SPARK用のタグ

体が硬い人がヨガを行うメリット3つ!柔軟性を高める効果とは?

副交感神経を高めるヨガポーズ3選

体が硬いことを自覚しつつも「日常生活には特に問題はない」と、気に留めない方も少なくありません。

ですが、体の柔軟性を高めることは、さまざまなメリットをもたらしてくれるもの。

今回は、体が硬い人がヨガを行うメリット3つをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

体が硬くてもヨガはできる?

体が硬くてもヨガはできる?

体が硬くても、もちろんヨガはできます。

その一方で、「私は体が硬いからヨガは向いていないかも…」というような声を耳にするのも事実です。

ですが、実は体が硬い人こそ、ヨガのメリットを深く実感できるものなのです。

もちろん、ヨガのポーズの中には、高い柔軟性が必要なものもあります。

「体が硬くてポーズができなかったら恥ずかしい」と思ってしまうかも知れませんが、ヨガは継続することで体が柔らかくなり、できるポーズも増えてきます。

そして体が硬くても大丈夫なように、ポーズにはさまざまな軽減法もあります。

そして体が硬い人ほど、ヨガによる体の変化を感じやすく、ヨガのメリットを体感できるのです。

体が硬い原因は何?主な原因2つ

体が硬い原因は何?主な原因2つ

年齢とともに体は硬くなり、「昔はできた前屈ができなくなった」なんてこともあるものですよね。

体が硬くなるのには、いくつかの原因があるもの。

体が硬くなる主な原因2つをご紹介します。

運動不足

運動不足
運動不足は体が硬くなる大きな原因の一つです。

筋肉は使われないと硬くなってしまうもの。

筋肉が硬くなってしまうと、筋肉によって動かされる関節の可動域が狭まり、結果として体が硬くなってしまいます。

デスクワークなどで毎日、長い時間座りっぱなしだったり、定期的に体を動かす習慣がなかったりすると、使われていない筋肉はどんどん硬くなってしまうのです。

ストレス

ストレス

緊張すると、体に力が入るのは想像がつきますよね。

ストレスは交感神経を優位にして、脳を活動的にし、体の筋肉を緊張させます

そのような状態が長時間続くと、筋肉の緊張が取れず、収縮して硬くなってしまいます。

日常的にストレスを感じていると、いつも筋肉が収縮したままになってしまい、体は硬くなってしまうのです。

体が硬い人がヨガを行うメリット3つ

体が硬い人がヨガを行うメリット3つ

体が硬いことに慣れていると、あまりデメリットを感じないかも知れません。

ですが体が硬い人ほど、ヨガで体を柔らかくすることで、さまざまなメリットを実感できるでしょう。

体を柔らかくするメリット3つをご紹介します。

怪我の防止

怪我の防止

体が硬いと、怪我をする確率も高まってしまいます。

動きにくい関節は、怪我の大きな原因の一つ。

体を柔らかくすると、関節の可動域が広がり、筋肉の伸縮性も高くなります。

そうすることで体にバネができ、体に受ける衝撃を緩和できて、怪我の防止につながるのです。

血行促進

血行促進

体が硬いというのは、筋肉が収縮している状態です。

筋肉が収縮して固まっていると、血流も滞ってしまいます。

血行が悪いと、血液によって運ばれる栄養が体に行き渡らなかったり、老廃物も流れにくく成ってしまいます。

そのため、むくみや疲労の蓄積、冷え性などの、さまざまな体調不良を引き起こしてしまうもの。

体を柔らかくすることで、血液やリンパの循環が改善し、体調を整えることにつながるのです。

ダイエット効果

ダイエット効果

体を柔らかくすることは、ダイエットにも効果がみられます。

筋肉が収縮して硬くなっていると、老廃物が流れにくかったり、血行不良で体が温まりにくかったりして、太りやすくなってしまいます。

筋肉が柔らかくなると、関節の可動域が広がって全身が動きやすくなり、循環が良くなって痩せやすい体につながります。

ご飯を減らしてもダイエットに成功しない方は、体の柔軟性を高めるように意識すると、痩せやすくなる可能性があるのです。

体が硬い人におすすめのヨガとは?

体が硬い人におすすめのヨガとは?

ヨガに慣れていない場合は、まずは初心者向けのヨガレッスンを受けてみましょう。

ヨガは継続することで、体の柔軟性がアップします。

ヨガではさまざまなポーズをして、日常では使わない筋肉を使い、全身をバランスよく動かして体を柔らかくしてくれます。

あまり運動量が多くないリラックス系のヨガでも、柔軟性アップの手助けになります。

ヨガは深い呼吸でリラックスすることで、副交感神経を優位にし、筋肉の緊張をほぐしてくれるのです。

また、特に体が硬い人には、ホットヨガもおすすめです。

暖かい部屋の中では冷たい環境より筋肉が柔らかくなり、関節の可動域も広がって動きやすくなります。

そのような環境で全身をほぐすことで、柔軟性アップにつながるでしょう。

体が硬い人こそヨガで柔軟性を高めよう!

体が硬い人こそヨガで柔軟性を高めよう!

体が硬い人はヨガを敬遠しがちですが、そんな人にこそ、ヨガを体験して欲しいものです。

ヨガを継続すると、体は徐々に柔らかくなります。

ヨガで体を柔らかくするメリットを、ぜひ体感してみてください!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報