ヨガインストラクターの1日とは?フリーランスの働き方、スケジュールをご紹介

ヨガインストラクターの1日とは?フリーランスの働き方、スケジュールをご紹介

ヨガインストラクターを目指している方は、ヨガインストラクターがどんな1日を過ごしているのか興味がありますよね。

働き方によっても1日の過ごし方は違ってきます。

今回は、ヨガインストラクターの具体的な1日のスケジュールをご紹介します。

ヨガインストラクターの1日は働き方による?

ヨガインストラクターの1日は働き方による?

ヨガインストラクターの1日の過ごし方は、働き方によって違いがあります。

ヨガインストラクターの働き方は大きく分けて、正社員とフリーランスの2種類になります。

2種類それぞれの働き方についてご紹介します。

正社員の場合

正社員のヨガインストラクターは、ヨガスタジオやフィットネスクラブに勤めて、主にその職場のみで朝から晩まで働きます。

仕事内容はヨガのレッスンを教える以外にも、スタジオの管理や清掃、事務作業なども含まれます。

正社員は、勤め先のヨガスタジオやフィットネスクラブを、同僚や先輩、経営者と共に運営するという目的の働き方になります。

フリーランスの場合

フリーランスのヨガインストラクターの働き方は、自由度が高く、自分でスケジュールを組んで仕事をします。

1日に何レッスン教えるか、どこで何を教えるかによっても1日の過ごし方は変わってきます。

フリーランスのヨガインストラクターの仕事内容は、主にレッスンを教えることがメインになります。

フリーランスヨガインストラクターの1日のスケジュール

フリーランスヨガインストラクターの1日のスケジュール

フリーランスのヨガインストラクターの働き方には個人差があります。

今回は一例として、実際に働いているフリーのヨガインストラクターに1日のスケジュールを伺ってみました。

1日のスケジュールの、詳しい内容をご紹介します。

8:30に起床

起床後は、朝食をしっかり食べます。

朝食のメニューは、パン、目玉焼き、ヨーグルト、果物、コーヒーなど。

しっかり食べて体温を上げ、1日のエネルギーを蓄えます。

10:00からストレッチ

ヨガウェアに着替えて部屋にヨガマットを敷き、オンラインレッスン前のストレッチを始めます。

この時間に、その日の1日のレッスンの具体的な内容を考えます。

例えば「今日は夏バテ予防にねじりの多いシークエンスにしよう」とか「このアーサナを目指してシークエンスを組み立てよう」など、季節やクラスレベルに合わせてレッスン内容を考えます。

11:00からオンラインレッスン

自分でスペースをレンタルして開催しているヨガ教室があるのですが、コロナ禍になってからオンラインに移行しました。

ZOOMを使ってオンラインレッスンを教えています。

オンラインレッスンは画面越しなので、スタジオでのレッスンより言葉でのインストラクションがさらに重要になります。

遠方の方は、スタジオでのレッスンの場合は通えないけれど、オンラインなら受講可能な生徒さんなどもいるのがオンラインヨガのメリットだと思います。

レッスン終了後、軽い昼ごはん

昼食は食べ過ぎると眠くなってしまうので、玄米のおにぎりなどを作って軽めにとっています。

スマホでヨガ動画やヨガサイトを見ながら、午後のレッスンの参考になるものを探しつつ昼食をとります。

14:00にヨガスタジオへ

クラス開始の1時間前にはスタジオに入ります。

予約制のスタジオでは、受講する生徒さんから予約がすでに入っているので、今日は誰がレッスンを受けるのか、初めての生徒さんや体験レッスンの生徒さんはいるのか、などをチェックします。

生徒さんの名前の読み方なども確認しておきます。

15:00から初心者向けハタフローのクラスを担当

初心者向けの60分のハタフローを担当しています。

初心者向けのクラスは、体験レッスンの方や初めて私のクラスを受ける方なども頻繁にいるので、特に分かりやすい言葉を使うように注意しています。

レッスンが終わると、生徒さんを見送り、次の16:30のクラスまで小休憩です。

16:30から中級者向けハタフローのクラスを担当

16:30からは、中級者向けの60分のハタフローのレッスンを教えます。

このクラスは大体は顔なじみの生徒さん達が受講します。

1週間ごとに、新しく挑戦するアーサナを変えて、チャレンジができるレッスン内容にしています。

18:30帰宅

レッスンが終わったら帰路に着き、18:30頃に帰宅します。

途中で夕食の買い物をして帰ります。

19:30夕食

夕食はタンパク質が多めのバランスが良い食事を心がけています。

メニューは、鶏肉と野菜の炒め物、お味噌汁、五穀ご飯、ヨーグルトなどです。

お風呂の後にストレッチポール

お風呂に入った後は、ストレッチポールで30分くらいポッドキャストなどを聞きながらゴロゴロとストレッチします。

夜はあえて、ヨガと関係ない内容のテレビやポッドキャストを聞いて、頭を空っぽにするように心がけています。

オンオフの切り替えや、リラックスするのは心身の健康に大切なポイントだと思っています。

24:00頃就寝

睡眠時間は7時間〜8時間はとります。

体力を使う仕事なので、体調管理にも気を使っています。

フリーランスのヨガインストラクターの1日は自分で調整!

フリーランスのヨガインストラクターの1日は自分で調整!

フリーのヨガインストラクターは、1日のスケジュールを自分で調整でき、自由度が高そうですね。

スケジュール管理や体調管理をしっかりする必要があるようです。

フリーランスのヨガインストラクターを目指してみませんか?

>>副業ヨガインストラクターの基本と働き方を解説!副業で始めるときの注意点とは?

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。