半月のポーズ|4つの効果と正しいやり方・軽減法を解説

「半月のポーズ」は立位のバランスポーズのひとつ。

難易度は高めですが、できると不思議な解放感が感じられるポーズです。

今回は半月のポーズのやり方や効果、軽減法などをご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

半月のポーズとは?

半月のポーズとは?

「半月のポーズ」は、少し難易度の高い立位のバランスポーズのひとつ。

ポーズを取った手先から足先を結ぶと、半月のような形ができることから、このような名前がつけられたそうです。

サンスクリット語では「Ardha Chandrasana(アルダチャンドラーサナ)」、「Ardha(アルダ)」は「半分」、「Chandra(チャンドラ)」は「月」という意味を持ちます。

「ハーフムーンポーズ」とも呼ばれます。

胴体を横にして片手、片足でバランスを取る「半月のポーズ」は、かなりの集中力とバランス感覚、そして体幹が必要になるポーズです。

半月のポーズの効果4つ!

半月のポーズの効果4つ!

初心者には少し難しい「半月のポーズ」。

挑戦することで、どのような効果が期待できるのでしょうか?

主な4つの効果をご紹介します。

集中力アップ

「半月のポーズ」はかなりの集中力を必要とするポーズ。

そのため、くり返し挑戦することで、日常生活においても集中力アップにつながります。

片手片足で行うポーズであり、さらに普段は縦になっている上体を横に向けるため、集中していないと転倒の可能性があります。

そのようなポーズに取り組むことで、バランス感覚を磨きながら集中力を高める効果が期待できます。

体幹強化

「半月のポーズ」では、片足と片手のカップハンド、つまり片手の指先でバランスを取るポーズです。

指先にどっしりと体重をかけることはできないため、上体に芯を作り支える力である“体幹”が必要になります。

体幹をしっかりと使ってポーズを取ることで、ポーズをキープしやすくなります。

くり返し練習することで体幹強化につながり、代謝アップや姿勢改善などにもつながることが期待できます。

下半身の強化

「半月のポーズ」は片足に体重をかけるため、太ももやふくらはぎの筋力アップにもつながります。

下半身のストレッチ効果と筋力アップのどちらにも効果が期待できるため、下半身のむくみを改善したい方や、鍛えつつ引き締めたい方にオススメです。

ストレス解消

「半月のポーズ」は上手くできると浮遊しているような開放感が得られるポーズです。

なんとも言えない達成感があるため、気分を向上させてくれます。

また、集中して取り組む必要のあるポーズのため、行うことで頭のリフレッシュにつながり、ストレスの解消にも効果が期待できます。

半月のポーズのやり方

半月のポーズのやり方

それではさっそく「半月のポーズ」に挑戦してみましょう。

半月のポーズは、転倒などの恐れもあるため、周りに物がない場所で行いましょう。

必要であれば壁を支えにしながら行いましょう。

また、体調が良くない場合や手や足に怪我などのある場合は、このポーズは控えましょう。

やり方
  1. 両足をそろえてまっすぐ立つ。
  2. 右足を前に大きく一歩踏み出し、後ろ足のつま先を外側に45度回転する。
  3. ゆっくりと息を吐きながら、右ヒザを90度に曲げる。
  4. 上体を倒し、右手を床につける。
  5. ゆっくりと体重を右足に乗せて左足を少し浮かす。
  6. 左の手は腰に当て、骨盤を軸足に乗せるように横に開く。
  7. バランスが取れたら左手を天井方向へ伸ばす。
  8. 余裕があったら視線を天井の方に持っていく。
  9. 終わったら反対側も同じように行う。

半月のポーズの注意点

半月のポーズの注意点

「半月のポーズ」をできるようになるためには、いくつかチェックしておきたい注意点があります。

まず、床に付く手は肩の真下にくるように調整しましょう。

また、手は指先だけを付けるカップハンズにしてカラダを支えましょう。

上体は横に開きます。

そのために、骨盤をしっかりと開きましょう。

軸足の骨盤の真上にもう片方の骨盤を乗せるようなイメージです。

下の肩から上の肩が一直線上にあるようにしましょう。

頭のてっぺんからカカトまでが一直線になるように足を上げましょう。

半月のポーズの軽減法

半月のポーズの軽減法

「半月のポーズ」がなかなかできない場合は、ヨガブロックを活用してポーズを取ってみましょう。

このポーズでは床に手をつくことが難しい上に、カップハンドのため慣れない方は不安定になってしまいます。

そんな場合は、ブロックを軸になる手で持ってみましょう。

最初はブロックが1番高くなる位置に手をつき、徐々にブロックの面を変えて、地面と手を近づけていきましょう。

そのように練習しているうちに、安定するポジションがつかめてくるでしょう。

また、後ろに転倒するのが怖くてポーズが上手くできない方も多いものです。

後ろへの転倒を防ぐためにために、横に壁がある場所で行うのも良い練習法です。

半月のポーズを深めよう!

半月のポーズを深めよう!

バランス感覚や体幹が必要になる「半月のポーズ」。

できた時の達成感がクセになるポーズでもあります。

ぜひ、転倒に気をつけつつ、試してみてくださいね。

YMCヨガスタジオとは
  • 講師全員が「RYT200」を所持するプロインストラクター
  • 全30種のレッスンプログラム
  • 身体が硬い人・初めての方も多数いて安心!
  • 複数人でヨガを行う気持ち良さや楽しさを味わおう!

今なら「スタート応援キャンペーン」実施中。
キャンペーンの機会に、ぜひプロのインストラクターと一緒にヨガを楽しみませんか?

▼YMCのヨガスタジオを詳しくチェック▼
>>入会金¥0!スタート応援キャンペーンの詳細を見る

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報