ヨガインストラクターのよくある悩み6つ!収入からトーク力まで

ヨガインストラクターのよくある悩み6つ!

近年、ヨガインストラクターを目指す方は多く、人気の職業のひとつと言えます。

ですが、実際ヨガインストラクターになってみると、楽しいことばかりではなく、さまざまな悩みも出てくるもの…。

今回は、ヨガインストラクターによくある悩みと、解消に向けた対策をご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

ヨガインストラクターによくある悩み6つ

ヨガインストラクターによくある悩み6つ

ヨガで心身の健康を目指すヨガインストラクターは、ステキなお仕事です。

ですが、もちろん悩みもたくさんあります。

ヨガインストラクターである筆者が、多くのヨガインストラクターが抱える6つの悩みをご紹介します。

収入が少ない

収入が少ない

ヨガインストラクターの悩みとして、1番よく聞くのが「収入が少ない」ということ。

ヨガインストラクターの中には、収入の低さに悩んでいる方も少なくありません。

大手スタジオの正社員になったとしても、月収は16万〜20万円程度。

残業も多いため、その仕事量に比べると、貰えるお給料はかなり少ないのです。

フリーランスになると、1レッスンの単価は2500〜4000円程度が平均です。

1レッスンは60分ほどなので、これは一見良い単価に思えますが、ひとつのスタジオにつき、担当できるのは1日1〜2レッスンです。

いくつかのスタジオを掛け持ちしたとしても、移動時間などもあるため、1日に何本もレッスンを教えられる訳ではありません。

また、生徒さんが何人来てくれるか、継続して受講してくれるかなどもレッスンフィーに影響します。

常に安定した収入が得られる訳ではないのが、ヨガインストラクターの現状です。

休みが取りにくい

休みが取りにくい

ヨガインストラクターは、その先生のレッスンが目当てでくる生徒さんも多いため、お休みを取るのが簡単ではありません。

もちろん、体調不良などの際には、代行を探すこともできます。

しかし、お休みをするとスタジオに迷惑をかけたり、生徒さんが離れてしまったりするリスクがあるのです。

体力的にキツイ

体力的にキツイ

ヨガインストラクターは、言葉だけではなく、実際にポーズをお手本として行うことが多いです。

そのため、かなり体力を消耗します。

声も使うため、何クラスも続くと喉が枯れてしまう可能性も。

特にホットヨガなどは、高温多湿な環境で教えるため、カラダに負荷がかかります。

ヨガインストラクターは体力的にキツイ仕事でもあるのです。

人気のインストラクターと比べてしまう

人気のインストラクターと比べてしまう

ヨガインストラクターとしてスタジオに勤めると、人気のヨガインストラクターのレッスンには生徒さんがたくさん集まります。

自分のレッスンを受ける生徒さんが少ないと、比較してしまい、落ち込んだりすることも…。

また、ヨガインストラクターとしてのスキルや、ヨガの技術も人それぞれ。

自分より上の人は常にいるため、人気のヨガインストラクターと自分を比べて、精神的に辛い思いをする可能性もあります。

集客しなきゃいけない

集客しなきゃいけない

ヨガインストラクターは、生徒さんがいて成り立つもの。

集客力も、ヨガインストラクターとしてのポイントになります。

スタジオによっては、生徒さんが少ないと解約されてしまうこともあります。

トーク力が必要

トーク力が必要

ヨガインストラクターはレッスンを教えるだけではなく、その前後の生徒さんとの会話も、大切な仕事の一部です。

生徒さんたちのことを知ったり、レッスンの雰囲気を和やかにするためにも、トーク力が求められます。

生徒さんとの関係を築くことが、レッスンに継続して足を運んでもらうポイントにもなるので、トーク力(コミュニケーション能力)が必要になります。

ヨガインストラクターの悩みを解消する対策とは?

ヨガインストラクターの悩みを解消する対策とは?

意外と悩みは尽きないヨガインストラクター。

ここでは、6つの悩みに関する対策をご紹介します。

収入面での対策

収入面での対策

ヨガインストラクターとして、現状では収入アップが見込めない場合は、副業を見つけるか、上位の資格を取る、などの対策が考えられます。

時間に自由が効くWebライターなどはオススメです。

上位のヨガ資格やピラティス資格などは、取得しておくと仕事の幅が広がり、単価アップにつながるでしょう。

休日確保の対策

休日確保の対策

スタジオによって、休日の取りやすさが違います。

厳しいところもあれば、代行が取りやすいように対策がされているスタジオもあります。

契約する前に、その点を確認しておく必要があるでしょう。

体力面での対策

体力面での対策

「収入面での対策」と「休日確保の対策」の、上記のふたつの対策を行うことによって、体力面での負担も軽減されます。

カラダが資本のお仕事なので、体調管理はしっかりしましょう。

他のインストラクターと比較されることへの対策

他のインストラクターと比較されることへの対策

あまり人と比べずに、自分のクラスを受けに来てくれる生徒さんを大切にしましょう。

また、自分の良さや自分にしかできないことなど考え、自分ならではのヨガレッスンを追求しましょう。

集客面での対策

集客面での対策

ヨガインストラクターにとって必須の集客

SNSなどを使いこなし頻繁に投稿するか、自分のWebサイトを作って担当クラスを宣伝するなどの対策が効果的です。

トーク力対策

トーク力対策

次々に新しい生徒さんがやってくるヨガレッスンは、人見知りな性格の方には大変かも知れません。

ですが、生徒さんとのコミュニケーションは、レッスン内容と同じくらい大切なものです。

トークが苦手な方は、日々、ネタ探しをしたり、話すことを事前に考えておくなどの工夫が必要です。

他のヨガインストラクターがどんな話をしているか聞いて、参考にするのも良いでしょう。

ヨガインストラクターは楽しいけど悩みもある

ヨガインストラクターは楽しいけど悩みもある

ヨガインストラクターにも悩みはたくさんあります。

しかし、悩みと向き合うことで、ヨガインストラクターとしての成長にもつながるもの。

悩みも、ヨガインストラクターの醍醐味の一部として楽しみましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報