【専科レビュー】産後ケアトレーニングを学ぶ理由

 

あえて‟出産経験の無い“ヨガ講師に聞きました!

産後ケアトレーニング講座って、何をするんですか??」

RYT200を取得する前に資料をみる

「対象者は産後の方だけではない」

YMC仙台校 藤井梨紗先生

この講座の魅力やおすすめポイントを教えてください!

 

産後ケアトレーニングは、産後の方にはもちろん有効なものですが、その他の方々にも広く知ってほしい知識が詰まっています!

 

例えば、骨盤底筋群のトレーニングを分かりやすく学べることが、大きな魅力です。

骨盤底筋群は、いわゆるインナーマッスルと呼ばれるもので、日常生活ではなかなか意識しにくい筋肉です。意識できないということは、使われずに衰えやすいということでもあります。

ヨガなどの運動時、「内腿から引き上げるように」「軽くお尻の穴を締めるような」という言葉を聞くこともありますが、骨盤底筋群の観点から、これらを説明することもできます。より機能的な体の使い方ができるようになります。

講座を通して得た知識をもとに、独自で骨盤底筋群の講座やワークショップを開くことも可能ではないでしょうか。

 

また、産後ケアトレーニングは、ピラティスの知識をベースにしています。確かな根拠のもと、骨盤底筋群を含め、体幹を鍛えることができ、姿勢改善にもつながります

嬉しいことに、姿勢改善と骨盤周りのトレーニングは、ポッコリお腹をひきしめたり、下半身痩せの効果も期待できます!

この講座はヨガに特化したものではありませんので、運動習慣の入り口として幅広い方々におすすめできる内容になっていると思います。

 

これらのトレーニングは、独学では、できているかどうかの判断もできません。実技の時間が多いのも講座の特徴ですので、先生の指導のもと、正しいトレーニングを習得できます。

頭だけではなく、しっかりと体で覚える=身につけることができるはずです。

 ぜひ産後ケアトレーニングの効果を実感し、広めていってください!

 

「男性が学ぶ必要性とは?」

YMC新宿校 本田雄介先生

今度は男性目線でお話を聞いてみました!

 

私自身、結婚をしておらず、出産をするわけではないため、正直なところ関わりが薄いように感じていました。
興味が無いというわけではないけれど、いまいち必要性が実感しにくかったのです。

 

ですがある時、YMCのヨガ講師が集まり、産後ケアに関する勉強会をする機会がありました。
産後の女性の身体はどうなっているのか、なぜそのような状態になるのか。
勉強会での内容は、出産~産後におけるごく一部分、ちょっとした導入部分だけでしたが、恥ずかしいほどに知識と理解に欠けている自分に気づきました。

まず最初に思ったのは、「産んでくれてありがとう」という母への感謝。
様々な苦難を乗り越えて…と言うと大袈裟ですが、出産が体に負担とリスクをもたらすという事実を垣間見て、素直にそう思いました。

そして、改めて考えてみました。普段自分がレッスンや講義を行っているのは、どんな方たちが対象か?圧倒的に女性が多く、出産経験のある方が占める割合も大きいのではないか?
であるならば、もっと寄り添える方法もあるはずです。

女性の心と体について理解を深める方法の一つが、産後ケアトレーニングです。
ある先生が、「産後は産んで数か月、1~2年のことを言うのではない。一生産後」だと仰っていました。産む前と産んだ後では全く違う体なので、ある意味当然です。

また、出産経験に関わらず、女性自身が自分の体についてほとんど何も知らないのではないでしょうか。
そもそもの男性と女性の体の違い、ホルモンバランス、それらがいかに普段の生活と心にも影響を及ぼすか。

そんな視点から見た時に、この講座を必要とする人がたくさんいると思います。
自分のためにも、誰かのためにも。

まとめ

最初は「産後」という言葉に引っ張られがちになってしまいますよね。

けれども先生たちが仰るように、この講座はどんな方にとっても、自分事としてとらえることのできる内容なのだと思います。

自分の体を知って誰かのために活かすこと、知識と方法を身につけて貢献することが、社会全体を少しずつ豊かにしていくのではないでしょうか。

トレーニングは、多少しんどそうな面もあるようですが…(笑)

たくさんの人の笑顔につながっていったらよいですね!

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報