お尻の引き締めに効果的なヨガ3選!ヨガでお尻を引き締めよう

お尻の引き締めに効果的なヨガ3選!ヨガでお尻を引き締めよう

年齢と共に、お尻のハリはなくなりがちに…。

お尻がキュッと引き締まると、全身のスタイルも良く見えるものです。

今回は、お尻の引き締めに効果的なヨガポーズ3選をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

お尻がたるむのはなぜ?

お尻がたるむのはなぜ?

カラダが全体的に痩せていても、お尻だけ垂れてペタンとしてしまう方は多いですよね。

それはお尻の筋肉が凝り固まっていたり、お尻の筋肉不足により、お肉が緩んでたるんでしまっているのが原因です。

デスクワークは、お尻がたるんでしまう大きな原因のひとつ。

長時間のデスクワークでの座りっぱなしは、お尻の筋肉を圧迫してしまいます。

そのため、お尻の筋肉の血行不良を招き、お尻が凝り固まって、代謝が悪化。

代謝が悪くなると脂肪が付きやすくなり、たるんだお尻になってしまうのです。

お尻の引き締めに効果的なヨガ3選!

お尻の引き締めに効果的なヨガ3選!

ヨガには、普段はあまり使わない【お尻まわりの筋肉を刺激するポーズ】がたくさんあります。

その中から3つ、お尻まわりをストレッチして血行を促進しつつ、筋肉を付けてヒップアップできるヨガポーズをご紹介します。

3つセットで行って、キュッと引き締まったお尻を目指しましょう!

トラのポーズ

お尻まわりやお腹を鍛えられるトラのポーズ。

四つん這いで行い、シンプルな動作ですが、筋肉への刺激を感じられるでしょう。

日常生活では、なかなか足を後ろに上げるという動作はしません。

足を後ろに上げることで、お尻の筋肉がキュッと収縮されるのが感じられます。

体幹やお腹まわりの筋肉も使うので、何度かくり返すうちにカラダがポカポカしてくるでしょう。

トラのポーズのやり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 息を吸いながら右足を後ろに伸ばして上げる。
  3. 息を吐きながら背中を丸めつつ、右足のヒザを曲げて前に引き寄せる。目線はお腹へ持っていき、ヒザと頭をなるべく近づける。
  4. 息を吸いながら再び右足を後ろに、胴体も真っ直ぐに戻す。
  5. 息を吐きながら、先程と同じようにヒザを曲げて背中を丸める。
  6. 呼吸とともに3〜5回くり返す。
  7. 終わったら反対側も同じようにやる。

足を上げた時に、お尻の筋肉が刺激される感覚を意識してみましょう。

深い呼吸とともに行うことで、お腹まわりの引き締めにもつながります。

橋のポーズ

橋のポーズは、背中からお尻、太ももまでの筋肉を刺激するポーズです。

ヨガの初心者向けの後屈のポーズ(カラダを後ろに反らすポーズ)です。

骨盤まわりのストレッチにもなり、骨盤の矯正にも効果的なポーズです。

首に多少の負担がかかるので、首に怪我などがある場合は、このポーズは控えましょう。

また、ポーズの最中は目線はまっすぐ上を向き、首を左右に向けないように注意しましょう。

橋のポーズのやり方
  1. 仰向けに寝てヒザを曲げる。
  2. ヒザの間は足ひとつ分開き、ヒザの下にカカトを置く。
  3. 手はカラダにそって伸ばし、手のひらを下に向ける。
  4. そのままゆっくり息を吸い、吐きながら手と足で床を押して、骨盤を上に押し上げる。
  5. 再びゆっくり息を吸いながら、背骨の上の方から丁寧に背中を床にロールダウンする。
  6. しっかりと背中全体が床に付いたら、再び息を吐きながら、先程と同じように骨盤を押し上げる。
  7. 呼吸と共に、3〜5回くり返す。

背中やお尻の筋肉が収縮する感覚を意識しながら行いましょう。

骨盤を押し上げた時に、内ももの筋肉が緩むと、ヒザが外に開いてしまいがちになります。

ヒザは常にカカトの真上にあるようにし、下半身全体の筋肉を使いましょう。

半分のハトのポーズ

お尻の筋肉や股関節まわりを深くストレッチできる、半分のハトのポーズ。

座りっぱなしで硬くなりがちな、お尻の筋肉を伸ばすとともに、股関節を開いて下半身の血流を改善してくれます。

余分な力を抜いて深く呼吸することで、カラダの重みを利用して自然と股関節が開き、お尻まわりがほぐれていきます。

半分のハトのポーズのやり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 両ヒザを手のひら一枚分後ろに引き、ゆっくりとお尻を高く上げヒザを伸ばし、ダウンドッグになる。
  3. ゆっくりと息を吸い、吐きながら右足を手と手の間に踏み込んでから、左手の方に右足を歩かせる。
  4. 右ヒザを横に倒し、後ろの足はそっと床に下ろす。
  5. 息を吸いながら胸を上げて視線を斜め上に、ゆっくりと息を吐きながら手を前方に歩かせて、上半身を長く前に倒す。
  6. おでこを床、もしくは腕の上に置いて全身の力を抜いて目も閉じる。
  7. そのままゆっくり5〜8回呼吸する。
  8. 終わったらダウンドッグに戻り、反対側も同じようにやる。

下に敷いていた足がしびれることもあります。

ダウンドッグに戻った際に、しびれた足をよくシェイクして血流を促しましょう。

ヨガでお尻を引き締めよう!

ヨガでお尻を引き締めよう!

毎日のデスクワークで、下敷きになりっぱなしなお尻。

お尻がたるんでしまうと、全身のシルエットが老け込んでしまいます。

ヨガポーズでお尻の筋肉を刺激して、引き締まった美尻を目指しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報