ベビーマッサージはいつから始めるのが理想?正しいやり方と共に徹底解説

ベビーマッサージをしてはいけないタイミング6選!赤ちゃんからのサインとは

赤ちゃんの発育や心身の安定に効果が見られるベビーマッサージ。

やろうと思っても「いつからやっていいの?」「いつやればいいの?」と疑問はいっぱいですよね。

今回は、ベビーマッサージはいつから始めるのがいいのか、準備するべき物や、やり方をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ベビーマッサージはいつから始めるのが理想?

ベビーマッサージはいつから始めるのが理想?

ベビーマッサージをしようと思っても、いつからすべきか悩んでしまいますよね。

生まれたての赤ちゃんの肌は皮膚がとても薄く、そしてデリケートです。

ですから、新生児の頃は手足に軽く触れたり、撫でたりなどのスキンシップに抑えておき、本格的なベビーマッサージは生後2〜3ヵ月以降を目安に行いましょう。

また、出産後は色々と忙しく、ママ・パパにもベビーマッサージをする余裕がない場合もあります。

赤ちゃんとの生活に余裕ができたタイミングでベビーマッサージを始めるのもおすすめです。

ベビーマッサージの前に準備するものは?

ベビーマッサージの前に準備するものは?

赤ちゃんにベビーマッサージを行うには、事前の準備が必要です。

準備しておきたいアイテムや、気をつけるべきポイントをご紹介します。

必要な準備を整えてから、ベビーマッサージに挑戦しましょう。

オイル

服の上から行うベビーマッサージもありますが、オイルを使うパターンもあります。

オイルのメリットは、使うことで摩擦が減り、赤ちゃんの皮膚への刺激を抑えられることです。

赤ちゃんが舐めてしまっても大丈夫な植物性100%のものを選びましょう。

オイルの種類は色々なものがありますが、デリケートな赤ちゃんの肌に合うように純度が高く無添加のものがいいでしょう。

植物性オイルには、『ホホバオイル』『アルガンオイル』などがあります。

保湿のためのベビーオイルなどを使ってもいいのですが、香りのついていないものがおすすめです。

バスタオル

ベビーマッサージは、バスタオルの上で行います。

赤ちゃんの皮膚に負担の少ない、綿でできた清潔で柔らかいものがいいでしょう。

また、赤ちゃんがベビーマッサージによる刺激を受けて、おしっこやうんちをする場合もあります。

バスタオルを多めに用意したり、バスタオルの下に防水シートなどを敷いておくと安心ですね。

パッチテスト

ベビーマッサージを行うためには、事前のパッチテストが必要です。

赤ちゃんの体質や肌質によって、マッサージ用のオイルが合わない場合もあります。

小さなガーゼなどにオイルを染みこませて、赤ちゃんの腕の内側や太ももに貼り、20〜30分程そのまま様子を見ます。

24〜48時間後にその部分に異常がないかチェックしましょう。

オイルが赤ちゃんに合わない場合は、パッチテストを行った部分が赤くなったりするので、キレイに洗い流してあげましょう。

部屋の温度にも要注意

オイルを使ったベビーマッサージは、赤ちゃんを裸にして行います。

服を脱がせる前に、部屋の温度をチェックしましょう。

ベビーマッサージを行う適温は、だいたい25度くらいです。

赤ちゃんは体に熱がこもりやすいので、暖かすぎる部屋にも気をつけましょう。

赤ちゃんが快適にマッサージを受けられる空間作りを心がけてくださいね。

ベビーマッサージはいつ行うのがいいの?

ベビーマッサージはいつ行うのがいいの?

ベビーマッサージを行う時間帯に決まりはありませんが、赤ちゃんがお風呂上がりでリラックスしている時や、就寝前などは寝付きが良くなるのでおすすめです。

他にも、ミルクを飲んだ1〜2時間後などもいいでしょう。

基本的には1日1回、赤ちゃんがゴキゲンな時に行いましょう。

ベビーマッサージの正しいやり方とは?

ベビーマッサージの正しいやり方とは?

ベビーマッサージは、オイルを手でよく温めて、赤ちゃんの足から始めていきましょう。

赤ちゃんが触られ慣れている足からマッサージすることで、びっくりさせるのを回避できます。

慣れてきたら、徐々に太ももやお尻の方へ進み、全身をマッサージしていきます。

手のひら全体や指を使って、撫でるように行いましょう。

赤ちゃんが触れられて喜ぶところや、やりやすいところから始めてみましょう。

ベビーマッサージをしっかり正しく行いたい方には、ベビーマッサージコースでやり方を学ぶことをおすすめします。

当校YMCメディカルトレーナーズスクールのチャイルドボディセラピストコースでは、約1ヶ月〜2ヶ月でベビーマッサージに関する詳しい知識やスキルの習得が可能です。

気になる方は、まずは無料の資料請求をしてみましょう!

>>YMCで実施しているベビーマッサージレッスンの詳しい内容はこちら!

こんな時はベビーマッサージをやめよう!

こんな時はベビーマッサージをやめよう!

ベビーマッサージは赤ちゃんにとってさまざまな効果があるものですが、やらない方がいい場合もあります。

下記のような場合は、ベビーマッサージは控えましょう。

  • 空腹の時
  • 食後で満腹の時
  • ゴキゲンななめの時
  • 肌の調子が良くない時
  • 予防接種を受けてから24時間以内

ベビーマッサージはよく学んでから行おう!

ベビーマッサージはよく学んでから行おう!

ベビーマッサージは赤ちゃんにもママ・パパにもメリットがあるものです。

生まれてから2〜3ヶ月以後に始めるのがおすすめです。

やり方や準備するものなど、よく学んでから行いましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報