【ヨガで痩せたいあなたへ】ヨガで痩せるための5つのポイント

ヨガをしているのに痩せない!そんな声は少なくありません。

しかし、ヨガはダイエットに最適なエクササイズではありません。

もちろんエクササイズとしては優秀で、フィジカルな効果はありますが、どちらかといえばマインドへの効果の方がずっと高いのがヨガ。

ですが、ヨガで痩せることは不可能ではありません。

ただし、ダイエットを目的にするのであればそれなりの方法を実践しなければなりません。

ここではヨガで痩せる方法について解説していきましょう。

RYT200を取得する前に資料をみる

【ヨガで痩せたいあなたへ】ヨガで痩せるための5つのポイント

1.ヨガの前後に食事をしないようにする

ヨガの前後に食事をしないようにする

ヨガをして痩せたいと考えるのであれば、ヨガの練習の前2時間とヨガの練習後2時間は、水分以外は口にしないようにすることです。

ヨガの練習を1時間とすると、これだけで1日に5時間の空腹時間を獲得することができます。

空腹の時間はヨガにとって歓迎すべき時間です。

その間に体では消化機能がオフになり、他に必要な修復機能が働くようになります。

痩せたい人だけでなく、疲れやすい人、体のどこかに怪我や疲れ・老化のサインが現れている人にとっても、空腹は一つの解決策になり得ます。

それプラス睡眠時間を入れれば、おそらく1日に10〜12時間は空腹の時間を作れるはずです。

断食などと構えると辛くなるかもしれませんが、ヨガの前後2時間は食事をしないと決めるだけでも違ってくるはずです。

ちなみにヨガの前に食事をすると、ポーズに集中できないだけでなく、ポーズの効果が結局消化吸収にばかり使われてしまうので効果が半減します。

また、ヨガの後すぐの食事はいつも以上に消化を促進させてしまうので、何を食べるかにもよりますが、場合によってはいつも以上に太りやすくなります。

ヨガの前後に食事をしなかったら、確実にお腹が空きますが、その空腹時に何を食べるかも大切です。

まずは水分やスープ、フルーツなどをゆっくりいただいてから、好きな食事をするようにしましょう。

食べる順番はとても大事です。

2.ホットヨガに変えてみる

ホットヨガに変えてみ

ホットヨガに変えてみると、おそらくほとんどの人が多少の減量効果を得られるはずです。

しかし、1回のホットヨガで痩せたとしても、それは体の余計な水分が抜けただけで、脂肪が燃焼したとは言い切れません。

ただし、冷え性の方や汗をかきにくい方は、根気よくホットヨガを続けることで体が浮腫みにくくなったり、痩せていく可能性が十分にあります。

通う頻度にもよりますが、週2回のホットヨガを半年から10ヶ月くらい続けると、少しずつ「むくみにくくなった」「汗をかけるようになった」「冷えが気にならなくなった」と体質の変化を感じるはずです。

その頃には体重も減っていると思います。

ただし、ホットヨガの前後も食事は基本的にNGです。

ホットヨガの前後にはプロテインジュースや、スムージーなどにしておく方が良いでしょう。

3.ヨガをしている時に何よりも呼吸法を行う

ヨガをしている時に何よりも呼吸法を行う

ヨガをしている時に筋肉や関節を必死に動かすのではなく、もっとたっぷり吸って吐くように呼吸に最大限の意識を向けましょう。

呼吸の力は偉大です。

キャンプなどで火起こしをする時をイメージしてください。

火種に火をつけてもそれだけではうまく燃えません。

うまく空間を作って、その中に酸素を送り込むことでようやく炎が起こり燃えていきます。

蝋燭の日を消す場合も、蓋をすると簡単にその火は消えます。

なぜなら、空間の中に二酸化炭素が充満し、酸素がなくなるからです。

「燃える」とは火のようなエネルギーが高い温度を持って酸素と結びつくことによって起こります。

脂肪を燃焼させたければ、体内の温度を運動によって上げるだけでなく、酸素をたくさん送り込む必要があるのです。

だからこそ呼吸が大切になります。

運動で熱を作り、呼吸法で酸素を送る。

これが「燃えるからだ」の秘密です。

>>ヨガの呼吸法にはどんなのがある?種類ややり方を紹介

4.ヨガのポーズをしながら骨格を変えるイメージを持つ

ヨガのポーズをしながら骨格を変えるイメージを持つ

ヨガのポーズを取りながら、何をイメージしていますか?

例えば、ただ立つだけのタダアーサナ(山のポーズ)の時にも、心の目で自分を観察し、横から見た時に「くるぶし、骨盤の横、肩先、耳」が一直線上にあるかをしっかり感じ取っていますか。

ダウンドッグをする時にも両脚の長さが揃っているか、背骨の一つ一つが伸びているかを感じ取っていますか。

ヨガでできることは筋肉や脂肪を造形することよりも骨格の歪みやねじれを取り除き、関節の可動域をあげることにあります。

首の位置や肩の位置、骨盤の高さなど、骨格の中でも日常生活で崩れやすい部分を整える意識を持ってポーズの練習を行いましょう。

骨格が整うと余計な脂肪がつきにくくなりますし、体重が変わらなくてもスタイル(見た目)は1回のヨガで大きく変えられます。

5.毎日10〜30分は継続する

毎日10〜30分は継続する

ヨガをエクササイズと考えているのなら、やはり毎日継続してください。

ランニング、ウォーキング、水泳など世の中にはいわゆる有酸素運動は多くありますが、どの有酸素運動であっても1度や2度やったくらいでは痩せません。ヨガも同じです。

有酸素運動で痩せるというのは実は非常に時間がかかる方法なのです。

それでも有酸素運動にはダイエット以外の恩恵が豊富にありますから、やったほうがいいに決まっています。

ただ、ときどき有酸素運動をするでは痩せないのです。

どの有酸素運動も、それで痩せたいのであれば、毎日行う必要があります。

しかも心拍数が100を超えるくらいのある程度の負荷を10分〜30分程度は継続させる必要があります。

ヨガで有酸素運動として活用するのであれば、ヴィンヤサ系やフロー系のヨガで淀みなく20分〜30分動き続け、心拍数をある程度あげながら、それを毎日行う必要があります。

ダイエット目的のヨガも習慣化すれば効果がある

ダイエット目的のヨガも習慣化すれば効果がある

他にも体のラインを拾うようなレギンスやブラトップなどのウェアを着用することでコンプレックスを直視し向き合った結果、食べ物や生活習慣が代わったり、ポーズの一つ一つをより丁寧に行えるようになり、気がついたら痩せていたということもあります。

また、意外かもしれませんがリラックス系の運動量が少ないヨガに取り組むことで、ストレスが低減し、その結果過食がなくなって気がついたら痩せていたというケースもあります。

あるいは、心が整ってきて、自分自身を肯定できるようになってくると「実は痩せる必要はない」ということに気が付けることもあるでしょう。

ヨガより効果的に痩せる方法はいくらでもありますが、ヨガの多岐にわたる効果を信じて続けてみてくださいね。

ヨガを深めたい方へ【体験レッスン有り】

一人一人の筋肉量や柔軟性によって、ポーズ(アーサナ)の最適な強度やコツが違います。
キャンペーンの機会に、ぜひプロのインストラクターと一緒にヨガを楽しみませんか?

新たな学びやあなたに合ったフィードバックももらえるかもしれません。

  • 講師全員が「RYT200」を所持するプロインストラクター
  • 全30種のレッスンプログラム
  • 身体が硬い人・初めての方も多数いて安心!
  • 複数人でヨガを行う気持ち良さや楽しさを味わおう!

▼YMCのヨガスタジオを詳しくチェック▼
>>入会金¥0!スタート応援キャンペーンの詳細を見る

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報