SPARK用のタグ

寝る前にオススメ!副交感神経を高めるヨガポーズ3選

副交感神経を高めるヨガポーズ3選

みなさん、自律神経って気にしたことはありますか?

仕事などが忙しいと、交感神経が常にオンになり、なかなか副交感神経が高まらないことも…。

今回は副交感神経を高めるヨガポーズや効果についてご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

副交感神経とは?

副交感神経とは?

 

「副交感神経」は、自律神経のひとつであり、自律神経は、「交感神経」と「副交感神経」からなっているもの。

交感神経は、主にカラダを活発に活動させる働きをし、血圧を上げたり、胃腸の働きを抑制したりします。

アクセルのような役目を持ち、心身を興奮モードにさせるのが交感神経なのです。

一方で、副交感神経は、血圧を下げたり、胃腸の働きを活発にしたりして、心身を休めようという働きをします。

リラックスモードを司るブレーキの役割をするのが、副交感神経です。

ストレスを感じることが多い生活の中では、交感神経が常にオンの状態であり、副交感神経がオンになりにくいケースが多いのです。

そのため、意図的に副交感神経をオンに、交感神経をオフにして、心身を休める必要があるのです。

副交感神経を高めるメリット3つ

副交感神経を高めるメリット3つ

心身のリラックスや休息の働きを促す「副交感神経」。

特に忙しい生活でイライラを感じている方は、副交感神経を意識してオンにする必要があります。

副交感神経を高める主なメリット3つをご紹介します。

ストレスコントロール

ストレスコントロール

副交感神経を高めるということは、心身をリラックスさせるこということ。

これを意図的に行えるようになることは、ストレスコントロールにつながります。

日常的にストレスがかかった状態にあり、常に交感神経が優位になっていると、そのうち心身に支障をきたしてしまいます。

ストレスが心身に悪影響を及ぼす前に、自分で副交感神経を高めて、ストレスコントロールできるようになることは、現代社会には必要なスキルと言えるでしょう。

安眠効果

安眠効果

副交感神経は心身をリラックスモードに導き、休息させてくれるものです。

常に交感神経が優位になっていると、寝たくても心身が興奮状態にあり、寝付けないというケースも。

副交感神経の働きを高めることで、カラダと心をしっかりと休め、回復させることができるのです。

メリハリがつく

メリハリがつく

副交感神経と交感神経のバランスが取れていることは、生活にメリハリをもたらしてくれます。

交感神経がオンのままでは、しっかりと休息できず、休息ができないと、カラダも脳もいざという時にフル回転で働けません。

副交感神経を高め、自律神経を整えておくことは、日々のパフォーマンスの向上につながり、集中する時とリラックスする時に差をつけて、メリハリをもたらしてくれます。

副交感神経を高めるヨガポーズ3選

副交感神経を高めるヨガポーズ3選

ヨガは呼吸法やポーズで、自律神経を高める効果があるもの。

今回ご紹介するのは、3つの副交感神経を高めるヨガポーズです。

ゆっくりと深い呼吸とともに行うことで、より効果がアップします。

キャットアンドカウ

キャットアンドカウ

ヨガの代表的なウォームアップである「キャットアンドカウ」(猫と牛のポーズ)。

呼吸とともに背骨を動かして整える動きをします。

背骨のまわりには自律神経が通っているので、背骨をほぐすことは自律神経を整えることにつながります。

やり方 
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. ゆっくり息を吐きながら、両手で床を押し背骨全体を丸める(猫のポーズ)。
  3. ゆっくり息を吸いながら背中を反らせ、視線も上に(牛のポーズ)。
  4. 呼吸に合わせて猫と牛のポーズを3〜5回くり返す。

尾てい骨の向きを意識すると、背骨を動かしやすいでしょう。

仰向けの合せきのポーズ

仰向けの合せきのポーズ

足の裏同士を合わせることを「合せき」と言います。

「仰向けの合せきのポーズ」は、股関節を開き、カラダの血流を促してくれます。

ゆっくりとリラックスできるストレッチなので、寝る前にオススメです。

やり方 
  1. 仰向けになり両ヒザを曲げて胸に抱える。
  2. 足の裏同士を合わせて、ヒザを横に開く。
  3. 足の小指側から手で包んで指を組む。
  4. 背筋は床の上で長く伸ばし、そのまま3〜5回呼吸する。

足の小指側を意識して押し合うようにすると、ヒザがより大きく開けます。

両足を壁に上げるポーズ

両足を壁に上げるポーズ

「両足を壁に上げるポーズ」は、その名の通り、仰向けで、両足を壁を使って上に伸ばすポーズ。

普段は下にある足を上に上げることで、足にたまった水分や血液を上半身へと流すことができます。

足のむくみの解消やリラックス効果が期待できるポーズです。

やり方 
  1. 壁に対して、真横に向いて座る。
  2. そのまま転がり、背中を床につけてと仰向けになり、壁にお尻をつける。
  3. ゆっくりとヒザを伸ばして足を壁に沿って上げる。
  4. 両ウデは横に長く伸ばす。
  5. そのまま5〜8回呼吸する。

なるべくカラダの力を抜いて、開放感を味わいましょう。

副交感神経を高めてリラックスしよう

副交感神経を高めてリラックスしよう

いざという時に集中して力を発揮するためには、定期的な休息が欠かせません。

忙しいとつい忘れてしまいがちなリラックスタイム。

副交感神経を高めるヨガポーズで、意図的に心身を休める時間を取ってみましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報