自宅サロンの開業費用はいくら?経営に必要なお金を解説

自宅サロンの開業費用はいくら?経営に必要なお金を解説

将来、自宅サロンを開業したいと考えているなら、気になるのはお金のこと。

内装工事や必要な備品など、全部そろえると「いくらかかるの?」「用意できるか心配…」と感じている人も多いはず。

そこで、本記事では自宅開業でアロマサロンをオープンするときに必要な「開業と経営のために必要なお金」について解説します。

RYT200を取得する前に資料をみる

自宅サロンに必要な開業費用の目安は18~50万円

自宅サロンに必要な開業費用の目安は18~50万円

自宅サロンを開業する最大のメリットは、少ない開業資金で始められること。一般的に必要となる項目は以下のものが挙げられます。

開業時に必要な費用
  • 内装費
  • 設備費
  • 消耗品費
  • 広告宣伝費

内装費の目安は10~30万円

自宅サロンの開業において、内装費は開業費の大部分を占めます。リフォームを検討する場合は、どこをリフォームするのか慎重に検討しましょう。

主にリフォームを検討する場所は以下が考えられます。

主なリフォーム検討箇所
  • カーペットやフローリング
  • 壁紙
  • トイレ(温水洗浄便座にするなど)
  • 洗面台の造り替え
  • 棚の設置

サロンの雰囲気を変えたいのなら、フローリングや壁紙などを張り替えるのは効果的です。また、アロマの香りを上から流したり、癒しの音楽を流すためのスピーカーを設置するために棚を設置するといったアイデアもあります。予算に合わせていろいろな工夫をしましょう。

インテリアコーディネーターの活用も

空間づくりに悩んだら、プロに相談してみるのもいいでしょう。空間づくりにおいては全体の統一感が大事です。

「自宅サロン専門のインテリアコーディネーター」として活動されている方もいるので、興味のある方は一度インターネットで調べてみるといいでしょう。

設備費の目安は3万円~

アロマサロンを開業する場合、最低限必要な設備は「施術用ベッド」です。ベッドのクオリティによって金額は異なりますが、概ね3万円程度から購入できます。

また、室内は蒸れたり冷えたりするため温度調整のためのエアコンの設置や、自宅サロンの場合料理の臭いなどが残りがちになるため空気清浄機を設置するなどの配慮が必要です。

消耗品費の目安は5万円~

備品・消耗品は最初から多くのものをそろえる必要はありません。まずは必需品に絞って用意し、その他のものは必要に応じて揃えていきましょう。

主な備品・消耗品の例
  • 消毒用のアルコール
  • フェイスペーパー
  • 椅子
  • 毛布
  • タオル
  • ご自身の施術着(白衣など)
  • バスケット
  • アロマディヒューザー
  • アロマ精油
  • 電気敷毛布
  • スリッパ
  • 紙ショーツ・紙ブラジャー

広告宣伝費の目安は0円~

お客さまに来店していただくためには、サロンの存在を知ってもらわなければ始まりません。集客方法についてはいろいろありますが、サロン運営における主な集客方法は以下のとおりです。

主な集客方法
  • ホームページ
  • 折り込みチラシ
  • ポスティング
  • フリーペーパー掲載
  • SNS

近年はインターネットを活用して集客する方法が一般的になってきており、「Wix」などを利用すればホームページも無料で作成することができます。

また、チラシなどの紙媒体も「Canva」というサービスを利用すれば、自分で制作しそのまま印刷までできるサービスというのも整っています。

収支計画を立てよう

収支計画を立てよう

サロンを開業するなら「収支計画」を立てることが大事です。

収支計画とは「収入」と「支出」を踏まえて、どれだけの利益を出すことができるかを考える作業。基本は以下の公式となります。

  • 収入-支出=利益(手元に残るお金)

まずは収入を予想しよう

収支計画を立てる場合は、まずはじめに収入を予想します。収入とはお店に入ってくるお金のこと。基本的には施術を行ったお客さまからいただく料金です。

メニューの価格を決め、1か月の売上を計算します。つい多く見積もりがちになりますが、お客さまが少ない状況も考えて計算しましょう。

次に支出を考えよう

収入が予想できたら、次は支出を考えます。支出はお店から出ていくお金のこと。備品購入代など、こちらも1か月を目安に細かく予想します。支出を考える際は、収入とは反対に多めに見積もります。

月間の収支計画例

自宅サロンの場合の収支例を以下に記載します。

自宅サロンの収支例

収入
施術料:320,000円
※顧客単価:8,000円×月間顧客数:40人(月間営業日:20日間、1日2人の計算)

支出
家賃:0円
光熱費:10,000円
消耗品:10,000円
※アロマ精油、タオル、アルコール、フェイスペーパーなど
宣伝費:30,000円
※ポスティング、フリーペーパー掲載など

1か月の利益
270,000円

収入アップのポイントは「安くしすぎない」

収入アップのポイントは「安くしすぎない」

月間の収支がシミュレーションできたら、それを実現するためのメニューを考えます。その際に最も重要なのが「価格設定」です。

価格を決める際によくやってしまうのが、「こんな金額受け取っていいのかな」と価格を低めに設定してしまうこと。一度サービスを提供し始めると、安くすることは簡単でも、価格を上げることはなかなかできません。

サロン業界では10分1,000円が目安

サロン業界の価格設定としては10分1,000円というのが通り相場と言われています。つまり、60分コースであれば6,000円、90分コースであれば9,000円となります。

メニューには松竹梅を設定しよう

人は3つのメニューがあると、心理的に真ん中を選びやすいと言われています。

一番高い「松」は避けやすく、かといって一番安い「梅」を選ぶのはケチな感じになるからと、結果的に「竹」を選ぶ人が多いというもの。このような心理を活かしてメニューを作ることで、自然に真ん中に設定した高単価のメニューを選んでもらえる可能性が高まります。

そこで必要になるのが、施術の技術。メニューの幅を作るためには、必然的に手技の幅を広げる必要があります

YMCメディカルトレーナーズスクールでは、アロマセラピストとして必要なオイルトリートメントの技術の他にも、深層部まで届く圧の深い技術の「オイルトリートメント アドバンス」や顔の骨格と表情筋調整を行う「小顔デザイン」、リラクゼーション効果の高い「リフレクソロジー」など、施術の幅を広げることのできるコースを多数そろえています。

 

アロマセラピストとして自宅サロンの開業をお考えなら、ぜひ一度、YMCの技術を体験してみてください。

≫ 講座に関する詳細は、こちら

 

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ/池田浩司
ヨガスクールの中の人。WEB集客のほか、ヨガ情報サイトの企画・立ち上げやWEBライター養成講座などのコース開発を行ってます。ヨガインストラクターのための情報ブログも運営しています。

おすすめ情報