【マタニティヨガに興味ある人必見!】マタニティヨガの効果と注意事項を解説【体験談】

【マタニティヨガに興味ある人必見!】マタニティヨガの効果と注意事項を解説【体験談】

妊娠中の運動は、筋肉の強化や健康状態を保つことを目的とします。

そして、これまではウォーキングや水泳、エアロバイクなどの運動を取り入れる人が多かったのですが、ここ数年で受講者がグンと増えてきている“マタニティヨガ”も注目の存在。

しかし、ヨガの経験者でさえ「マタニティヨガって、どのようなことをするの?」という疑問や不安を抱くというのですから、未経験者にとってはちょっと縁遠い存在になってしまっているかもしれません。

そこで、この記事ではマタニティヨガがどのようなものなのかを詳しくお話ししていきたいと思います。

マタニティヨガとは?効果は?

マタニティヨガとは?効果は?

「マタニティ」という言葉を辞書でひくと母性と記載されていますが、日本では妊娠中の人をさす言葉として広く使われています。

つまり、マタニティヨガは妊娠中の人がおこなうヨガのこと。

最初にお伝えしたように妊娠中の運動は筋肉の強化や健康状態を保つことを目的としているのですが、マタニティヨガはそれに加えて次のような効果にも期待できると言われています。

出産に必要な筋肉・骨格作り

マタニティヨガでは、出産に必要とされる筋肉を強化したり、骨格を整えたりするようなアーサナ(ヨガポーズ)を解剖学に基づいておこなっていきます。

例えば、どんどん大きくなってくるお腹を支えるための下半身の筋力アップや、正しい姿勢の維持、出産に大事な骨盤底筋群(骨盤の底に位置する筋肉)を収縮・弛緩させることを目指したアーサナはマタニティヨガの代表的なポーズとなります。

また、妊娠中からしなやかな筋肉をつけておくことは出産時だけでなく、産後の体型の回復にも役立つでしょう。

マイナートラブルの解消

妊娠をすると、ホルモンの関係で急激に体が変化します。

すると、体の状態や機能に対応しにくくなり、腰痛・肩こり・便秘・足のむくみなどの妊娠に伴って生じる不快症状“マイナートラブル”に悩まされるようになるのです。

ヨガが可能になる安定期以降は、このマイナートラブルの解消に役立つアーサナをおこない不調の緩和を目指します。

揺らぐ心のケア

呼吸や瞑想、筋肉がほぐれることで、体・生活の変化だったりホルモンの関係だったりで生じる不安・いらだちなどの心の揺らぎを静める効果に期待できます。

呼吸法や痛み逃しの練習ができる

「陣痛が怖い」と思っている人は多いでしょう。

マタニティヨガでは陣痛の痛みを逃す呼吸法やアーサナをおこなうので、妊娠中に繰り返し練習して体に馴染ませておくことでリラックスして出産に臨む準備ができます。

>>マタニティヨガの資格にはどんなものがある?マタニティヨガの資格を取得するならYMC?

マタニティヨガをするうえで知っておくべきこと

マタニティヨガをするうえで知っておくべきこと

マタニティヨガの概要や効果が分かったところで、ここからはマタニティヨガの資格を持ちレッスンをおこなっている筆者のもとに寄せられた質問と回答をお伝えしていきます。

Q1.マタニティヨガはいつからできる?

一般的には、安定期に入る妊娠16週以降であれば、マタニティヨガをおこなっても良いと言われています。

ですが、妊娠というのは人それぞれ。

医師に相談をして、体調に合わせて取り入れるのが鉄則です。

Q2.筋力・柔軟性に自信がなくてもできる?

マタニティヨガでは筋力の強化を目的とするとお伝えしましたが、これは“妊娠・出産で必要となる筋力”のことです。

なので、トレーニングのようなハードな運動はしません。

どうしても運動不足になりやすい妊娠中の体は、必要以上な筋力の向上というよりも維持を目的とするようなイメージをしてもらえると良いでしょう。

柔軟性に関しても安心してください。

マタニティヨガでは特にアーサナの完成形の美しさにはこだわりません。

心地よい体の伸びを感じられたらOKです。くれぐれも頑張りすぎないことが大切です。

Q3.どのくらいの頻度でやるといい?

頻度に決まりはありませんが、骨盤底筋群の収縮・弛緩、呼吸法は毎日おこなっても良いでしょう。

レッスンへの参加やアーサナの練習は体調と相談しながら、週1回程度おこなってみてはいかがでしょうか。

Q4.ヨガウェアじゃないとダメ?

普段着るようなヨガウェアだと締め付けが強すぎる恐れがあります。

特にお腹まわりの締め付けは厳禁。

レッスンに参加する生徒さんたちはTシャツにマタニティ用のレギンスを着用している人が多いのですが、動きやすい服装であれば何でも良いです。

Q5.マタニティヨガを自宅でやるなら?

自宅でマタニティヨガを行うのなら、余裕を持ってヨガマットを敷けるスペースのある部屋でおこなってください。

床でおこなうため、ほこりやゴミは清掃し、清潔な環境でおこなってください。

川のせせらぎや森の風の音などの音楽をかけておこなうとリラックスできるでしょう。

また、バランスを必要とするアーサナを無理におこなうと転倒する恐れもあるので、自宅では座位やひざ立ち程度のアーサナをおこなうことをオススメします。

マタニティヨガができるのは今だけ

マタニティヨガができるのは今だけ

マタニティヨガはお母さんの心身の健康への働きかけも大きいのですが、“ヘソの緒でつながった赤ちゃん”と一体でおこなえるという神秘的で貴重な時間でもあります。

興味がある人は、医師から許可をもらい、資格を有するインストラクターのもとで安心・安全におこなってくださいね。

>>YMCメディカルトレーナーズスクールのマタニティヨガ資格コース詳細はこちら

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。