意識しながら、1時間のヨガレッスンを行うことで、ダイエットに適した有酸素運動になり、脂肪を燃焼してくれるのです。

ダイエットにおすすめなヨガの呼吸法3選

ダイエットにおすすめなヨガの呼吸法3選

筋肉強化、脂肪燃焼など、ダイエットに嬉しい効果が期待できるヨガの呼吸法。

ヨガの呼吸法はご自分で、自宅でも挑戦することができます。

ダイエットにおすすめなヨガの呼吸法3選をご紹介します。

腹式呼吸

腹式呼吸

ヨガの基本の呼吸法です。

腹式呼吸は副交感神経を優位にして、心身をリラックスさせて回復力を高めてくれます。

吐く呼吸をよく意識して、腹横筋への刺激を感じてみましょう。

腹式呼吸のやり方
  1. あぐらになり、姿勢をまっすぐに伸ばす。
  2. まずは、お腹を凹ませながら、息をゆっくり吐き出していく。
  3. 次に鼻からゆっくりと8〜10秒かけて息を吸い込む。
  4. もう吸えないところまで吸ったら、一瞬息を止める。
  5. ゆっくりと鼻から8〜10秒かけて息を吐く。
  6. 5〜10回くり返す。

背筋が伸びた状態で行いましょう。

あぐらがやり難い場合は、正座やイスに座ったままでもかまいません。

お腹に手を当てて行うのもいいでしょう。

胸式呼吸

胸式呼吸

肋骨を広げたり閉じたりして呼吸する胸式呼吸。

パワーヨガ、ヴィンヤサヨガなど、動的ヨガで使われることが多い呼吸法です。

交感神経を優位にして、心身をシャキッとアクティブモードにしてくれます。

肋骨に手を当てて行うことで、横隔膜や腹横筋の働きを意識しやすいでしょう。

胸式呼吸のやり方
  1. あぐらになり、背筋をまっすぐに伸ばす。
  2. 両手を肋骨に当てる。
  3. ゆっくり息を吸い込み、肋骨が広がり、胸が膨らむのを意識する。
  4. いっぱいに吸い込んだら、はーっと口から肋骨を狭めながら吐き出す。(お腹もしぼり、筋肉を緩めない)
  5. 5〜10回くり返す。

呼吸をしながら、肋骨が広がったり閉じたりする感覚を意識してみましょう。

火の呼吸(カパラバディ呼吸)

火の呼吸(カパラバディ呼吸)

火の呼吸は、クンダリニーヨガの呼吸法をベースにした呼吸法で、カパラバディ呼吸法とも呼ばれます。

インナーマッスルを鍛える効果のある、リズミカルなテンポの速い呼吸法で、慣れないと難しいかも知れません。

食事の直後や気分が悪い時は、この呼吸法は控えましょう。

妊婦さんや高血圧の方も行わない方がいいでしょう。

火の呼吸(カパラバディ呼吸)のやり方
  1. あぐらになり、背筋をまっすぐに伸ばす。
  2. 鼻から息を吸いお腹をふくらませる。
  3. 空気を一気に押し出すようにお腹を凹ませて、鼻から一度に吐き切る。
  4. これを早いリズムで20〜30回くり返す。
  5. 最後にゆっくり長く吐き出し、普段の呼吸に戻す。
  6. 3〜5セットくり返す。

はじめはゆっくり行い、慣れてきたら徐々にスピードアップしてみましょう。

ヨガの呼吸法でダイエット効果がアップ!

ヨガの呼吸法でダイエット効果がアップ!

普段は意識せずに行なっている呼吸。

呼吸をコントロールすることは、ヨガを行う上で重要なポイントになるものです。

ヨガの呼吸法は、ポーズと組み合わせて行うことで、効果がアップします。

ぜひ一度、試してみてくださいね!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報