SPARK用のタグ

二重アゴを解消するストレッチ・ヨガポーズ5選

最近、二重アゴが気になる。年齢と共にアゴのたるみが増してきた…

今はマスクで隠せているけど、外すのが嫌…なんて方はいらっしゃいませんか?

今日は簡単にできる二重アゴ解消法をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

二重アゴの原因

二重アゴの原因

二重アゴになる原因はたくさんありますが、今回は5つご紹介します。

自分はどれに当てはまるのか、確認していきましょう。

舌の筋力の低下

アゴの下には舌を動かすための舌骨筋群(ぜっこつきんぐん)という筋肉の集まりがあります。

舌骨筋群は加齢とともに衰えてしまいます。

筋肉が衰えていくと、血液やリンパの流れが滞り、二重アゴへと繋がっていきます。

スマホ首

スマホを見る時、首が前に出て、猫背になり、姿勢が悪くなっていきます。

人の頭の重さは約5kgあると言われ、正しい姿勢でいるときよりも姿勢が崩れているときは約3倍も重みを感じています。

そのため、肩こり、首こりだけでなく、二重アゴにもなりやすいです。

むくみ

アゴ周りのもたつきは脂肪でなく、過度なむくみが原因かもしれません。

アゴの関節はゆがみの影響を受けやすく、リンパの流れが滞りやすいため、しっかり動かしてほぐしてあげることが重要です。

食いしばり

二重アゴには、ストレスによる食いしばりも原因の一つです。

食いしばる時間が長いと、口を開けるときに使う筋肉は使われていかなくなり、劣化しやすくなります。

そして口を開ける筋肉は、アゴの下にあるため、二重アゴの原因となります。

食いしばりは筋肉が収縮しているため、血液やリンパの流れが悪くなり、表情筋の衰えにも繋がっていきます。

肥満

肥満によって顔まわりにお肉がつくことにより、二重アゴになってしまいます。

その場合は、減量し、顔まわりについた脂肪を落とさなければなりません。

二重アゴを解消するストレッチ・ヨガポーズ5選

では、さっそく二重アゴを解消する5つの方法をご紹介します。

簡単なものばかりなので、是非やってみてください!

首のストレッチ

首のストレッチ

二重アゴになっている方は、首の前側の筋肉が縮んでいたり、首こり肩こりが多い方によく見られます。

そのため、首のストレッチを行うこともおすすめです。

やり方
  1. 安楽座になり、右の手を左のこめかみに添えたら頭を右に倒します。
  2. 手の重みで頭が倒されていくイメージで、首の横側を伸ばします。
  3. 手の位置を少し後ろに移動させ頭を倒し、首の斜め後ろを伸ばします。
  4. 反対も行います。
  5. 頭の後ろで両手を組み、頭を前に倒します。
  6. ゆっくりと頭をあげ、手を解放したら、ゆっくりと首を右から2周、左を2周回して行きます。

アイーン伸ばし

アイーン伸ばし

首の前側を伸ばしていきます。

二重アゴだけでなく、小顔効果も期待できます。

やり方
  1. 両手は鎖骨の間あたりに置き、背筋を伸ばしてアゴを天井方向に向けます。
  2. アゴをアイーンのように上に突き出します。(この時両手は下に引き下げるようにして引っ張り合います。)
  3. 20〜30秒呼吸をしながら上を見続けます。
  4. 余裕のある方は舌を天井方向に突き出すとより伸びが深まります。
  5. 次は斜め上にアゴを持ち上げていきます
  6. 余裕が有ればアゴを突き出し、20〜30秒呼吸をしながら上を見続けます。

フェイスラインを整えるマッサージ

フェイスラインを整えるマッサージ

洗顔後などに、クリームを塗った際に行ってみてください。

しっかり流してあげることで、老廃物を流し、二重アゴの解消にも繋がっていきます。

やり方
  1. クリームをフェイスラインにつけて、人差し指の第二関節でアゴの中心から耳の下まで流していきます。
  2. そのまま首を通って鎖骨の方まで流してもOKです!
  3. 何度か繰り返します。
  4. 顔を横に向けた時に盛り上がって出てくる筋肉(胸鎖乳突筋)を指で挟んで揺らします。
  5. 上から下に下がっていき、これを数回繰り返しましょう。

肌が弱い方はここにもクリームを塗ったほうが刺激が少なくなります。

オトガイ筋ほぐし

オトガイ筋ほぐし

オトガイ筋は、口をすぼめるとシワが寄る部分にあります。

話し方のクセや老化によって硬くなる人が多く、シワをつくって老けて見える一因になるため、しっかりほぐしましょう!

やり方
  1. 人差し指を曲げ、親指と人差し指の第二関節で、アゴの中心から少し離れた部分をしっかり握り、ぐりぐり回します。
  2. 痛い部分があったら、そこは少し多めに行い、左右行いましょう!
  3. 同時に両手を使っても良いですが、片方ずつの方がしっかり圧がはいるのでおすすめです。

ラクダのポーズ

ラクダのポーズ

ラクダのポーズは、後ろに身体を反らせる後屈系のポーズのひとつです。

腰から背中にかけて弓なりに反らせ、胸を開くラクダのポーズはデスクワークなどで猫背になりがちな背中のクセのリセットに繋がります。

首の前側も伸びていくので、二重アゴに効果的です。

やり方
  1. 膝立ちになり、足幅は骨盤幅くらいに広げます。
  2. 腰に手を当てて、肩甲骨をしっかりと寄せ、胸を開きます。
  3. 吸う息で足の付け根を前に出し、背中を反らせていきます。(腰が痛い方は無理せずに行いましょう。)
  4. 腰が痛くなる人は、付け根が前に出ず、後ろに倒れている可能性があります。
  5. 余裕があれば頭も後ろに倒します。数呼吸繰り返します。
  6. 頭が最後になるようにゆっくりと起き上がりましょう。

簡単ほぐしで、マスクを外すのが怖くない!綺麗なフェイスラインを手に入れよう!

簡単ほぐしで、マスクを外すのが怖くない!綺麗なフェイスラインを手に入れよう!

二重アゴは、様々な要因で作られていきます。

まずはご自身がどれにあてはまるのか考えてみましょう!

ほぐしやストレッチもとても簡単で、やるとスッキリ感もあるので、是非やってみて下さい!

マスクがなくなっても大丈夫なフェイスラインを今から目指しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報