かんぬきのポーズの効果5選とやり方を解説

かんぬきのポーズの効果5選とやり方を解説

かんぬきのポーズは、カラダ全体を気持ちよく伸ばせるポーズ。

初心者向けのヨガポーズなので、比較的簡単にできます。

今回は、そんなかんぬきのポーズをさらに深めるために、詳しいやり方やコツをご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

かんぬきのポーズとは?

かんぬきのポーズ

かんぬきのポーズは、脇腹を縮めて体側を深く伸ばせる側屈のポーズの一つ。

サンスクリット語ではパリガアーサナと呼ばれ、「パリガ」は門を閉めるためのかんぬき、という意味です。

ヒザ立ちになって体側を伸ばすポーズなので、初心者の方でも比較的簡単に行えます。

手から二の腕やワキ、体側や腰や骨盤まわりなど、カラダの横を全体的にストレッチできます。

ウエストの引き締め

ウエストの引き締め

かんぬきのポーズは、上体を横に倒すポーズ。

上体を側屈することで、左右の脇腹の筋肉を使って、ウエストまわりを代わりばんこに収縮したり、伸ばしたりして引き締めます。

普段あまり行うことのない、体側を伸ばすというエクササイズで腹斜筋を刺激するので、くびれ作りにも効果的です。

骨盤矯正効果

骨盤矯正効果

日常生活で知らず知らずのうちに、骨盤には歪みが生じているものです。

骨盤が歪んでしまうと、内臓の位置がずれて内臓機能が低下してしまいます。

かんぬきのポーズでは、背骨と骨盤をつなぐ腸腰筋を伸ばせることで、骨盤の矯正効果も期待できます。

骨盤の位置を正しくすることは、内臓機能の活性化や姿勢の改善など、さまざまなカラダの部分の改善につながります。

体幹強化

体幹強化

かんぬきのポーズでは、上体を横に倒してバランスを取ることで、体幹強化にもつながります。

体幹を整えることは、カラダを疲れにくくしたり、痩せやすくしたりなど、さまざまなメリットがあるもの。

深い呼吸とともにかんぬきのポーズを行うことで、深部の筋肉にまでアプローチできます。

内もものストレッチ効果

内もものストレッチ効果

普段の生活の中では、内ももを伸ばしたり鍛えたりする機会は少ないもの。

そのため、内ももにお肉がつくと落ちにくくなってしまいます。

また、内ももが使われないと、下半身の血行不良にもつながってしまいます。

かんぬきのポーズは、そんな内もものストレッチ効果が得られます。

正しく行うことで、下半身の血流がうながされてスッキリするでしょう。

気分も前向きに

気分も前向きに

かんぬきのポーズは、体側をストレッチできるポーズ。

深い呼吸とともに体側を伸ばすことで、カラダ全体の循環が良くなります

また、体側を伸ばして背筋が整うことで呼吸がしやすくなり、普段よりも深い呼吸につながります。

呼吸が深まると自律神経が整い、気分も前向きになるでしょう。

かんぬきのポーズのやり方

かんぬきのポーズのやり方

体側が伸びて気持ちいいかんぬきのポーズ。

初心者でも挑戦できるポーズです。

ゆっくりとした呼吸とともに、行ってみましょう。

かんぬきのポーズのやり方
  1. 立ちヒザになり、ヒザの間はゲンコツふたつ分ほど空ける。
  2. 右足を横に伸ばし、伸ばした足先とヒザが同じ方向を向くようにする。
  3. ゆっくりと息を吸いながら左手を上にあげ、ゆっくりと吐きながら上体を右に倒す。右手は右足に軽く添えておく。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。
  5. 終わったらカラダを元に戻し、反対側も同じようにやる。

かんぬきのポーズの注意点

かんぬきのポーズの注意点

どんなヨガポーズも、アライメントに気をつけないと、効果は半減してしまいます。

かんぬきのポーズでの注意点をご紹介します。

前かがみにならない

かんぬきのポーズでは、上体を真横に倒します。

無理してたくさん倒そうとすると起こりがちなのが、前かがみになってしまうという状態です。

上体を横に倒すときは、背中を壁につけたまま滑らせるような意識を持ち、真横に倒していくように注意しましょう。

骨盤を正面に向けるように意識するのも、まえかがみにならないポイントです。

伸ばしたヒザは上を向ける

かんぬきのポーズでは、足を横に伸ばします。

その時に注意したいのが、ヒザの向きです。

股関節が硬い方や、太ももの筋肉が少ない方などは、ヒザが内に向いてしまうことも。

そうなったままポーズを行うと、ヒザを痛めてしまう可能性があります。

つま先とヒザは同じ方向を向くように、注意しましょう。

かんぬきのポーズが難しい場合は?

骨格や柔軟性などによっては、かんぬきのポーズが難しい場合もあります。

そんな時の軽減法をご紹介します。

つま先の向きを変える

つま先の向きを変える

横に伸ばした足の、ヒザを上に向けるのが難しい場合は、つま先を少し内側へ向けてみましょう。

ヒザとつま先が同じ方向を向いていると、痛める可能性は少なくなります。

ヒザの下にブランケット

ヒザの下にブランケット

軸になっているヒザが痛む場合には、ヒザの下にブランケットやタオルを敷きましょう。

ヒザにケガなどがある場合は、このポーズは控えるか、イスに座って行いましょう。

イスを使ったかんぬきのポーズ

ヒザを痛めている人は、イスに座ったまま、かんぬきのポーズを行うこともできます。

両ヒザをカラダの前にそろえて座り、片足を横に伸ばしてポーズをとりましょう。

かんぬきのポーズで引き締まったウエストを!

かんぬきのポーズで引き締まったウエストを!

かんぬきのポーズは普段は伸ばさない体側をストレッチできるポーズ。

行うとスッキリする上に、ウエストの引き締めにも効果的です。

お腹まわりを絞りたい方は、ぜひ挑戦してみてください!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報