SPARK用のタグ

クーラーで体が冷える!夏の冷えに効くヨガポーズ4つ

冷え性と言えば冬が辛いイメージですが、夏の冷えに悩まされる方も意外と多いものです。

夏の冷えはどのように対策をしたらいいのでしょうか?

今回は夏の冷えの原因や、対策に効果的なヨガポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

夏にカラダが冷える原因4つ

夏にカラダが冷える原因4つ

夏は暑い季節ではありますが、それと同時にカラダを冷やしてしまいがちな季節でもあります。

夏の生活習慣の中には、カラダを冷やしてしまう行為がたくさんあります。

夏にカラダが冷える主な原因を見直してみましょう。

冷たい飲み物・食べ物

夏はスイカやアイスクリーム、冷たい麺類や冷たい飲み物など、冷たい物が美味しい季節です。

ですが、冷たい飲食物ばかり摂ってしまうと、カラダの冷えの原因に…。

冷たいものばかり摂取して体内が冷えてしまうと、内臓機能が低下し、カラダ全体の冷えにつながりやすくなってしまうのです。

冷房

冷房は夏の冷えの大きな原因と言えます。

特に職場の冷房が効きすぎていたり、エアコンの風が直に当たる場所にデスクがあったりすると、夏の冷え性の原因になってしまいます。

それらを自分で調整できない場合は、薄着をしない、ブランケットや使い捨てカイロを使うなどの寒さ対策が必要です。

自律神経の乱れ

夏は自律神経が乱れやすい季節です。

暑い屋外と、エアコンが効いた室内とでは10度以上の温度差があることも。

激しい温度差は自律神経の乱れにつながり、カラダの冷えや不調につながってしまいます。

シャワーのみ

夏は暑くて入浴が面倒になり、シャワーだけで済ませてしまう場合も多いですよね。

ですが、夏でも湯船に浸かることは寒さ対策に大切なポイントです。

湯船に浸かることは心身をリラックスさせて自律神経を整えたり、実は冷えがちなカラダの芯を温めたりなどの効果があります。

夏の冷えにヨガが効く理由とは?

夏の冷えにヨガが効く理由とは?

カラダを動かすことは、血行促進につながり、夏の冷え対策にもなるもの。

特に、ヨガには夏に乱れがちな自律神経を整える効果もあるのです。

さらに、ヨガはインナーマッスル強化に適したエクササイズでもあるため、カラダの深部の筋力をアップし、冷えにくいカラダ作りにもつながるのです。

夏の冷えに効くヨガポーズ4つ!

ヨガはカラダを内側から温めてくれます。

暑い日でも室内でできるので、夏の運動にはヨガがおすすめ!

夏の冷えに効くヨガポーズ4つをご紹介します。

座ったままのねじりのポーズ

座ったままのねじりのポーズ

ヨガの「ねじる」という動作は、内臓を刺激してカラダを芯から温めてくれます。

今回ご紹介するのは、座ったまま簡単にできるねじりのポーズです。

オフィスでもできるので、夏の寒さ対策に試してみてください。

やり方
  1. イスに浅く腰かける。
  2. 左足を右足の上に足を組む。
  3. 左手は自分の後ろに置き、右ウデは伸ばしたまま左ヒザの外側にかける。
  4. 息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら上半身を左にねじる。
  5. そのまま3〜5回呼吸する。
  6. 終わったら反対側も同じようにやる。

腕とヒザを押し合う力を了解して、ウエストから深くねじりましょう。

半蓮華座の前屈のポーズ

半蓮華座の前屈のポーズ

ポーズの形がハスの花に似ていることから、蓮華座のポーズと呼ばれています。

今回はそれを半分ずつ行いながら、前屈をします。

下半身はもちろん、上半身のストレッチにもなり、全身の血行促進につながります。

やり方
  1. 長座になる。左足を曲げて、右足の太ももの上か、付け根の近くに置く。
  2. ゆっくり息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら前に上体を倒す。
  3. そのまま3〜5回呼吸する。
  4. 終わったら反対側も同じように行う。

前屈したら首まわりも力を抜いて、頭も楽にしましょう。

かんぬきのポーズ

かんぬきのポーズ

体側を気持ちよくストレッチするかんぬきのポーズ。

初心者でも挑戦できるポーズのひとつ。

脇まわりのリンパの循環を促して、血行促進につながります。

やり方
  1. 立ちヒザになり、ヒザの間はゲンコツふたつ分ほど空ける。
  2. 右足を横に伸ばし、伸ばした足先とヒザが同じ方向を向くようにする。
  3. ゆっくりと息を吸いながら左手を上にあげ、吐きながら上体を右にたおす。右手は右足に軽く添えておく。
  4. そのまま3〜5回呼吸する。
  5. 終わったらカラダを元に戻し、反対側も同じようにやる。

カラダが前傾してしまうと効果が半減してしまうので、背筋を伸ばしながら行いましょう。

三日月のポーズ

三日月のポーズ

全身で三日月のように弧を描くポーズ。

デスクワークなどで猫背になりがちな背中を伸ばし、股関節も深くストレッチします。

全身の血行促進につながるポーズです。

やり方
  1. 四つん這いの状態になり、肩の下に手が骨盤の下にヒザがあるようにする。
  2. ゆっくり息を吸い、吐きながら右足を両手の間に大きく踏み出す。
  3. 左足は床にヒザ、つま先を下ろす。
  4. 右足のヒザは90度に曲がるように調整する。
  5. ゆっくりと上半身を起こし、息を吸いながら背中を引き上げる。
  6. 息を吐きながら両手を胸の前で合わせて、吸いながら天井に向かって伸ばす。視線も斜め上に。
  7. そのまま3〜5回呼吸する。
  8. 反対側も同じように行う。

背中を反らそうと意識しするよりも、背骨を伸ばすようにイメージしてみましょう。

ヨガポーズで夏の冷え対策!

ヨガポーズで夏の冷え対策!

夏の冷えは、カラダを動かして、中から温めるのがおすすめです。

冷たい飲み物・食べ物が美味しい季節ですが、カラダの冷え過ぎには要注意。

夏の冷えに効くヨガポーズ、ぜひ試してみてくださいね!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報