SPARK用のタグ

お風呂上りにやると有効なヨガポーズの効果とやり方

お風呂上りにやると有効なヨガポーズの効果とやり方

夜にゆったりとお風呂に入ってリラックスし、その後にヨガでさらに健康的に…と思う方もいるでしょう。

お風呂上がりヨガには効果もありますが、いくつかの注意点もあります。

今回はお風呂上がりのヨガについてと、おすすめのヨガポーズをご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

お風呂上がりにヨガをしてもいいの?

お風呂上がりにヨガをしてもいいの?

お風呂上がりにヨガをする場合は、ゆっくりと動くリラックス系のヨガがいいでしょう。

お風呂の後は副交感神経が優位になっている状態です。

特に、夜にお風呂に入り、これから寝るという場合には、激しく動くヨガをすると、交感神経が優位になってしまいます。

入浴後のヨガは、セルフマッサージなどを取り入れて、軽く伸ばす程度にしましょう。

お風呂上がりにヨガをする効果とは?

お風呂上がりにヨガをする効果とは?

お風呂上がりはカラダも温まってリラックスしている状態。

そんな時にヨガをすると、どのような効果が得られるのでしょうか?

お風呂上がりにヨガをする効果をご紹介します。

動きやすい

動きやすい

お風呂上がりはカラダが温まっており、カラダが伸ばしやすく、動かしやすくなっています。

普段よりもカラダが柔らかく感じられるでしょう。

ただ、動きやすいため、ケガもしやすいので注意しましょう。

寝やすくなる

寝やすくなる

お風呂上がりは副交感神経が優位になっています。

なので、ゆっくりとした呼吸法や瞑想なども取り入れたヨガを行うことで、さらにリラックスできます。

お風呂上がりの軽いヨガは、眠りの質を高めることが期待できます。

マッサージ代わり

マッサージ代わり

お風呂上がりは血行が促進されている状態です。

乳液などをつける時に、マッサージ代わりに筋肉をさすったり、ほぐしたりするのは美容にも効果的です。

セルフマッサージなどを取り入れたヨガで、リラックス効果を高めましょう。

お風呂上がりのヨガの注意点は?

お風呂上がりのヨガの注意点は?

お風呂上がりはカラダの柔軟性がアップし、血行も良い状態です。

そのようなタイミングで行うヨガは、どんなことに注意すればいいでしょうか?

お風呂上がりヨガの注意点をご紹介します。

激しくないヨガを

激しくないヨガを

お風呂上がりはカラダか温まり、筋肉などがゆるんだ状態です。

なのでカラダは普段よりも動かしやすいでしょう。

だからこそ、動きすぎるとケガをする危険性が高いのです。

入浴後のヨガは、できるだけゆっくりと軽めのものを行いましょう。

水分補給

水分補給

お風呂上がりは水分が失われた状態です。

水分不足の状態でヨガを行うのは、カラダに良くありません。

水分補給を忘れずに行いましょう。

お風呂上がり直後はやめる

お風呂上がり直後はやめる

入浴直後にヨガを行うと、血流が良すぎるため、めまいや吐き気などを催すことも。

お風呂から上がった直後にヨガをするのは控えましょう。

できたら30分以上空けて、カラダが落ち着いてから行いましょう。

お風呂上がりに有効なヨガポーズ3選!

お風呂上がりに有効なヨガポーズ3選!

お風呂上がりには、ゆっくりとした呼吸とともにリラックスできるヨガがおすすめです。

ゆったりと気持ちよく行えるヨガポーズ3選をご紹介します!

デコルテのストレッチ

デコルテのストレッチ

お風呂上がりには、デコルテをストレッチすることで、美肌効果が期待できます。

耳の後ろから鎖骨にかけてつながっている、胸鎖乳突筋は、頭を支える大事な筋肉。

深い呼吸とともに伸ばしてあげましょう。

デコルテのストレッチのやり方
  1. 右手で左の鎖骨を軽く押さえる。
  2. 頭のてっぺんを右斜め後ろに倒し、左の首の筋肉(胸鎖乳突筋)を伸ばす。
  3. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  4. 反対側も同じように行う。

肩こり緩和や首こりにも効果的なストレッチです。

合せきのポーズで体側伸ばし

合せきのポーズで体側伸ばし

合せきのポーズは股関節の柔軟性を高めるポーズです。

これに体側伸ばしを加えて、腕からワキ、お腹の横から腰まで、体側を気持ちよく伸ばしてあげましょう。

合せきのポーズのやり方
  1. 床に座り、両足を前に伸ばす。
  2. ヒザを曲げて開き、足の小指が床につくように足裏を合わせる両足の親指をつかみ、カラダに引き寄せる。
  3. 息を吸いながら左手を横からまわして上に伸ばす。(背筋もまっすぐに伸ばす)
  4. 息を吐きながら右側へ上体を傾ける。ポーズをキープし、3~5回呼吸する。
  5. 反対側も同じように行う。

腰のあたりが丸くならないように、まっすぐな姿勢で行いましょう。

ワニのポーズ

ワニのポーズ

ウエストをねじって、腰まわりをストレッチするワニのポーズ。

骨盤の矯正効果も期待でき、ベッドに寝たまま寝る前に行うことも可能です。

リラックス効果の高いポーズです。

ワニのポーズのやり方
  1. 仰向けに寝て右ヒザを曲げ、胸に引き寄せて抱える。
  2. 抱えたヒザを、骨盤ごとゴロンと左に倒し、左手右手のヒザに添えておく。
  3. 右手は真横に伸ばし、目線も同じ方に向ける。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 反対側も同じように行う。

両方の肩を床に近づけるようにしましょう。

お風呂上がりにゆったりヨガでリフレッシュ!

お風呂上がりには、リラックス系のヨガがおすすめです。

ゆったりとしたヨガを行うことで、寝付きが良くなることも期待できます。

お風呂とヨガのコンボで、心身の疲れを癒しましょう。

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報