マイラ・リューイン インタビュー|アーユルヴェーダとヨガで真の自分とつながる

マイラ・リューイン インタビュー|アーユルヴェーダとヨガで真の自分とつながる

マイラ・リューインは、30年以上にわたってアーユルヴェーダとヨガを学び実践している第一人者。

「Hale Pule」を運営し、著書には『Freedom in Your Relationship with Food(もっと自由に アーユルヴェーダ流食べ方暮らし方:日本語版)』など。

世界中で開かれるカンファレンスにもスピーカーとして参加し、多忙な毎日を送るマイラですが、日本を訪れた貴重な機会にインタビューを行うことができました。

今回は「プラクティショナー(=実践者)」としての生き方、そしてヨガとアーユルヴェーダの魅力をお届けします。

マイラ・リューイン(Myra Lewin)

アーユルヴェーダとヨガを30年以上学び実践する。
何千人ものクライアントが本来の自然なバランスのとれた健康を取り戻し、依存症や摂食障害、自律神経失調症をはじめとする数々の問題を克服するのを支えてきた。
ニュージーランドを拠点とするHale Pureアーユルヴェーダ&ヨガの創設者・代表として、この2つの変容の科学を学び癒しを得るための幅広い機会を提供する。
その内容は、アーユルヴェーダ・ヘルスコンサルテーションから、ヨガ・アーユルヴェーダ指導者養成コースにいたるまで多岐にわたる。
YMCメディカルトレーナーズスクールでも毎年、定期的にワークショップを開催。

自然の知恵が結集

自然の知恵が結集

日本ではアーユルヴェーダという言葉ばかりが先行し、その中身について詳しく知っている人は多くありません。
アーユルヴェーダとはいったい何なのでしょうか?

アーユルヴェーダの意味は「生命の科学」

5000年前に授けられたインドの聖典「ヴェーダ」の教えに基づいた知恵であり、学問です。

自然の原則をベースにしたもので占星術とも深いかかわりがあります。

普段のみなさんの物の見方とは違う部分もたくさんありますので戸惑うこともあるかもしれませんが、基本はとてもシンプル。

原因があって結果が生まれるとの「カルマの法則」と一緒です。

自分の選択が現実を作る。責任の所在は自分にある。

それは人生を左右する選択だけではありません。

たとえば何をどんな風に食べるか、ということも含まれるのです。

ヨガやアーユルヴェーダにはゴールが存在しません。

自然の教えを理解し、個々が「どういう人生を生きたいか」を追求し、選択していくのです。

ヨガとアーユルヴェーダ の「プラクティショナー」(=実践者)であるマイラさん。
普段はどのような生活を?

アーユルヴェーダでは人生の土台を築くことがとても大切とされています。

ですから理想的な過ごし方とされる「ディナチャリア」に沿って一日を始めます。

例えば朝は目を開ける前にお祈りをし、起き上がったらお湯で口をすすぎ、舌を洗浄し、未精製のごま油で口腔をケアします。

それからシャワーを浴び、身支度をして「プラーナヤマ」と呼ばれる呼吸法と瞑想、さらにヨガを行うといった具合。

その後朝食をとり犬と散歩し、一日が始まります。

人生の土台がしっかりしていれば仕事にも自分のやりたいことにも、より意欲的かつ活動的に取り組めます。

私たちの体の中を流れるエネルギーのことをアーユルヴェーダでは「プラーナ」(=生命力)と呼びます。

プラーナで満たされている時、私たちは心身共に心地よく過ごすことができます。

しかしその流れが遮断されたり妨げられたりすると不調を感じるようになります。

ヨガっぽい言い方をすれば〝真の自分〞とのつながりが保たれなくなる、言い換えれば〝自分らしさ〞を失うのです。

〝自分らしさ〞を失わないためにはどのようなことに気をつければ良いのでしょうか。

一つはバランスを意識すること。

アーユルヴェーダ では極端を避け、何事も中間のバランスのとれた状態にこそ喜びや愛、平安といったものが宿ると考えられています。

「やり過ぎ」も「やらなさ過ぎ」も良くありません。

全てに対して「適度」であることが大切です。

そしてもう一つは「今この瞬間」に身を置くこと

今の世の中はすごいスピードでいろんなことが流れていくため、瞬間を楽しむ機会を失いがちです。

今この瞬間を楽しめないと人は生きていても心地よさを感じられません。

なんとなく不調を感じ、しかもそれを当たり前の状態としてしまう。

本来、私たちはいつも気持ちいい、心地いいと感じるのが自然な状態。

朝起きた時、輝くようなエネルギーがみなぎっているのが本来の私たちの自然な姿なのですよ。

アーユルヴェーダとヨガを実践することは、過去や未来に思いをはせるのではなく、今この瞬間に集中し人生を楽しむことを可能にしてくれます

〝自分らしさ〞に気づく旅

〝自分らしさ〞に気づく旅

ヨガやアーユルヴェーダと出会ったきっかけを教えてください。

元々は大企業で働いていてそれなりの成功を収めていました。

でも、なぜか満たされなくて。自分の人生に満足できていなかったのです。

医師に「治癒不能」と言われたリウマチ関節炎にも悩まされていました。

会社を退職したのは「私にとっての人生の意味」が知りたかったから

最初に取り組んだのは瞑想でした。

それからヨガの練習をするようになり、人生が変わっていきました。

さらにアーユルヴェーダと出会ったのはインドで修行をしていた時

健康的な食生活を心がけ、自然の方法を色々試していましたが体が硬く、思うように動かないうえ痛みもある状態でした。

ところがインドで知り合った人にアーユルヴェーダの「ギー 」を勧められ摂るようにしたところ、硬くて弱かった体が柔軟性を取り戻しました。

アーユルヴェーダのおかげで病気を完全に克服できたのです。

マイラさんはヨガとアーユルヴェーダを実践するようになって納得のいく人生を送れるようになったのでしょうか。

この生き方は私にはとても理に適っていると感じます。

色んなことがうまく流れ始めるようになったからです。

以前は何をしても自分の中に満足感が得られませんでしたが、今はとても生きるのが楽になりました。

もちろん、全てが自分の思った通りになるわけではありません。

でも、エゴを極力取り除いて流れにのっていれば必要なものは自然に訪れてきます

私たちは欲しいものや叶えたいことに対してどうしても執着しがちですね。

だけどそれはすぐに手に入れられるとは限らない。

思い通りにならなくても「自分に必要ではなかった」と執着を手放すことができれば、最終的には自分が思っていた以上のものが得られます。

マインドに支配されるのではなく、自分でコントロールできる

ヨガとアーユルヴェーダを実践するとそれがわかるので、生きるのがとても楽になります。

世界中を巡ってヨガとアーユルヴェーダを伝えていらっしゃいます。
現在のような活動をするきっかけは何だったのでしょうか?

これまでお伝えしたような、私が学んだことを若い人たちにも伝えたいと思ったのがヨガの指導を始めたきっかけです。

最初の17年くらいは毎日のようにヨガクラスを開催していました。

その後はヨガのトレーニングやリトリートを提供するようになり、アーユルヴェーダのセラピーやトリートメントも提供するように。

今では対面とオンラインの両方で世界中の人を相手にヨガとアーユルヴェーダに関するあらゆることを伝えるようになりました。

世界中のクライアントにコンサルテーションをしたり、学びの場である「ハレプレ」トレーニングやリトリート、浄化のセラピーを提供したりしています。

健康のカギはバランスと消化力

健康のカギはバランスと消化力

日本にも定期的に訪れているそうですね。日本についてどんな印象をお持ちですか?

日本の「和」の概念は、バランスと調和を意味する「サットヴァ」というアーユルヴェーダの概念と一緒だと思っています。

日本の人はいつも笑顔でいるのがとても素敵ですね。

普段生活していると自分との精神的なつながりを意識することはまずないと思いますが、日本の人は他の国の人よりも自分の内側とつながるのが上手なように感じます。

それは素直な人が多いからかもしれません。

自分が興味を持ったことには柔軟性を持って取り組むことができる印象があります。

ヨガやアーユルヴェーダの教えを理解し人生に彩りと輝きをもたらすことに目覚めていく様子を見るのはとても喜ばしいことです。

ちなみにお箸や風鈴、浴衣といった日本の文化を私も日常生活に取り入れていますよ。

今回の滞在ではアーユルヴェーダ料理のワークショップも開催するそうですね。
料理にも力を入れていらっしゃるのですか?

はい、よく作るのはアーユルヴェーダ流のお寿司

魚の代わりに野菜をたくさん使い、スパイスに梅を使うことも。

アーユルヴェーダ料理ではスパイスをたくさん使いますので、シソや山椒、胡麻、梅といった日本のハーブや食材もよく使います。

アーユルヴェーダでは食事に関してもたくさんの教えがあります

健康のカギはバランスの良い食事と、消化力を高めることです。

〝消化の火〞と表現し「アグニ」と呼びますが、これをいかにケアするかが健康に大きな影響を与えると考えられています。

アグニを適切な状態に保つにはきちんと座って食べること、よく噛むこと、規則正しい時間に食べること、4〜6時間ほど

食間をあけることなどが必要です。

そしてしっかり睡眠をとること。

食事は寝る2〜3時間前に済ませ、体質にもよりますが7〜9時間くらいは寝られると良いですね。

このようなことを心がけアグニを適切に保てていれば目は輝き、肌は透き通ります。

代謝もアップしお通じもスムーズになります。

エネルギーのレベルも最適に保たれます。

食事や睡眠といった日常のことから考え方や生き方などの精神面まで、生きることの全てが体系化されているのがアーユルヴェーダなのですね。
最後に読者へのメッセージをお願いします。

私たちの周りにあるものは絶えず変化していきますが、自分の内側は永遠に変わりません

とても神秘的なことですが皆さんに知っていただけたらなと思います。

私たちの体と心は神様からのギフト

それを使ってどのような姿勢で生きていくかによって、辿り着く場所は変わっていきます。

自分の内側とつながり自分らしさを取り戻すことでより充実した楽しい人生が叶うのです。

Hale Pule

Hale Puleでは、皆さんがヨガやアーユルヴェーダを始めたり、深めたりするための、アーユルヴェーダ入門講座オンラインコース、アーユルヴェーダ・ヘルスカウンセラー資格取得プログラムといった幅広いプログラムやリトリート、トレーニングをご用意しています。
また、アーユルヴェーダ・コンサルテーション、直観力ヒーリング、パンチャカルマ・ホームセラピーなど、あなたの心身の健康を高めるサービスや製品も提供しています。

https://www.halepule.jp/

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。