ヨガインストラクター資格を取得する学校を選ぶならここに気をつけよう!ヨガインストラクター養成学校の選び方

ヨガインストラクター養成スクール選び方

「ヨガインストラクターを目指そう!」と思ったら、ヨガ資格を取得できる学校を選ばないといけません。

今はヨガインストラクター養成学校の数は多く、どこに通うか迷ってしまいますね。

今回は、ヨガインストラクター資格を取得する学校を選ぶポイントをご紹介します!

ヨガインストラクター養成学校で取得できる資格をチェック

ヨガ資格のオススメはRYT?RYT200がヨガ資格のオススメである理由を分かりやすく解説

気になるヨガインストラクター養成学校が見つかったら、まずは取得できる資格をチェックです。

資格の種類は大きく分けて、RYTとそうでないものがあります。

ヨガインストラクターになりたいなら、1番ベーシックな資格RYT200が取得できる養成学校を選びましょう。

ヨガスクールが全米ヨガアライアンスにより認められたRegistered Yoga School(RYS)であれば、RYTの資格が取得可能です。

これからヨガインストラクターを目指す方には、RYT200の取得を強くオススメします。

RYT以外の資格を取得できるヨガインストラクター養成学校もありますが、ヨガインストラクター資格として認知してもらえないケースもあります。

ヨガサービスやヨガスクールから独自に出されている資格であり、国際的に認知度の高いものでないからという理由もありますが、何よりも取得にかかるハードルが違うためです。

RYT200の取得には最低でもヨガについて1ヶ月程度は学ぶ必要がありますが、他の資格は数日から数週間の短期で取得できるものもあり十分な学習期間を保証できません。

ヨガ資格には、少し時間とお金がかかってもRYT200を取得して損はないでしょう。

ヨガインストラクター資格を取得する学校のチェックポイント6つ

ヨガ資格取得スクールYMC東京・新宿校

RYT200の取得コースがある学校でも、養成講座の内容はそれぞれ差があります。

どこに気をつけてヨガインストラクター養成学校を選ぶといいかについて、ポイントを6つご紹介します。

チェックポイント①:どんなカリキュラムか

養成講座のカリキュラムは「実際に指導を受ける時間」「短期につめこみ過ぎてないか」などに注目しましょう。

全米ヨガアライアンスに制定されてはいても、スクールによってカリキュラムは違います。

個々にレッスンを受ける時間や宿題が多すぎずに、実際に講師から指導を受けられる時間が多い方がしっかり学べます。

また、授業が短期間につめこまれ過ぎていると、習う方が集中力を保てないかもしれません。

なので余裕のあるカリキュラムかどうかも、チェックしましょう。

ちなみにYMCメディカルトレーナーズスクールで使用するテキストは、日本ヨガ界の第一人者であるケン・ハラクマ氏や健康のスペシャリストである高尾美穂氏が監修するカリキュラムを提供しているので、ヨガインストラクターとして活躍するために必要なノウハウを体系的に習得することができますよ。

チェックポイント②:講師はどんな感じか

養成講座を担当する講師が、どんな人物かもチェックしましょう。

  • 講師の人柄はどうか?
  • 長年ヨガをやっていて指導に慣れているか?
  • 現在もヨガインストラクターとしてイベントなどで活躍しているか?

できるだけベテランで、経験と知識の豊富なヨガインストラクターの方が学べることが多いでしょう。

自分が「こんな風になりたい」と思えるような講師がいる学校が理想的です。

例えばですが、当スクールでいえば国内最大級のヨガイベント「Yoga Fest 横浜」などでも出演した佐藤ゴウ先生や舞名里音先生が講師をつとめています。

大舞台で活躍する実力派のヨガインストラクターたちから学べるのは、YMCメディカルトレーナーズスクールの特徴です。

チェックポイント③:ヨガのレッスンも行なっているか

養成講座以外にもヨガのレッスンを行なっている学校を選びましょう。

今は単体でヨガインストラクター養成講座のみを行なっているところもありますが、ヨガスタジオを併設している学校のほうが望ましいです。

日常的にヨガスタジオとしてレッスンがある学校の方が、講座の前後にもレッスンを受けて先生の指導法を学んだり、質問できたりもします。

自分好みのレッスンを行うスタジオの養成講座なら、安心して受講できる上にヨガ資格の取得後も長くお付き合いできるでしょう。

もちろん、当スクールでもヨガスタジオを開講しているので、興味がある方はレッスンに参加していただくのも大歓迎です。

チェックポイント④:自分のスケジュールに合っているか

自分のスケジュールに合っているかも大事なポイントです。

特に仕事をしながら資格を取得しようと思っている方は、自分の受けられる平日夜や週末などに講座があるかチェックしましょう。

万が一、体調不良や出張、残業などで講座を受けられなかった場合に、振替ができるのかも大事なチェックポイントです。

色々な養成講座をチェックして、自分のスケジュールに合ったスクールを選びましょう。

チェックポイント⑤:無理なく通えるか

交通の便など、無理なく通えるかも大事なポイントです。

自宅から近かったり、会社の最寄駅や交通の便がいいロケーションにある学校を選びましょう。

あまり遠くにあったり通いにくいと、それだけで疲れて続かないかもしれません。

無理なく通えることも、養成講座を選ぶ上で大切なチェックポイントなのです。

当スクールの校舎は全てが駅から徒歩5分圏内の好立地に位置しているので、自宅や職場から通いやすい人が多いでしょう。

チェックポイント⑥:就職サポートがあるか

ヨガインストラクター資格取得後に、就職サポートがあるかどうかもチェックポイントです。

就職サポートはあるに越したことはありません。

オーディション対策を行ってくれたり、同じ系列のヨガスタジオで卒業生を積極的に採用してくれる所もあります。

もちろん、当スクールでもカリキュラム自体にオーディション対策があります。

さらに厚生労働省より職業紹介の認可を取得しているので、ヨガスタジオやスポーツ施設への一部では書類を免除してくれるなど優先的な紹介を行っていますよ。

ヨガインストラクター資格の取得には学校選びが肝心

自分に合った養成学校選びは大事なポイント。

ヨガインストラクター資格コースは、一生に何度も受けるものではありません。

満足のできる養成講座を選んで、しっかりヨガを学びましょう!

今回は簡単に当スクールについてもご紹介しましたが、より詳しく知りたいと思った人は、次のボタンで資料のご請求や電話相談などをお申し込みください。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。