SPARK用のタグ

代謝アップの鍵は太もも?太ももを引き締めるヨガポーズ3選

代謝アップの鍵は太もも?太ももを引き締めるヨガポーズ3選

太ももにお肉がついて困っている方は多いですよね。

太ももは鍛えることで引き締まり、ダイエット効果も得られるのはご存知でしょうか?

今回は太ももの筋肉についてと、引き締めるためのヨガポーズ3選をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

太ももを引き締めるメリットとは?

太ももを引き締めるメリットとは?

太ももはカラダの中でも1番大きな筋肉です。

鍛えたり伸ばしたりすることで、さまざまなメリットが得られるもの。

太ももを引き締めるメリットをご紹介します。

冷え性改善

冷え性改善

筋肉はカラダに熱を作る働きをしています。

冷え性の方などは、筋肉不足な場合も多いもの。

カラダの中で1番大きな筋肉である太ももは、比較的鍛えやすい筋肉であり、鍛えることで基礎代謝をアップさせ、カラダを温めてくれます

太ももを引き締めることは、冷え性改善につながるのです。

ダイエット効果

ダイエット効果

カラダの筋肉量が増えると代謝が上がり、太りにくく痩せやすいカラダになります。

太ももは大きな筋肉なので、鍛えることで筋肉量が増え、エネルギーを消費します。

太ももを鍛えるのは、効率よくダイエットする方法のひとつなのです。

引き締めたい太ももの筋肉

引き締めたい太ももの筋肉

太ももは大きな筋肉からできています。

その中でも、太ももの前側にある「大腿四頭筋」と後ろ側にある「ハムストリングス」は鍛えておきたい筋肉です。

ふたつの筋肉の役割についてご紹介します。

大腿四頭筋

大腿四頭筋

「大腿四頭筋」は、太ももの前面にある筋肉。

大腿直筋、外側広筋、内側広筋、中間広筋という4つの筋肉からできており、カラダの中で1番大きくて力を発揮する筋肉です。

大腿四頭筋は、立ったり歩いたりするのに不可欠な筋肉であり、この筋力が衰えてしまうと、立ち上がりや歩行が困難になってしまいます。

また、この筋肉をケアすることはヒザ痛の緩和につながる場合もあります。

1番大きな筋肉なので、この筋肉の低下は代謝を下げてしまいます。

鍛えることで代謝をアップさせ、ダイエットにもつながる筋肉なのです。

ハムストリングス

ハムストリングス

「ハムストリングス」は太ももの裏側にある筋肉。

大腿二頭筋、半腱様筋、半膜様筋という3つの筋肉からなっています。

ハムストリングスも大きな筋肉のひとつであり、鍛えることで代謝が上がり、痩せやすいカラダにつながります

大腿四頭筋を鍛えるとともに、ハムストリングスも鍛えないと、筋肉のバランスが悪くなってしまい怪我の原因にもなってしまいます。

どちらも一緒に鍛えてあげましょう。

ハムストリングスが硬くなると、腰痛の原因にもなってしまうので、よく伸ばして柔らかくすることで腰痛緩和にもつながります。

太ももを引き締めるヨガポーズ3選

太ももを引き締めるヨガポーズ3選

部分別に、カラダの筋肉を鍛えることができるヨガポーズ。

今回ご紹介するのは、大腿四頭筋やハムストリングスを鍛えたり伸ばしたりできるポーズです。

3つセットでチャレンジしてみましょう!

戦士のポーズ2

戦士のポーズ2

下半身を使う戦士のポーズは、太ももやお尻まわりを鍛えるのに適したヨガポーズです。

戦士のポーズ2は、骨盤を開き腰を低くして太ももを引き締めるポーズ。

戦士のような力強い形で、心も安定させてくれます。

戦士のポーズ2のやり方
  1. 手を横に開き、手のひらの下に足がくるように、足幅を広くして立つ。
  2. 息を吸いながら両手を上に上げる。
  3. 息を吐きながら両手を横に開きつつ、右足のヒザを90度に曲げる。顔の向きは右を向く。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら反対側も同じように行う。

前方に伸ばした手から、後ろに伸ばした手が一直線に伸びるようにしましょう。

曲げたヒザとつま先の方向が同じになるように注意しましょう。

半分の猿王のポーズ

半分の猿王のポーズ

ハムストリングスやヒザの裏などをストレッチできる半分の猿王のポーズ。

ハムストリングスを伸ばして、腰痛の緩和や、足のむくみの改善などに効果的なポーズです。

ハムストリングスが固まっている人には痛く感じる可能性があるので、無理のない範囲で行いましょう。

半分の猿王のポーズのやり方
  1. 四つん這いになり、右足を手の手の間に踏み出す。
  2. 息を吸いながら、できるだけ背骨を伸ばし、吐きながらお尻をゆっくりと後ろに引く。右足のつま先は曲げる。
  3. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  4. 終わったら反対側も同じようにやる。

無理矢理ストレッチすると、ケガの原因になってしまいます。

手で床を押して、上半身を引き上げながら行いましょう。

半分のカエルのポーズ

半分のカエルのポーズ

大腿四頭筋をしっかりと伸ばせる半分のカエルのポーズ。

大腿四頭筋は使いすぎると疲労して、硬くなりやすいので、運動後にはストレッチが欠かせません。

肩まわりもほぐせるので、姿勢改善にも効果的なポーズです。

半分のカエルのポーズのやり方
  1. うつ伏せになって足は肩幅程度に開く。
  2. 上体を起こしてヒジを肩の下に置き、スフィンクスのポーズになる。
  3. 右手を後ろに伸ばして、右ヒザを曲げて右足の甲をつかむ。
  4. ゆっくり息を吸い、吐きながらカカトをゆっくりとお尻の方に押す。
  5. そのまま3〜5回呼吸する。
  6. 終わったら反対側も同じようにやる。

腸腰筋のストレッチにもなり、腰痛にも効果的なポーズです。

太ももを引き締めて効率的にダイエット!

太ももを引き締めて効率的にダイエット!

太ももが引き締まると、足全体がキレイに見えます。

代謝アップにもつながるので、積極的に鍛えたいですね。

太ももを引き締めるヨガポーズ、ぜひ試してみてください!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報