ダイエット成功の鍵は下半身にアリ?下半身を鍛えると痩せられる理由

ダイエット成功の鍵は下半身にアリ?下半身を鍛えると痩せられる理由

「痩せたい〜」と言って毎日腹筋をする人は多いですが、ダイエット目的で下半身を鍛えようと思いつく方は少ないですよね。

しかし、実は下半身を鍛えた方が効率よく痩せられるんです。

今回は、下半身を鍛えると痩せられる理由や、下半身を鍛えるヨガやエクササイズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

下半身を鍛えると痩せられるのはなぜ?

下半身を鍛えると痩せられるのはなぜ?

太りにくく痩せやすいカラダを目指すには、代謝を上げるのが効果的です。

代謝を上げるためには、カラダの筋肉量を増やさなければなりません。

下半身は、カラダの中でも特に大きな筋肉がたくさんある部分です。

太ももの前面にある「大腿四頭筋」や、裏側の「ハムストリングス」、お尻の筋肉である「大臀筋」などの、大きな筋肉を鍛えることは、痩せやすいカラダ作りにつながります。

下半身を鍛えるメリットは痩せる以外にも!

下半身を鍛えるメリットは痩せる以外にも!

下半身を鍛えると、痩せやすくなるのはもちろん、他にもメリットはたくさんあります。

その中から主なふたつのメリットをご紹介します。

スタイルが良くなる

スタイルが良くなる

痩せていても筋肉が少ないと、ボディラインにハリがでません。

特にお尻は筋肉がないとたるみやすいので、ヒップアップには下半身の筋トレが欠かせないもの。

そして、下半身を鍛えると血行も促進され、全身のむくみの防止にもつながります。

カラダ全体のメリハリが良くなり、スタイルを良くすることが可能なのです。

怪我の防止

怪我の防止

年齢とともに下半身の筋力は低下しがちになり、怪我をしやすくなってしまうもの。

運動不足の方は、若くても下半身の筋力が足りないケースもあり、怪我をしやすくなってしまいます。

意図的に下半身を鍛えておくことで、将来的な怪我の防止につながるのです。

鍛えたい下半身の筋肉3つ!

鍛えたい下半身の筋肉3つ!

下半身には大きな筋肉がたくさんあります。

意識して鍛えたい、3つの筋肉をご紹介します。

大腿四頭筋

太ももの前側の筋肉である「大腿四頭筋」は、大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋という4つの筋肉からできています。

カラダの中で最も大きくパワーのある筋肉であり、ここを鍛えることは代謝アップにつながります。

大腿四頭筋は、ヒザの曲げ伸ばしや、歩いたり立ったりするのに使われる筋肉。

大腿四頭筋が衰えてしまうと、立ち上がるのに苦労したり怪我をしやすくなったりします。

ハムストリングス

「ハムストリングス」は太ももの裏側にあり、大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋という3つの筋肉でできています。

股関節を伸ばしたりヒザを曲げたりする役割をしています。

大腿四頭筋と比べると、鍛えるのがなかなか難しい筋肉であり、意図的に筋トレをしないと、なかなか筋肉量が増えません

大臀筋

「大臀筋」は、お尻にある大きな筋肉で、足を後ろに蹴り上げる動作などで鍛えられる筋肉です。

ヒップアップには欠かせない筋肉のひとつであり、鍛えることで引き締まった形の良いお尻を目指せます。

下半身を鍛えるエクササイズとヨガポーズ

下半身を鍛えるエクササイズとヨガポーズ

自宅でもできるシンプルなエクササイズとヨガポーズで、下半身を鍛えましょう!

下半身強化にぴったりの3つのメニューをご紹介します。

スクワット

スクワット

「スクワット」は下半身を鍛える代表的なトレーニングです。

やり方もシンプルなので、自宅でも行えます。

やり方
  • 足を肩幅に開いて立つ。
  • つま先はまっすぐ、または少し外に開く。
  • 背筋を伸ばしたまま、イスに座るようにお尻を落とす。(ヒザが90度になるぐらいまで下げる)
  • 元に戻る。
  • 10〜15回を3セットほどくり返す。

ヒザが前に出ないように注意しましょう。

橋のポーズ

橋のポーズ

「橋のポーズ」は、ヨガの後屈のポーズのひとつ。

大臀筋やハムストリング、背中の筋肉も使ってギュッと引き締め、背面の筋肉全体を鍛えることができます。

骨盤まわりのストレッチになるので、骨盤矯正効果も期待できます。

やり方
  1. 仰向けに寝てヒザを曲げる。ヒザの下にカカトがあるように。
  2. 手はカラダに沿って伸ばし、手のひらは下に。
  3. ゆっくり息を吸い、吐きながら手を足を床に押して、骨盤を上に押し上げる。
  4. 吸いながら元に戻す。
  5. 呼吸とともに5〜8回くり返す。

ヒザが横に開かないように、常にカカトの上にあるようにキープしましょう。

ハイランジ

「ハイランジ」は、足を前後に大きく開きスクワットするポーズです。

大腿四頭筋、ハムストリングス、大臀筋のすべてを鍛える効果があります。

やり方
  1. プランクポーズになる。
  2. 右足を手と手の間に踏み込み、ひざは90度に曲げる。
  3. 上半身を起こし、両手を上に挙げる。
  4. そのままゆっくり2〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じようにやる。

骨盤が垂直になるように意識して、上体をまっすぐにしましょう。

下半身を鍛えて効率よくダイエット!

下半身を鍛えて効率よくダイエット!

痩せたい方には、腹筋よりも、まずは下半身の筋肉を引き締めるのがオススメです。

代謝が上がり効率よく痩せやすいカラダを目指せます。

下半身を鍛えることは、メリハリのあるボディライン作りにもつながるので、ぜひ試してみてください!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報