SPARK用のタグ

ヨガの効果を高める生活習慣、やってはいけない習慣とは?

ヨガの効果を高める生活習慣、やってはいけない習慣とは?

精神的にも肉体的にも、さまざまな良い影響を与えてくれるヨガ。

そんなヨガは、生活習慣によってはさらに効果を高めることもできるのです。

今回は、ヨガの効果を高める生活習慣と、やってはいけない習慣をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

ヨガの効果を高める生活習慣とは?

ヨガの効果を高める生活習慣とは?

ヨガを習慣にして継続すると、さまざまな効果を心身に感じられるようになります。

ダイエット効果や筋力強化、ストレスの緩和などもヨガの効果の一部です。

その効果をさらに高めるための、生活習慣6つをご紹介します。

バランスの取れた食事

バランスの取れた食事

ヨガのレッスンの後は、特にタンパク質を意識して摂ることで、筋力アップやダイエットの手助けになります。

ヨガで使った筋肉を、タンパク質を中心としたバランスの良い食事で修復することで、効率的に筋肉アップを目指せます。

また、ヨガの考え方では、食事は単なる栄養摂取栄ではなく、食べ物に含まれる生命エネルギーもともに摂取するものです。

なので、できるだけ新鮮な野菜や果物、作りたての食事などが理想的です。

ファーストフードやインスタント食品などは、なるべく控えた方がいいでしょう。

水分補給

水分補給

水分補給は、カラダの循環を良くするためにも必要なものです。

カラダを動かして汗をかくヨガのレッスンの前に程よく水分補給をし、レッスン中も必要に応じて小まめに水分を取りましょう。

レッスンの後は、しっかりと水分補給をするのがいいです。

特にホットヨガを受講する場合は、積極的にレッスン前の水分補給行いましょう。

レッスン前に水分でお腹いっぱいになってしまうのは良くないので、焦らすゆっくり水分補給をするのがおすすめです。

ヨガをした日はカラダの巡りが良くなっているので、十分な水分でさらに循環をうながしてあげましょう。

ウォーキング

ウォーキング

ウォーキングはヨガと組み合わせることで、さまざまな相乗効果が期待できます。

ウォーキングはシンプルな有酸素運動であり、行うことで基礎代謝を上げて、脂肪燃焼効果を高めてくれます。

ヨガでインナーマッスルを鍛えつつ基礎代謝を上げ、その上でウォーキングをすることで、さらなるダイエット効果が期待できるのです。

また、ウォーキングはヨガの瞑想とも組み合わせやすいもの。

「歩行瞑想」というものもあり、歩きながら自分のカラダの感覚に集中することで、頭をスッキリさせてくれる効果があります。

ウォーキングとヨガの組み合わせは、心身に良い影響を与えてくれるでしょう。

入浴

入浴

ヨガは自律神経を整えたり、カラダの循環を改善したりして、カラダの回復力をアップする効果もあるのです。

入浴もまた、お湯に浸かることで体温を上げてカラダの循環をうながし、疲労回復を手助けしてくれるもの。

毎晩の入浴も、ヨガと同様に習慣にすることで、さらなる心身のリラックス効果や快眠が期待できるのです。

朝ヨガ・夜ヨガ

朝ヨガ・夜ヨガ

しっかりとヨガのレッスンを受ける以外にも、軽めの朝ヨガ・夜ヨガも、ヨガの効果を高めるのにはおすすめです。

朝ヨガは眠っている心身を活性化させ、血行を促進してカラダを温め頭もスッキリさせてくれます。

また、朝の軽い運動は1日の代謝を上げる効果もあり、ダイエットにも効果的です。

夜ヨガは副交感神経を優位にして、リラックス効果や安眠効果が期待できます。

朝ヨガ・夜ヨガともに、生活のメリハリを手助けしてくれます。

十分な睡眠

十分な睡眠

夜はなるべく夜更かしをせずに、できるだけ睡眠時間を確保しましょう。

十分な睡眠を取ることは疲労回復のみならず、自律神経も整えてくれます。

夜ヨガをしてから十分な睡眠を取ると、質の高い眠りが得られ、心身ともに健康へと導かれるでしょう。

ヨガの効果を高めない、やってはいけない習慣とは?

ヨガの効果はやり方によっては倍増され、場合によっては半減してしまうことも…。

せっかくのヨガの効果が減ってしまうのは悲しいですよね。

ヨガの効果を高めない習慣3つをチェックしましょう。

朝食を抜く

朝食を抜く

ダイエット目的にヨガをしている方も多いですよね。

ダイエットをしていると、カロリーを摂取しないようにと、朝食を抜いてしまう方も少なくありません。

ですが朝食を抜くと、代謝が上がらない上に自律神経も乱してしまい、ダイエットにも逆効果に働くことも。

また、朝食を抜くと、脳へ十分な栄養がいかないため、集中力ダウンや仕事のパフォーマンスの低下につながってしまいます。

さまざまな面から見ても、朝食を取った方がヨガの効果は高められるでしょう。

お酒の飲み過ぎ

お酒の飲み過ぎ

ヨガをするとカラダの循環が良くなるものです。

カラダを動かした後はご飯もお酒も進みますが、お酒の飲み過ぎには気をつけましょう。

お酒は飲み過ぎるとカラダの水分を奪ってしまい、循環を悪くしてしまうもの。

禁酒する必要はありませんが、適度な量の飲酒を心がけましょう。

寝る前のパソコン・スマートフォン

寝る前のパソコン・スマートフォン

パソコン・スマートフォンなどで使われている光は、眠りを妨げてしまうものです。

寝る前にスマートフォン・パソコンを見ていると、交感神経が優位になってしまい、睡眠障害を招いてしまうことも。

ヨガでせっかくリラックスしても、効果が半減してしまいます。

寝る前はなるべくパソコン・スマートフォンは避け、ゆったりとした時間を過ごしましょう。

規則正しい生活でヨガの効果を高めよう!

規則正しい生活でヨガの効果を高めよう!

ヨガのさまざまな効果は倍増することも、半減することもあります。

規則正しい生活は、ヨガの効果を高めてくれるもの。

この機会に、ご自分の生活習慣を見直してみてはどうでしょうか?

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報