SPARK用のタグ

カラダの歪みを整える骨盤を矯正するヨガのポーズ4選

カラダの歪みを整える骨盤を矯正するヨガのポーズ4選

慢性的な肩こりや腰痛に悩まされている方、マッサージでほぐしても、またすぐカラダがこるとお悩みの方、もしかしてそれはカラダの歪みが原因かも…。

カラダの歪みは骨盤の歪みから起きていることも多いものです。

今回は骨盤矯正に効果的なヨガポーズ4選をご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

骨盤が歪みやすい習慣とは?

骨盤が歪みやすい習慣とは?

誰のカラダにも、それぞれクセはあるものです。

利き手や利き足などもクセのひとつ。

  • カバンをどちらかの肩にかける
  • 足を組む
  • 長時間同じ姿勢でいる
  • ヒールの高い靴を履く

普段の生活に見られるこの様なクセは、積み重なると骨盤の歪みの原因になってしまいます。

他にも、運動不足による筋力低下も骨盤を歪ませる大きな原因のひとつ。

適度にカラダを動かして、筋肉を鍛えながらクセをリセットすることが、骨盤を歪みから守るポイントになるのです。

骨盤が歪むとカラダにどんな影響がある?

骨盤が歪むとカラダにどんな影響がある?

骨盤の歪みは背骨の歪みの原因になり、カラダ全体の歪みを引き起こすもの。

骨盤が歪むとカラダがスムーズに動かなくなってしまい、筋肉の衰えにもつながります。

そうなると、血行不良や代謝の低下を招き、痩せにくく、太りやすいカラダになってしまうのです。

骨盤の歪みのサインとして、ぽっこりお腹、反り腰、猫背などが挙げられます。

これらは全て、肩こり・腰痛、生理痛や便秘などの、さまざまな不調を、引き起こしてしまうもの。

骨盤の歪みは、カラダの不調の大きな原因のひとつなのです。

カラダの歪みを整える骨盤を矯正するヨガのポーズ4選

カラダの歪みを整える骨盤を矯正するヨガのポーズ4選

カラダの歪みは体調不調の大きな原因になってしまうもの。

骨盤を整えて、カラダの歪みを改善しましょう。

骨盤矯正に効果的なヨガポーズ4選をご紹介します。

仰向けの合せきのポーズ

仰向けの合せきのポーズ

足の裏同士を合わせる、という意味を持つ「合せき」のポーズ。

仰向けの合せきのポーズは、股関節まわりを伸ばして柔軟性を高めたり、骨盤を整えたりする効果が期待できます。

簡単なエクササイズとともに行いうことで、歪みの改善につながります。

仰向けの合せきのポーズのやり方
  1. 仰向けになり足をそろえてヒザを曲げる。
  2. そのままヒザを横に開き、足の裏同士を合わせる。
  3. 手のひらは下に向けてまっすぐに伸ばす。
  4. ゆっくりと息を吸い、吐きながら手と足の小指側で床を押し、骨盤を上げる。
  5. 息を吸いながら、背骨の上の方から背中を床にロールダウンする。
  6. 3〜5回くり返す。

呼吸とともに、股関節まわりの伸びを感じてみましょう。

半分のハトのポーズ

半分のハトのポーズ

お尻まわりを深くストレッチし、股関節の柔軟性を高める半分のハトのポーズ。

骨盤の歪みの大きな原因となる、お尻まわりを伸ばし、骨盤矯正効果が期待できるポーズです。

下半身の血行を促進して、代謝をアップも期待できます。

半分のハトのポーズのやり方
    1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
    2. ゆっくりとお尻を上に持ち上げ、ヒザを伸ばしてダウンドッグになる。
    3. 右足を手と手の間に踏み込み、左手の方に歩かせる。
    4. ヒザを横に倒し、後ろの足のヒザとつま先を床に下ろす。
    5. 息を吸いながら胸を上げる。吐きながら手を前にはわせて、上半身を前に倒す。おでこは床、もしくは腕の上に置いてリラックスする。
    6. そのままゆっくり5〜8回呼吸する。
    7. 終わったら反対側も同じようにやる。

カラダの重みを利用して、股関節まわりを伸ばします。

リラックスして呼吸に集中しましょう。

ワニのポーズ

ワニのポーズ

腰をひねって、ストレッチするワニのポーズ。

お尻や腰まわりの筋肉を伸ばして骨盤の矯正効果が期待できます。

他にも、ウエストをねじることで内臓を刺激して活性化させ、老廃物の排出を促す効果がみられます。

腰痛緩和や便秘にも効果的なポーズです。

ワニのポーズのやり方
  1. 仰向けに寝て右ヒザを曲げ、胸に引き寄せて手で抱える。
  2. 抱えたヒザを、骨盤ごとゴロンと左に倒し、左手を右手のヒザに添える。
  3. 右手は横に伸ばし、目線も同じ方に向ける。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 終わったら仰向けに戻り、反対側も同じように行う。

両方の肩が床に近づくように、軽く力を入れて調整してみましょう。

牛の顔のポーズ

牛の顔のポーズ

肩甲骨まわりの柔軟性アップと、股関節の矯正効果が期待できる牛の顔のポーズ。

今回は、特に下半身に注目して行いましょう。

股関節まわりを伸ばして骨盤を整え、姿勢の改善につながるポーズです。

牛の顔のポーズのやり方
  1. 両足を前に伸ばして座る。
  2. 左足を右足の上にクロスし、両ヒザを曲げカラダの真ん中に来るように、ヒザを重ねる。
  3. かかとはお尻に近づけ、足の側面を床につける。
  4. 手のひらを後ろに向けて、右手を上、左手を下に伸ばす。
  5. そのままヒジを曲げて背中で手をつなぐ。
  6. そのままゆっくり5〜8回呼吸する。
  7. 終わったら反対側も同じようにやる。

背中が丸くなると効果が減少するので注意しましょう。

背中で手がつなげない場合は、タオルなどを間に持ちましょう。

骨盤矯正ヨガポーズでカラダの歪みを改善!

骨盤矯正ヨガポーズでカラダの歪みを改善!

骨盤は上半身と下半身をつなぐ大切なパーツです。

矯正することで、カラダ全体を整えることにつながります。

骨盤矯正ヨガポーズで、カラダの歪みを改善しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報