美しいヨガポーズ「ワイルドシングス」を深めよう

美しいヨガポーズ「ワイルドシングス」を深めよう!

ポーズの形がとても嬉しい「ワイルドシングス」。

ぱっと見は難しそうですが、ポイントを押さえればクリアできるポーズです。

今回はワイルドシングスの効果や練習法をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ワイルドシングスのポーズとは?

ワイルドシングスのポーズとは?

ワイルドシングスのポーズは、見た目がとても美しく人気のポーズのひとつ。

英語で「wild things」とは「野生のポーズ」という意味です。

サンスクリット語では「カマトカラーサナ」と呼ばれ、「カマトカラ」は「驚き」や「魔法」といった意味を持ちます。

全身を伸びやかに後屈して、胸を大きく開いていくポーズです。

ワイルドシングスの効果

ワイルドシングスの効果

「ワイルドシングス」は見た目が美しいだけではなく、もちろん、さまざまな効果が期待できます。

主な3つの効果をご紹介します。

呼吸がしやすくなる

呼吸がしやすくなる

デスクワークなどで背中が丸い状態が続くと、肺が圧迫され、呼吸が浅くなってしまいます。

「ワイルドシングス」は、後屈して胸を大きく開き、呼吸をしやすくしてくれます。

呼吸がしやすくなると、心もオープンになるという嬉しい副産物も得られます。

姿勢の改善

姿勢の改善

筋力の衰えや背骨や骨盤の歪みなどから、姿勢は崩れてしまいます。

「ワイルドシングス」では、普段使わない筋肉や関節を動かして、全身のバランスを整え、姿勢の改善につなげてくれます。

巻き肩・肩こり改善

巻き肩・肩こり改善

スマホやパソコンから、巻き肩・肩こりになっている方は多いものです。

胸・肩を開く「ワイルドシングス」では、正しい位置に肩を戻し、巻き肩・肩こり改善にも効果的です。

ワイルドシングスに挑戦してみよう

shutterstock_1505395901_result

それでは、さっそく「ワイルドシングス」に挑戦してみましょう。

「ワイルドシングス」は、サイドプランクからポーズに入るものと、ダウンドッグからのものと、ふたつのパターンがメジャーな方法です。

それぞれのやり方をご紹介します。

肩やウデに怪我がある場合は、このポーズは控えましょう。

サイドプランクからワイルドシングスに

サイドプランクからワイルドシングスに

まずは「サイドプランク」からポーズに入るバージョンです。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 片足ずつ後ろにまっすぐ伸ばし、プランクポーズになる。
  3. 右手に体重をかけ、カラダを横に開きつつ、左手を展示に向けて上げる。
  4. 右足の外側を床についてカラダを支える。(サイドプランク)
  5. 左足を後ろに引いて足の裏を床につけ、しっかりと踏み込む。
  6. 胸と腰を右へねじり、胸が天井を見るように開く。同時に左ウデは頭上に向かって一直線を作るように伸ばす。
  7. 頭は背筋に沿って伸ばし、首の力を抜いて垂らす。
  8. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  9. 終わったら反対側も同じように行う。

ダウンドッグからワイルドシングス

続いてダウンドッグからワイルドシングスに入るバージョンです。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. 両ヒザをひとつ分後ろに引き、つま先を立ててる。
  3. ゆっくりと腰を上に持ち上げダウンドッグになる。
  4. 左足を天井に向けて高く上げ、骨盤を開いてヒザを曲げる。
  5. そっと左手を床から離し、そのまま腰や胸を天井に向けて開き、左足を後方へ下ろす。
  6. 左足でしっかりと床を踏み、左腕は頭上に向かって遠くに伸ばす。
  7. 頭は背筋に沿って伸ばし、首の力を抜いて垂らす。
  8. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  9. 終わったら反対側も同じように行う。

ワイルドシングスの注意点

ワイルドシングスの注意点

後屈するとともに、少しねじりの要素も入った「ワイルドシングス」のポーズ。

軸になっている手足でしっかりとマットを押し、土台を安定させてカラダを支えることがポーズのポイントになります。

また、足を床に付けるときは、同時に腰、胸も開き、それと同時にウデを頭上に伸ばします。

ひとつひとつはシンプルですが、色々な動作を1度に行う必要があるポーズです。

ワイルドシングスの練習法

ワイルドシングスの練習法

「ワイルドシングス」を安定させるには、「サイドプランク」のポーズがキーになります。

「サイドプランク」と、「サイドプランク」からヒザをついた軽減法で、練習を重ねましょう。

まずはサイドプランク

まずはサイドプランク

「サイドプランク」とは、横向きになったプランクポーズ。

片方のウデでカラダを一直線にキープするため、体幹強化やウデの筋力アップにつながります。

やり方
  1. まずプランクポーズになる。
  2. 右手にゆっくり体重を移して左手を浮かせ、カラダを横に向ける。左手は天井に向けて伸ばす。
  3. 右足の外側を地面につけてカラダを支える。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じように行う。

下の手首、肩、肩から手が、床から垂直に、一直線に伸びているのがポイントです。

また、下側の腰が落ちないように、体幹に力を入れましょう。

ヒザをついた軽減法

yinyoga1

続いてご紹介するのは、ヒザをついた軽減法の「ワイルドシングス」です。

軽減法でポーズの形に慣れましょう。

やり方
  1. 右を下にした、サイドプランクになる。
  2. 右足を曲げてヒザを床につく。
  3. 右足のスネを後ろに持っていく。
  4. 伸ばした左足を少し後方にずらす。
  5. 左手を頭上に伸ばし、胸が天井を見るように開く。
  6. 頭は背筋に沿って伸ばし、首の力を抜いて垂らす。
  7. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  8. 終わったら反対側も同じように行う。

ワイルドシングスでリフレッシュ!

ワイルドシングスでリフレッシュ!

形が美しく、“映える”ヨガポーズとしても注目度の高い「ワイルドシングス」。

ぜひ「ワイルドシングス」で心身ともにリフレッシュしてみてください!

ヨガを深めたい方へ【体験レッスン有り】

一人一人の筋肉量や柔軟性によって、ポーズ(アーサナ)の最適な強度やコツが違います。
キャンペーンの機会に、ぜひプロのインストラクターと一緒にヨガを楽しみませんか?

新たな学びやあなたに合ったフィードバックももらえるかもしれません。

  • 講師全員が「RYT200」を所持するプロインストラクター
  • 全30種のレッスンプログラム
  • 身体が硬い人・初めての方も多数いて安心!
  • 複数人でヨガを行う気持ち良さや楽しさを味わおう!

▼YMCのヨガスタジオを詳しくチェック▼
>>入会金¥0!スタート応援キャンペーンの詳細を見る

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報