アロマ講師インタビュー|湯本 浩世先生

アロマセラピストを目指すには総合的に学べるスクールで学ぶのがおすすめ。

今回はYMCでアロマを教える湯本浩世先生にアロマセラピーの魅力や先生が思うセラピストとしての在り方をうかがいました!

RYT200を取得する前に資料をみる

きっかけはリフレのサロンに行ったこと

実は私はアロマより先にリフレの学校に通いました。興味を持ったきっかけはリフレのサロンに行ったことです。

アロマの仕事をする前は損保の会社で働いていました。その頃、なんとなく受けに行ったリフレサロンの施術が自分の体に合っていたのか、反応がすごく出て面白いと思って、翌月もう1回受けてみて。そうしたら、やっぱり調子が良くて興味を持ちました。

サロン内のスタッフ研修でリフレを学ぶ方もいますが、担当してくださった方はサロンとは別に、リフレのスクールに通われていたので、とても施術が上手でした。
どこのスクールで学んだのか伺い、私も同じスクールにしました。そのスクールはイギリスで最も古いリフレスクールの日本校でした。

会社勤めをしながら、週末にリフレスクールに通って、1年後に資格を取得。その後、会社を辞めてリフレクソロジストとして働きながら、アロマのスクールに1年通いました。
リフレを勉強していく中で、足だけではなく、全身も施術できるようになりたい、自然療法をもっと学びたいと思ったのがアロマのスクールに入った理由です。

サロンで岩谷先生に出会う

湯本浩世

リフレは足の施術といっても全身の解剖生理学を学ぶので、解剖生理学は2つのスクールで2年学びました。
イギリス式なのでしょうか、解剖生理学の試験は白紙が10枚くらい渡されて、「呼吸器系ついて述べよ」といった感じの記述式。本当に大変でした。アロマもリフレも当時のスクールは、症例や事業計画書など課題も多かったですが、今ではとても役に立っています。

卒業後は通っていたアロマスクールの講師が経営していた白金台のエステティックサロンに就職しました。IFAやCIDESCOなどの国際ライセンスが入社の条件でしたので、内定はいただいていても合格発表まではドキドキ。無事合格し、資格を取ってからアロマセラピストとして働き始めました。

そのサロンで先に働いていたのが今一緒にサロンを経営している岩谷先生(YMCアロマ講師)。

お互い外部講師の仕事もしていたので、サロン勤務がなかなか重ならず、週に1回あった2人だけの勤務のときは大騒ぎでしたね。洗濯機がピーピー鳴っちゃうし、エアコンや浴室暖房、エステ機器を同時に使い過ぎてブレーカーが落ちちゃって。

2人とも背が低いのでブレーカーに届かなくて、イスを取りに行きたいけど暗闇で。その頃から岩谷先生とは一緒にいて居心地のよい距離感でしたね。

セラピストデビューは印象的

セラピストデビューして最初のお客様は、少し気難しい方だったのをよく覚えています。カウンセリングをしていく中で、この方に服を脱いでいただき、オイルトリートメントをするのは難しいかも、と思ったくらい。当時の私にできる限りのことはさせていただいた結果、回数券を購入するようなリピートのお客様になってくださいました。とても嬉しかったです。

私はどのお客様に対しても、「こうなって欲しい」「こうしなければ」とかは考えないようにしていて、お客様は目的を持ってお越しになると思うので、それを叶えてあげることだけを意識して接客しています。
お体が緊張しているのであればほぐし、気持ちがお疲れのようであれば脱力させ、眠らせてあげて、お話をしたい方は話していただき、それで気晴らしになるのだったらそれで良いし。何がご希望なのかを理解してさしあげることが、お客様に寄り添うことだと思うので。

癒しのお時間は、施術者側だけが一方的に提供するものではなく、お客様と一緒に作りあげるものだと私は思っています。お客様が心地良いと施術者も心地良いですし、素敵な時間が共有できたら最高ですよね。

 

講師として生徒さんに教える時も同じです。私は極力、生徒さんの考えを聞くようにしています。
「こうして欲しい」「こうすべき」とは言わず、「どうしたい?」「どうしたら良いと思う?」と聞く感じです。気持ちを尊重したいですし、生徒さんには自分の考えを持つ習慣を身につけて欲しいというのもあります。

生徒さんの理想像に合わせて指導

YMCは自宅サロンをしたい生徒さんもいるし、サロンに勤めたいという方もいて、さまざま。生徒さんに自分はどうなりたいかという将来像を持たせ、それに合わせて指導しています。

セラピストとしての心構え、技術など必要とされる一定のレベルの指導はもちろんのこと、生徒さんが目標により近づくことができるようにサポートをしていきます。

セラピストは施術が上手なら良いというわけではなく、体に対する知識、精油に対する知識、コミュニケーションやホスピタリティなども必要とされます。手の感触はすごく良いけど、知識が乏しいと信頼していただけないですよね。

所作の一つをとっても、お客様が心地良いと感じるかどうかが大切。なので、発する言葉に至るまで細かい指導をします。セラピストとして自信を持ってYMCを卒業していただきたいです。

ここのスクールの魅力は、自分で予約をして、自分の好きなペースで進められること。受講期限はあっても、どんどん進めて3.4か月で修了される方もいらっしゃいます。

まずは日常に取り入れてみて

アロマを学ぼうと思ったときに、私に施術ができるかな?精油は種類がたくさんあって難しそう、と考える人は多いのではないでしょうか。そんな方は、まずは精油を日常に取り入れ、香りを楽しむところから始めてみるのをおすすめします。

日本では精油は雑貨扱いなので、ネットでも買えて、誰でも手に入れることができます。嗅覚は脳に直結していますので、香りは瞬時に気持ちを切り替えてくれるすばらしいアイテムです。

アロマセラピーなどの自然療法は免疫力を高めるのにも役立ちます。気持ちを豊かにし、心身のケアができるアロマセラピーを日常に取り入れ、楽しんでいただきたいです。

そしてもっと深く学びたいと思ったら、ぜひYMCで一緒に学びましょうね♪

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ 富澤 英里子
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報