大きな経験となる出張ヨガインストラクターとは?相場、資格、注意点からなり方までご紹介

出張ヨガインストラクターとは?

ヨガのニーズは増加傾向にあり、色々なヨガサービスも年々増えています。

出張ヨガインストラクターも、最近増えているヨガサービスのひとつ。

今回は出張ヨガインストラクターのなり方や働き方についてご紹介します。

出張ヨガインストラクターとは?

主張ヨガインストラクターとは?

出張ヨガインストラクターとは、スタジオに生徒さんが訪れてレッスンを受ける普通のヨガとは違い、指定された場所に出向いてヨガを教えるヨガインストラクターのこと。

ヨガを習いたくてもスタジオに来られない方もいるので、一定のニーズがあるお仕事なのです。

出張ヨガインストラクターの概要についてご紹介します。

どこに出張するの?

出張ヨガインストラクターは、ニーズに合わせて色々な場所に出向くことになります。

ヨガインストラクターが出張先
  • オフィス
  • 介護施設
  • イベント
  • お客さんのご自宅

その中でも多い出張先は、グループレッスンではオフィスや介護施設、個人レッスンの場合は個人の自宅などです。

オフィスの場合は社員に向けた朝の体操の指導として呼ばれたり、定期的なオフィスでのヨガイベントに呼ばれたりします。

介護施設などでは健康促進のためのシニアヨガのエクササイズが多いでしょう。

プライベートレッスンは、忙しくて家から通う暇がない主婦の方などからニーズがありますよ。

出張ヨガインストラクターの相場は?

出張ヨガインストラクターの相場は、普通のヨガレッスンよりも少し高めに設定されています。

場所や時間帯、クラス内容を相手の希望に合わせて提供するので、その分普通のヨガスタジオのレッスンより相場が高いのでしょう。

1クラス単位の値段はヨガインストラクターを派遣する会社にもよりますが、1クラス6,000〜10,000円程度が相場。

もちろん、内容によってはもっと多いことも。

交通費が含まれるか含まれないかなどは、会社によって異なるようです。

出張ヨガインストラクターも資格は必要?

出張ヨガインストラクターには、経験も資格もあるヨガインストラクターが求められます。

単独で出張先に出向いて、ひとりでレッスンを進めなくてはいけないため、指導経験がほとんどない初心者だと難しいでしょう。

ヨガ資格を取得していることも重要になります。

ヨガインストラクターを派遣する会社は、相手先のオフィスなどが安心してヨガレッスンを受けられるインストラクターを派遣しないといけません。

その際に資格があるヨガインストラクターだと、しっかりヨガを学んだ人として相手先にも信頼してもらえます。

その場合もRYT200のような知名度の高いヨガ資格を取得していると、信頼につながりやすいでしょう。

出張ヨガインストラクターにも、ヨガ資格の取得は重要なポイントです。

どのヨガ資格がいいのか?については次の記事で詳しく述べていますので、ぜひ読んでみてくださいね。

出張ヨガインストラクターのなり方は?

出張ヨガインストラクターのなり方は?

出張ヨガインストラクターは、色々なタイプの人にヨガを教える経験をつむことができるお仕事です。

出張ヨガインストラクターのなり方をご紹介しましょう。

出張ヨガサービスに登録

出張ヨガインストラクターになるには、出張ヨガサービスを専門にしている会社に登録して働く方法があります。

ネットで出張ヨガインストラクターの求人を探すと見つけられます。

ヨガインストラクターの求人が載っているフィットネス系の求人サイトや、出張ヨガサービスを行う会社のホームページに求人が載っていることが多いです。

口コミ

ヨガインストラクターとしての経験を積んでいけば、出張ヨガインストラクターになれるチャンスは広がっていきます。

ヨガインストラクターとしてヨガスタジオなどでクラスを担当していると、生徒さんやスタジオの経営者から口コミで頼まれるというケースもあります。

口コミだと相手のニーズが把握しやすく、信頼関係も築きやすいという利点があるでしょう。

まだ、ヨガインストラクターの口コミがあまりない人は、まずは地道に普通のヨガインストラクターとしての経験を積んでいくことが大事。

次の記事でヨガインストラクターの求人の探し方について紹介しているので、ご参考ください。

出張ヨガインストラクターをする時の注意点とは?

出張ヨガインストラクターをする時の注意点とは?

出張ヨガインストラクターは普通のヨガスタジオで教えるのとは、少し内容が違い、相手のニーズにそった対応が必要になります。

出張ヨガインストラクターとして働く時の注意点をご紹介しましょう。

レッスン内容

出張ヨガインストラクターの場合、普通のレッスンと最も違うのはヨガクラスのレッスン内容でしょう。

例えば、オフィスに派遣された場合、ヨガレッスンのために着替えをしている場合もありますが、そうではなくスーツやオフィス仕様の服装のまま、というケースも多いです。

その場合は相手の服装にも合わせて、足を大きく上げたりするポーズは避けたり、服を着たままでも問題がない手軽なストレッチにしたりしなければなりません。

みんながヨガのレッスンを目的に受けに来るヨガスタジオとは違い、ヨガは全然知らないけど会社の方針に合わせてヨガを受けている、という人達が多いケースもあるので注意してください。

出張ヨガインストラクターは、様々なケースにも柔軟に対応できる能力が必要になるのです。

ロケーション

出張先のロケーションもチェックポイントのひとつ。

出張ヨガインストラクターは、ニーズに合わせて公共交通機関の本数が少ない、交通が不便な場所に派遣されることもあるでしょう。

そうするとレッスンよりも移動に時間がかかってしまい、1クラスの単価が高くても時間と労力に見合わない場合もあります。

ロケーションをチェックするのも、出張ヨガインストラクターとして働く時のポイントになります。

経験を積んだら出張ヨガインストラクターになろう

出張ヨガインストラクターも経験になる

現在では、オフィスや介護施設でヨガを取り入れるところも増えています。

なので出張ヨガインストラクターをすると、普段は出会わない種類の人達にヨガを教える機会もあります。

色々な人にヨガを教えることは、間違いなくヨガインストラクターとして大きな経験になりますよ。

ヨガインストラクターのステップアップとして、出張ヨガインストラクターを経験するのも大事な勉強になるでしょう。

ちなみに「これからヨガインストラクターになろう」「ヨガ資格をとって出張ヨガインストラクターとしての活躍もしていこう」と思っているのであるのであれば、当スクールでも養成コースを提供していますので、ぜひ次のボタンで情報を集めてご検討くださいね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。