マスク生活で肌荒れが気になる!マスクの肌荒れ改善ヨガポーズ3選

マスク生活で肌荒れが気になる!マスクの肌荒れ改善ヨガポーズ3選

マスク生活で、以前より肌荒れが気になっている方は少なくありません。

特にマスク部分が乾燥したり、吹き出物などの症状が出たりしている方も多い様子…。

今回はマスクによる肌荒れの原因や、改善ヨガポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

マスクと肌荒れの関係は?

マスクと肌荒れの関係は?

コロナ禍になり、長時間マスクをつけている生活に一転。

マスク生活は、肌荒れの大きな原因になっているようです。

マスクによる肌荒れの、主な原因をチェックしてみましょう。

物理的な刺激

マスクが肌に擦れることによる物理的な刺激は、肌に良くない影響を及ぼします。

マスクを付けたり取ったり、ズレを直したりすることで、肌にマスクがこすれて刺激を受けます。

何度も刺激されているうちに、肌がデリケートな状態になり、肌のバリア機能が低下してしまいます。

すると、吹き出物ができたり、乾燥したりしやすくなり、肌荒れにつながってしまうのです。

汗やムレ

長時間マスクをしていると、汗や呼気によってマスク内は蒸れてしまうもの。

蒸れて汗をかいても、汗が蒸発できず、肌荒れが起こってしまいます。

また、蒸れたマスク内の温度が上がることにより、皮脂の分泌が増えることも、吹き出物などの原因になってしまうのです。

不衛生

マスク内は、清潔とは言えない場合も多いです。

マスクの中は、汗や呼気によって蒸れており、雑菌が繁殖しやすい状態で、不衛生なことも…。

食べ物の破片などが口についたままマスクをしてしまうこともあり、雑菌がマスクの中で繁殖してしまうことによって、肌が荒れてしまうのです。

ストレス

コロナ禍での環境の変化や、マスク生活はシンプルにストレスになるものです。

知らず知らずのうちにストレスが蓄積すると、ホルモンバランスが乱れたり、皮脂が過剰になったりして、肌荒れにつながってしまうのです。

肌荒れにはヨガが効く?

肌荒れにはヨガが効く?

ヨガは、ストレス発散やデトックス効果などが期待でき、肌荒れにも効果的です。

ヨガで行う呼吸も、肌荒れ改善のポイントになります。

ヨガでは普段はしない深い呼吸をすることで、横隔膜を大きく動かして内臓を刺激し、活性化させます。

内臓の機能が活性化されると、血行促進につながり、カラダの代謝をアップさせて老廃物の排出を促してくれます。

また、深い呼吸は副交感神経を優位にして、リラックス効果も得られるもの。

色々な面から見ても、ヨガは肌荒れ改善に効果的なのです。

マスク生活で気になる、肌荒れ改善ヨガポーズ3選

マスク生活で気になる、肌荒れ改善ヨガポーズ3選

肌荒れは、外側からのケアももちろん大切ですが、内側からのケアも重要なポイントです。

ヨガで内側から肌荒れを改善に導きましょう。

肌荒れに効果的なヨガポーズ3つをご紹介します!

半分の魚の王のポーズ

半分の魚の王のポーズ

「半分の魚の王のポーズ」は、ヨガの代表的な“ねじり”のポーズ。

ヨガのねじりは、内臓を刺激して活性化させて、働きを良くしてくれます。

内臓の働きが活性化されると血行が促進され、肌への栄養も行き渡り、老廃物の排出にもつながるため、肌荒れの改善につながるのです。

やり方
  1. 長座になり、右足はヒザを曲げて左足をまたぐ。
  2. 右手はお尻の後ろに置き、軽く床を押してカラダをまっすぐに支える。
  3. 息を吸いながら左手を上に伸ばし、吐きながら、左のヒジを曲げてを右ヒザに引っかけてねじる。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 反対側も同じように行う。

息を吸うタイミングで背筋を伸ばし、吐く時に力みを和らげつつ、ねじるように意識してみましょう。

橋のポーズ

橋のポーズ

「橋のポーズ」は、初心者向けのヨガの後屈のポーズのひとつ。

骨盤を前に押し出してストレッチし、お腹まわりを刺激して内臓を活性化させてくれます。

ヒップアップにも効果が期待できるポーズです。

やり方
  1. 仰向けに寝てヒザを曲げ、ヒザの下にカカトがあるようにする。
  2. 手はカラダに沿って伸ばし、手のひらは下に向ける。
  3. ゆっくり息を吸い、吐きながら手のひらと足を床に押して、骨盤を上に押し上げる。
  4. 両腕を背中の下に移動して、指を組んで腕全体で床を押す。
  5. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。

ヒザが外に開かないように、内モモの筋肉を使いましょう。

ゲンコツのチャイルドポーズ

ゲンコツのチャイルドポーズ

「チャイルドポーズ」のバリエーションである「ゲンコツのチャイルドポーズ」。

ゲンコツをお腹で挟むことによって、内臓を刺激します。

便秘の改善にも効果が期待できるポーズです。

やり方
  1. 正座になる。
  2. ゲンコツをつくり、足の付け根に置く。
  3. ゆっくり息を吸いながら背筋を伸ばし、ゆっくりと吐きながら上体を長く前に倒す。
  4. そのまま深く3〜5回呼吸する。

ゲンコツが与えてくれる刺激を、呼吸とともに感じてみましょう。

ヨガでマスク生活の肌荒れを改善!

ヨガでマスク生活の肌荒れを改善!

感染症対策のためにも、しばらく続くであろうマスク生活。

肌にはあまり良くないので、肌荒れに気をつけながら、マスク生活を送る必要があります。

ヨガポーズで、ストレス解消、血行促進をして、肌荒れ改善を目指しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報