ピラティスの資格は通信でも取れる?通信で取得する前に知っておきたい3つの失敗例

ピラティスの資格は通信でも取れる?通信で取得する前に知っておきたい3つの失敗例

コロナ禍でなかなか外に出かけられないと「通信でピラティス資格を取得しようかな?」と考える人も増えてくると思います。

通信はメリットもありますが、デメリットも少なくありません。

通信でピラティス資格を取得する前に、知っておきたい失敗例や通信資格を選ぶポイントをご紹介します!

ピラティス資格は通信でも取得できる?

ピラティス資格は通信でも取得できる?

ピラティス資格は通信でも取得できます。

ピラティス資格を取得できる多くの養成講座は通学制のものが多いです。

ですが、コロナ禍の影響もあり、最近は完全オンラインでピラティス資格が取得ができる通信講座は以前よりも増えているようです。

ピラティス資格を通信で取得するメリットとは?

ピラティス資格を通信で取得する大きなメリットは、『自宅にいながらピラティスを学べる』ということでしょう。

子育て中のお母さんや、さまざまな理由で自宅を離れることが難しい方でも、ネットさえあればピラティス資格を通信で取得できます。

他にも、『自分のスケジュールに合わせて学べる』のも通信のメリットのひとつです。

忙しい方や仕事の都合で通学が難しい方などは、スキマ時間を利用して学べる通信制なら、無理のないスケジュールでピラティスを学べるでしょう。

また、通信制は通学制より費用が安いものがほとんどで、コストが抑えられることや、短期で資格が取得できることもポイントになります。

ピラティス資格を通信で取得する失敗例3つ

ピラティス資格を通信で取得する失敗例3つ

『安い』『短期』『自宅で学べる』など、お得なポイントが多いように感じる通信制ですが、そこにはデメリットも潜んでいます。

中にはピラティス資格を通信で取得して、「失敗した〜」と感じている方も。

これから通信での取得を考えている方に、覚えておいて欲しい失敗例を3つご紹介します。

模擬レッスンができない

通信でのピラティス資格は、模擬レッスンをできないのが大きなデメリットのひとつ。

模擬レッスンで指導法を練習することは、ピラティスインストラクターを目指して、且つすぐに仕事に就きたい方には重要なポイントです。

通学制の養成講座では、生徒同士で代わり番こに模擬レッスンを行い、感想を言い合ったりできます。

通信で資格を取得しても、身にならないことには「資格を持っているのに指導法がわからない」なんてことにもなり兼ねません。

通信で取得する場合は、家族や友人に模擬レッスンを受けてもらうなど、通信の欠点を補う独自の工夫が必要です。

特に初心者は自己流になりがち

通信での失敗例のふたつ目は、学んだピラティスが自己流になりがちだということです。

特にピラティス初心者は、この失敗に陥りがちなので、初心者の通信取得はおすすめしません。

やはり、DVDやパソコンで見る動画上で学ぶ内容には限界があり、自分ではできているつもりでも、正しくエクササイズを行えていないことも多いのです。

プロの講師によって、しっかりと客観的な目で見て指導され、正しいフォームをカラダで覚えなくてはなりません。

初心者がどうしても通信で資格を取得する場合は、時々近くのピラティススクールに通い、ピラティスインストラクターから正しいフォーム学ぶ、などのプラスアルファの努力が必要でしょう。

資格を取り直すことにも…

通信での取得には、いくつかの落とし穴があります。

気をつけないと取得をしても身にならなかった、ということになり兼ねません。

趣味でピラティスを学びたい、という方には通信でも満足できる場合もあるでしょう。

ですが、ピラティスインストラクターを目指す場合は、インストラクターとしてすぐに仕事ができるスキルが身につかないと意味がありません。

せっかく通信で資格を取得しても、就職に結びつかないと通学制で資格を取り直すことになってしまうのです。

>>ピラティスインストラクターになるには?必要な勉強と資格などのステップをご紹介

ピラティス資格を通信で取得する時に気をつけるポイント

ピラティス資格を通信で取得する時に気をつけるポイント

通信でのピラティス資格は、以前よりも増えています。

都合により、「どうしても通信で資格を取得したい」という方も少なくないようです。

色々ある通信資格を選ぶ際には、次のようなポイントに注意しましょう。

安さで選ばない

ピラティスの通信講座は、通学制と比べると0がひとつ少ないくらいの値段になっています。

安さに惹かれて通信を選ぶ方も多いですが、資格は使えないと意味がありません。

安い通信資格の中には、知名度が低く、面接などでピラティスインストラクター資格として認知してもらえないものもあります。

資格を取り直すことになると逆にお金がかかるので、安さだけで資格を選ぶのはやめましょう。

目的に合った資格かよくチェック

例えば、「いつか海外でもピラティスを教えてみたい」と思っている方は、国際的に通用する資格を選ぶ必要があります。

このような場合は、通信で取得できる国際的な資格はかなり少ないので注意が必要です。

通信で取得できる資格は安く、短期の取得が可能な代わりに、活用できる場面が少ないことも多いです。

取得の前に、目的に合った資格かよくチェックしましょう。

ピラティス資格の通信取得は慎重に検討しましょう

ピラティス資格の通信取得は慎重に検討しましょう

コロナ禍で通信のニーズは高まっています。

この機会に通用での養成講座の開設を始めたという大手の資格もあるようです。

ピラティス資格の通信取得は、慎重に検討しましょう。

>>ピラティスの資格はどれがおすすめ?初心者が目指すべき資格を解説

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。