ホットヨガと常温ヨガは何が違うの?それぞれのメリット・デメリットを解説!

ホットヨガと常温ヨガは何が違うの?それぞれのメリット・デメリット

ヨガを習っている人の中には「ホットヨガしか受けたことがない」と言う方や、逆に「常温しか受けたことがない」と言う方もいます。

ホットヨガ、常温ヨガ、それぞれに違いがあり、メリット・デメリットも違うものです。

今回ご紹介するのは、ホットと常温の違いや、それぞれのメリット・デメリット。

違いを知ってさらにヨガを楽しみましょう!

RYT200を取得する前に資料をみる

ホットヨガと常温ヨガの違いとは?

ホットヨガと常温ヨガの違いとは?

ホットヨガは暑い、常温ヨガは暑くない、というような、ザックリとしたイメージを抱いている方は多いと思います。

具体的にはどのような違いがあるのでしょうか?

ホットヨガと常温ヨガの違いをご紹介します。

ホットヨガ

ホットヨガ

ホットヨガとは、1970年代にインド人のビクラム・チョードリー氏によって考案されたヨガです。

ホットヨガのレッスンは、室温35〜40度、湿度が55〜65%程度に設定された、蒸し暑い室内で行われます。

この高温多湿な室内は、ヨガの発祥の地であるインドの環境に近い状態を再現したものです。

その後に、ホットヨガはアメリカのハリウッドセレブの間で大ブームを博し、それがキッカケとなり、世界中に広まりました。

常温ヨガ

常温ヨガ

ホットヨガに対して常温ヨガは、スタジオ内の温度や湿度を変えずに、普通の環境で行うヨガのことです。

常温ヨガでは、アーサナや呼吸法によって、自分自身のカラダで熱を生み出します

ホットヨガほど汗をかかないことがほとんどです。

常温ヨガでは、色々な種類のヨガが行われ、運動量が高いものから、瞑想が多く運動量が少ないものまで種類が幅広く、呼吸法もさまざまなものを行います。

ホットヨガのメリットとは?

ホットヨガのメリットとは?

高温多湿な室内で行うホットヨガ。

サウナ感覚で、女性人気も高いですよね。

ホットヨガの主なメリットをご紹介します。

初心者に優しい

初心者に優しい

大手のホットヨガスタジオでは、初心者からヨガを始める方が8割以上のところもあり、ヨガ初心者が多いのが特徴のひとつです。

初心者向けのレッスンが多いため、初めてヨガを受ける方でも安心です。

初心者に優しく、ヨガに挑戦するハードルが低いので、ヨガ初心者にとってメリットが多いです。

柔軟性アップ

柔軟性アップ

ホットヨガは、カラダを柔らかくしたい人に向いているヨガです。

ホットヨガは普段よりも暖かい室内で行うため、常温よりもカラダが柔らかくなりやすいのがポイント。

暖かい環境では、普段よりもカラダの可動域が広がりやすく、そのような環境でヨガを行い、さらに可動域を広げることで、常温ヨガよりも柔軟性がアップしやすいのがメリットです。

汗をかける

汗をかける

ホットヨガでは、その環境にいるだけで、ほとんど何もしなくても汗をかけます。

蒸し暑い室中で行うため、少しの運動でたくさん汗をかき、スッキリできます。

通常ではあまりかかないほどの汗をかくので、終わった後の爽快感があるのは、メリットのひとつです。

ホットヨガのデメリットとは?

ホットヨガのデメリットとは?

汗をかける、柔軟性が高まるなどの効果が得られるホットヨガ。

知っておいた方がいい、デメリットは何なのでしょうか?

ホットヨガのデメリットを3点ご紹介します。

運動量が少ない

運動量が少ない

ほとんどのホットヨガは、常温ヨガよりも運動量が低く設定されていることが多いです。

蒸し暑い室内で行われ、常温ヨガよりも負荷があるため、安全のために行われないポーズや呼吸法もあります。

色々なヨガを楽しみたいヨガ経験者の場合、ホットヨガは物足りないこともあるでしょう。

肌が荒れることも

肌が荒れることも

汗をかくことはホットヨガのメリットのひとつですが、その影響で人によっては肌が荒れてしまうケースも。

もともとサウナで汗をかくことで、カラダの調子が良くなる方には向いているかも知れませんが、汗で肌が荒れやすい人や肌が弱い人の場合は、注意が必要です。

体調によってはおすすめしない

体調によってはおすすめしない

ホットヨガは少しの運動でもたくさんの汗をかくため、人によっては脱水症状が起こってしまう場合も。

高血圧や妊娠中の方、温度の変化に弱い人など、体調によってはホットヨガはおすすめできない場合もあります。

常温ヨガのメリットとは?

常温ヨガのメリットとは?

ホットヨガとは違い、普段の環境で行う常温ヨガ。

常温ヨガではどんな効果が得られるのでしょうか?

常温ヨガのメリットをご紹介します。

筋力アップ

筋力アップ

常温のヨガでは、運動量の高いものやハードなヨガポーズにも挑戦します。

なので、しっかりと筋力をつけたい方におすすめです。

また、自分のカラダの状態がわかりやすいので、使っている筋肉などを意識しやすく、筋力アップには常温ヨガが向いているでしょう。

さまざまなポーズや呼吸法に挑戦できる

さまざまなポーズや呼吸法に挑戦できる

大手のホットヨガスタジオでは、逆転のポーズなどが推奨されない場合もあり、行われるポーズに制限があります。

また、ホットヨガは普通のヨガに比べて深い呼吸がしにくいため、呼吸法も制限されます。

さまざまなポーズや呼吸法を試せるのは常温ヨガのメリットなのです。

常温ヨガのデメリットとは?

常温ヨガのデメリットとは?

ホットヨガと違い、さまざまな種類が楽しめる常温ヨガ。

常温ヨガにはどんなデメリットがあるのでしょうか?

2つのデメリットをご紹介します。

初心者には難しい場合も

初心者には難しい場合も

常温ヨガはレッスンの種類によっては、初心者の方にはハードルが高い場合もあります。

難易度の高いレッスンもあるため、自分に合ったクラスを選びましょう。

気温にカラダが左右されることも

気温にカラダが左右されることも

常温ヨガでは、寒い日はカラダがほぐしにくかったり、暑い日は怠かったりなど、気温にカラダが左右されることも。

体調によく耳を傾けながら、レッスンを受けましょう。

ホットヨガと常温ヨガは違いを知って楽しもう!

ホットヨガと常温ヨガは違いを知って楽しもう!

ホットヨガと常温ヨガは、環境もレッスン内容も違いがあります。

それぞれに違うメリット・デメリットがあります。

自分に合った、ヨガレッスンを楽しみましょう。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報