人生を豊かにする小顔フェイシャルヨガの効果とは?フェイシャルヨガのインストラクターになるには資格がいる?

小顔フェイシャルヨガとは?効果は?

初対面の第一印象は、やはり顔で決まるものですよね。

そんな顔のシワを改善したり、ハリのある肌のを作ったり、小顔にしたりする小顔フェイシャルヨガをご存じでしょうか?

ヨガインストラクターとして技術の幅を広げようとしているなら、多くの人にうれしい小顔フェイシャルヨガを学んでもいいかもしれません。

この記事では、顔ヨガについての説明から資格の取得方法についてご解説していきます。

小顔フェイシャルヨガとは?効果は?

小顔フェイシャルヨガとは?効果は?

わかりやすく解説!顔ヨガとは?

顔ヨガとは、顔の表情筋を鍛えてストレッチするヨガです。

顔には30種類以上の表情筋がありますが、普段あまり使いません。

特に日本語は筋肉を使わない言語としても知られており、全体の約2割の筋肉しか使わないんだとか。

顔ヨガではたるみがちな顔の表情筋をトレーニングしていくのですが、その結果、整形いらずで若返りの効果を実感したなんて声も。

顔ヨガの効果
  • 筋肉が引き締められることで、シワやほうれい線の解消につながる。
  • 血液循環がよくなることで、肌のハリが取り戻される。
  • たるみを解消させることで、二重あごを改善する。
  • リンパの流れを改善し、むくみを解消する。
  • 手軽にリフレッシュできる。
  • 筋肉が引き締まることで、小顔にする。
  • かわいい笑顔が作れ、表情が豊かになる。
  • 笑顔でいようと思うことで余裕が生まれ、心がキレイになる。

こうしてみると、顔ヨガにはみるみる顔を変化させる効果がたくさんありますよね。

豊かな表情は周りまで幸せにでき、まわりまわって自分の内面も変えていきます。

人それぞれがもつ魅力を引き出してくれるのが、顔ヨガなのです。

顔ヨガと普通のヨガの違いは?

顔ヨガは名前にヨガとありますが、普通のヨガのようにカラダ全体を使ったポーズはとりません。

基本的には、顔の筋肉をゆるめた後に緊張させるのを繰り返していく表情筋トレーニングといったほうがイメージしやすいでしょう。

顔の表情筋は小さいこともあり、顔ヨガは一般的なヨガよりも効果を早く実感しやすいのが特徴

一度だけでも効果を期待できるので、ハマる人が多いんだとか。

効果を実感しやすい分、継続しないとすぐに元に戻りやすいですが、思いついたタイミングで何かをしながらできるので続けやすいのも特徴です。

道具も、自分の表情を確認するための鏡一つで十分。

慣れてくれば道具も場所も必要なくできるので、普通のヨガが合わないという人でも顔ヨガはオススメできます。

顔ヨガのインストラクター資格を取得するには?

ヨガのインストラクター資格を取得するには?

顔ヨガに資格は必要?

結論から言ってしまえば、顔ヨガのインストラクターになるのに資格は必ずしも必要ではありません。

近年、誕生したヨガであることから資格の制度が十分に整っておらず、認知度もあるとはいいづらいためです。

ただ、未経験者向けにカリキュラムが組まれている場合もあるので、顔ヨガについて学ぶついでに資格取得も検討してみるのはありかもしれません。

認知度は不十分とはいえ、客観的な資格として技術の幅をアピールする手段の一つにはなるでしょう。

顔ヨガで「変わった!」という感動を他の人にも伝えたいと思うのであれば、資格は取得しておいて損はないといえます。

顔ヨガの資格を取得するためには?

顔ヨガは近年誕生したということもあり、顔ヨガのインストラクター資格には統一された基準がありません。

そのため、様々な認定団体がそれぞれ独自の資格を出しています。

基本的には入門者向けの内容になっていることが多く、数時間にわたって講義を受講するだけで取得できることがほとんど

お値段も比較的オトクで、数万円程度になっています。

なお、統一された基準がないことから、資格を出している団体ごとに学ぶ内容は異なります。

自分が資格を取得する目的と合致するものを選んでくださいね。

YMCでも顔ヨガのインストラクター資格を取得できる

YMCでも顔ヨガのインストラクター資格を取得できる

YMCメディカルトレーナーズスクールでも、小顔フェイシャルヨガのインストラクター資格講座を提供しています。

当スクールのカリキュラムは、一般の人よりもヨガインストラクター向けです。

RYT500のプログラムの一環として小顔フェイシャルヨガのコースを提供しているので、RYT200をすでに取得したヨガインストラクターにとって一石二鳥といえるでしょう。

具体的なカリキュラムは次の通りで、多くのことが学べる3時間の講座を3回ずつ履修する計9時間の内容となっています。

  • 小顔フェイシャルヨガの目的と効果、生理学(肌の構造、内分泌系)
  • 解剖学(骨格、筋肉)
  • 表情筋エクササイズ、表情・姿勢と心理
  • 小顔調整法
  • レッスンプログラミング、ロールプレイング
  • IHTA実技・筆記認定試験

表情筋エクササイズや小顔調整法、APバランス調整法を行いながらアーサナを取るというYMC独自のもので、ヨガのレッスンに取り入れやすいのが特徴です。

他のインストラクターとの差別化にご興味がある方は、下記の養成コースの詳細からぜひ一度お問合せください。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。