ベビーヨガレッチでママの運動不足解消!子供に触れながら産後ママも運動しよう

ベビーヨガレッチでママの運動不足解消!子供に触れながら産後ママも運動しよう

産後はどうしても腹筋などの筋力が低下してしまうもの。

適度なエクササイズをして、体力を回復したいですよね。

ベビーヨガレッチを用いて、赤ちゃんと一緒に楽しみながら運動不足解消できるエクササイズをご紹介します!

ベビーヨガレッチとは?

ベビーヨガレッチとは?

「ベビーヨガ」+「ストレッチ」=「ベビーヨガレッチ」です。

ベビーヨガレッチでは、赤ちゃんと触れ合いながらストレッチやヨガポーズを行います。

赤ちゃんにもママ・パパにも、さまざまな効果があるエクササイズです。

ベビーヨガレッチの効果とは?

ベビーヨガレッチの効果とは?

ベビーヨガレッチでは、赤ちゃんと一緒にストレッチやヨガポーズを行うことで、ママの産後の骨盤調整・体力回復につながります。

また、赤ちゃんにも話しかけながらポーズを取らせることで、赤ちゃんの柔軟性アップやコミュニケーションによる脳の発達にも効果が見られます。

ママの産後回復やパパの運動不足解消とともに、赤ちゃんの運動機能やバランス感覚も鍛えられるのです。

産後の運動不足解消に!初心者向けベビーヨガレッチ5選!

今回ご紹介するのは、YMCのYouTubeチャンネルで公開している、YMC講師の中村優香先生による『親子で遊びながら運動不足解消を目指せるベビーヨガレッチ』のレッスンです。

比較的簡単な内容のポーズを取っていくので、どなたでも簡単に楽しめるベビーヨガレッチです。

赤ちゃんの集中力が切れてしまった場合は、ママ・パパがひとりでも楽しめる内容になっています。

動画で詳しく見たい派の方は、上記の動画を再生してご覧ください!

猫と牛のポーズ

ヨガの基本のポーズのひとつである、猫と牛のポーズ。

ヨガのレッスンのウォームアップによく使われます。

赤ちゃんとコミュニケーションを取りながら、ママ・パパの背中をほぐしていきましょう。

猫と牛のポーズのやり方
  1. 赤ちゃんを仰向けに寝かせる。
  2. ママ・パパは目と目が合う位置で、四つん這いになる(肩の真下に手が、腰骨の下にひざがくるようにし、つま先は立てる)
  3. ゆっくりと背中を反らせて目線を上にして牛のポーズになる。
  4. 次に背中を丸め、猫のポーズになる。
  5. 何度かくり返す(呼吸を付ける場合は息を吸いながら牛のポーズ、吐きながら猫のポーズ)

猫のポーズで赤ちゃんと目を合わせるといいでしょう。

牛のポーズの時に「いないいない〜」と目を逸らせて、「ばあ」のタイミングで猫のポーズに入りましょう。

猫の伸びのポーズ

その名の通り、猫が伸びている姿にそっくりなポーズです。

肩や腕まわりのストレッチ効果が得られます。

腕まわりの血行を促進し、肩こり解消に効果が期待できます。

猫の伸びのポーズのやり方
  1. 赤ちゃんと目と目が合う位置での四つん這いから、手を一歩、足を一歩、後ろに下げる。
  2. ゆっくりと手を前に這わせて、肩を床に近づけて背中を伸ばす。
  3. 上半身を起こして前にスライドし、赤ちゃんと目を合わせる。
  4. 何度かくり返す。

「いないいない〜」で猫の伸びのポーズになり、「ばあ」のタイミングで上半身を前方にスライドし、赤ちゃんと目を合わせてみましょう。

お尻歩き

普段はしない、お尻を使って前後に進む行為をすることで、骨盤矯正やお腹まわりの筋肉強化が期待できるエクササイズです。

気が向いた時に、いつでも行える簡単なエクササイズです。

お尻歩きのやり方
  1. マットの後方に足を前に伸ばして座り、赤ちゃんを抱っこする。
  2. 右、左と変わりばんこに10歩、前方にお尻歩きする。
  3. 右、左と変わりばんこに10歩、後方にお尻歩きする。

お尻歩きの際に、肩を前後に揺らさないように、上半身はあまり動かさないように注意しましょう。

前屈

「頭肩ひざポン」の替え歌で、「頭肩つま先ポン」で行います。

全身のストレッチに効果的です。

赤ちゃんを抱っこし、歌を歌いながら行いましょう。

前屈のやり方
  1. 足を前に伸ばして座り、赤ちゃんを抱っこする。
  2. 「頭、肩」で赤ちゃんの頭、肩を触り、「つま先」で自分のつま先を触る。
  3. 「ポン」で手を叩く。
  4. 「目、耳、鼻、口」で赤ちゃんの目、耳、鼻、口を触る。

月齢の高いお子様と一緒に行う場合は、隣に座って一緒に同じ動作をしてみましょう。

舟のポーズ

船のような形でバランスを取るポーズです。

お腹まわりの強化やバランス感覚の向上に効果が見られます。

赤ちゃんを抱っこしながら行いましょう。

舟のポーズのやり方
  1. 体育座りになり、お腹の上に赤ちゃんを抱っこする。
  2. 手は自分のふくらはぎか、赤ちゃんを抱っこする。
  3. ふくらはぎを床と水平に浮かせて5秒バランスを取る。
  4. 余裕があったら、ふくらはぎを左右に動かして、お腹の筋肉を刺激する。

産後は腹筋が弱くなっているので、腹筋の回復に適したポーズです。

ベビーヨガレッチで赤ちゃんと一緒にエクササイズ!

ベビーヨガレッチで赤ちゃんと一緒にエクササイズ!

ベビーヨガレッチは、赤ちゃんと遊びながら、ママ・パパが楽しく運動不足を解消できるエクササイズです。

赤ちゃんとのコミュニケーションになり、赤ちゃんの脳育も手助けしてくれる「一石二鳥」のベビーヨガレッチ。

ぜひ、動画を見ながら試してみてくださいね!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。