SPARK用のタグ

なんだか最近イライラ…ストレス解消におすすめのヨガポーズ5選

自粛が続くこのご時世、ストレスを感じている方も多いですよね。

中には無自覚でありながら、実は蓄積しているストレスもあるのです。

今回はストレスについてと、ストレス解消におすすめのヨガポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ストレスってそもそも何?

ストレスってそもそも何?

『ストレス』と聞くと、人間関係や仕事の悩みでイライラしたり、悶々と悩んだり…といった状態を想像しますよね。

ですが、そのような状態以外にも自覚なくストレスを受けている場合もあるのです。

そもそもストレスとは、外から受ける刺激によって起こるもの。

外からの刺激には環境の変化や天候の変化など、さまざまなものが含まれます。

コロナ禍などで変化が激しい生活の中では、知らず知らずのうちにカラダや心にストレスがかかっているケースも多いのです。

ストレスが溜まると見られる症状5つ

ストレスが溜まると見られる症状5つ

ストレスは、自覚症状がなくてもカラダの不調として現れることも多いもの。

ストレスが溜まると、どのような症状が見られるのでしょうか?

主なストレスによる不調5つをご紹介します。

睡眠障害

ストレスがかかると、乱れやすいのが自律神経です。

ストレスは交感神経を優位にして心身を興奮させ、自律神経のバランスが乱れて睡眠障害を引き起こすことも。

眠いのに寝付けなかったり、朝に夜中に何度も目が覚めてしまったりすることがあります。

胃腸の働きの乱れ

「緊張して胃が痛い」とか、よく言いますよね。

ストレスは、胃腸の働きに影響を与えるものです。

胃腸の働きが乱れやすいと感じたら、ストレスを疑ってみましょう。

肌トラブル

肌はストレスによる症状が、目に見えて分かりやすいところです。

ストレスで肌が荒れたり、顔が老けて見えたり、といった経験がある方も多いでしょう。

ストレスは美容にも大敵なのです。

肩こり・腰痛

肩こりや腰痛もストレスが原因で起こることも多いのです。

カラダに大きな問題が見られないにもかかわらず、慢性的な肩こり・腰痛がある場合には、ストレスが原因になっている可能性もあるのです。

うつ

過労や仕事や人間関係の悩みなどによって、うつが引き起こされることは多いものです。

他にも自覚症状がないままにさまざまな外的刺激によって、いつのまにかストレスが溜まってしまい、脳がダメージを受けて「うつ」として現れるケースもあります。

ストレス解消におすすめのヨガポーズ5選

ヨガはそもそもストレス解消に効果的なエクササイズとして評判ですよね。

それにはヨガで行う深い呼吸や、ゆっくりとした動きも関係しています。

普段よりも深い呼吸で、焦らずにヨガポーズに挑戦してみましょう!

木のポーズ

木のポーズ

立位のバランスポーズの基本である「木のポーズ」。

シンプルなポーズですが、体幹やバランス感覚が必要になるポーズです。

精神を集中させてバランスを取ることにより、心を安定させる効果が期待できます。

やり方
  1. 足をそろえてまっすぐに立つ。
  2. 左足の裏を右の太ももに押し付ける。
  3. 両手は胸の前で合掌する。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じようにやる。

足の裏と太ももを、同じくらいの力で押し合ってバランスを取りましょう。

ワニのポーズ

ワニのポーズ

腰まわりをねじってストレッチする「ワニのポーズ」。

ヨガの「ねじり」は、内臓を刺激して活性化させてくれます。

カラダの内側から元気になれるポーズです。

やり方
  1. 仰向けに寝る。
  2. 右ヒザを胸に引き寄せて抱える。
  3. 抱えたヒザを骨盤ごとゴロンと左に倒し、左手を右手のヒザに添える。
  4. 右手は右方向に伸ばし、目線も右へ。
  5. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  6. 終わったら仰向けに戻り、反対側も同じように行う。

両方の肩は、なるべく床に近づけるようにしましょう。

アップドッグ

アップドッグ

「太陽礼拝」に入っているポーズのひとつである「アップドッグ」。

背中を反らせ胸き、呼吸を深めて気持ちを前向きにしてくれます。

姿勢の改善にも効果的なポーズです。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 片足ずつ足を後ろに伸ばしてプランクポーズになる。
  3. カラダを前にスライドし、手で床を押し、胸を反らせる。
  4. つま先で床を押し、ひざと太ももは床から浮くようにする。目線は斜め上に。
  5. そのまま3〜5回呼吸する。

肩と耳は離して、首を長くキープしましょう。

チャイルドポーズ

チャイルドポーズ

休憩のポーズとして知られる「チャイルドポーズ」。

胎児のようにカラダを丸め、気持ちを落ち着ける効果が見られます。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. ゆっくりとお尻を後ろに引き、カカトにつける。
  3. 腕を前方に伸ばして床に胴体を長く伸ばし、おでこも床につける。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。

力を抜いて、カラダの重みを感じましょう。

ウサギのポーズ

ウサギのポーズ

「ウサギのポーズ」は、初心者向けの逆転のポーズのひとつ。

頭部の血行を促進するため、脳のリフレッシュ効果が期待できます。

眼精疲労にも効果的なポーズです。

やり方
  1. チャイルドポーズになる。
  2. 手を顔の横に置く。
  3. ゆっくりと頭を前に転がし、頭のてっぺんを床につける。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 終わったらそっとチャイルドポーズに戻る。

首に痛みや違和感がある場合は、このポーズは控えましょう。

ヨガでストレス解消しよう!

ヨガでストレス解消しよう!

知らず知らず、ストレスが溜まっている可能性は誰にでもあるもの。

ストレスは放っておくと、重篤な病気などを引き起こす可能性も…。

ヨガポーズで溜まったストレスを解消しましょう!

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報