ピラティスの資格費用は安い?安すぎてもNG!ピラティス資格の費用相場を解説

ピラティスの資格費用は安い?安すぎてもNG!ピラティス資格の費用相場を解説

ピラティス資格を取得しようと思った時に、気になるのがお値段です。

資格の取得はそんなに安くはないようですが、中には比較的お手頃なものも。

ピラティス資格の費用相場や、安すぎるとNGな理由をご紹介します!

ピラティス資格費用は安い?相場は?

ピラティス資格費用は安い?相場は?

ピラティス資格は種類が豊富で、それぞれ値段にも差があります。

なるべく資格にかかる費用は抑えたいものですよね。

ピラティス資格の相場をご紹介します。

マットピラティス資格の相場は?

マットピラティス資格の相場は、20万〜40万程度。

期間の長さや平日コース、休日コースなどの違いによって値段は変わってきます。

マットピラティス資格は、ピラティスインストラクターを目指す際に基本となる資格です。

まずはマットピラティス資格を取得してから、マシンピラティスやマタニティピラティスなど、プラスアルファの資格を取得します。

>>YMCメディカルトレーナーズスクールのピラティスインストラクターコースはこちら

マシンピラティス資格の相場は?

マシンピラティス資格の相場は25万〜50万程度となっており、マットピラティスより相場が高いです。

マットピラティス資格を取得した後に取得できます。

マシンピラティス資格は、受講期間もマットピラティス資格よりも長い傾向にあり、それも値段が高くなる理由のひとつのようです。

ヨガよりは安い?

ヨガとピラティスは一緒のスタジオで行なっていることも多く、ヨガを取得するかピラティスを取得するか悩む場合もあるでしょう。

ヨガは25万〜80万程度が相場になっており、ピラティスより高めと言えます。

短期集中コースや長期型、海外取得型など種類も多く、チョイスによって値段にも差があります。

ピラティス資格費用が安すぎるのはNG?理由をご紹介

ピラティス資格費用が安すぎるのはNG?理由をご紹介

できるだけ低コストで資格は取得したいもの。

ピラティス資格は、安いものだと数万円で取得できるものもあります。

マットピラティス資格の相場が20万〜40万なことを踏まえると、安くてお得に感じるかも知れませんが、安すぎるピラティス資格はNGと言われています。

その理由をご紹介します。

資格としての知名度

数万円程度の安いピラティス資格は、通信や超短期の資格がほとんどです。

通信や超短期のものは、ピラティス資格として知名度が低いものがほとんどで、実際にピラティス資格として通用しない場合もあるのです。

>>ピラティスの資格は通信でも取れる?通信で取得する前に知っておきたい3つの失敗例

ある程度知名度のあるピラティス資格は、そこまで安くはありません。

ピラティス資格として知名度が低いものを取得しても、インストラクターになるための書類面接などで資格として認知してもらえないこともあります。

そのため、ある程度は知名度が高い資格の取得をおすすめします。

内容が薄い場合も

安いピラティス資格の中には、内容が薄いものも多いです。

そのような資格では、ピラティスをしっかり学んで指導できるレベルに至れないこともあります。

受講期間が極端に短かったり、DVDやテキストのみで学ぶ通信資格などでは、ピラティスインストラクターとして即戦力になるような知識は得られないでしょう。

資料請求などをして、内容を確認してから資格を選びましょう。

>>YMCメディカルトレーナーズスクールの資料請求はこちら

ピラティス資格費用の安さより大切なポイントとは?

ピラティス資格は、値段の安さだけに着目してしまうとしっかり学べるものを選べません。

資格を取得しても、ピラティスインストラクターとしてすぐに働けるスキルを得られなかったり、資格として知名度が低く通用しなかったりします。

ピラティス資格で重要なのは学べる内容や期間です。

アライメント、解剖学、指導法などをバランス良くしっかり学べる内容の資格を選びましょう。

期間も短すぎると、短時間にたくさん頭とカラダに詰め込むのは無理があります。

特に初心者には、少なくとも1ヶ月以上の期間をかけて、学べる資格がおすすめです。

就職サポートなどもあると、更に好都合です。

>>ピラティスの資格はどれがおすすめ?初心者が目指すべき資格を解説

ピラティス資格費用をなるべく安くするには?

ピラティス資格費用をなるべく安くするには?

安さでピラティス資格を選ぶのはおすすめしませんが、できるだけ安く取得したいものです。

ピラティス資格はやり方によっては、数万円程度の余分な出費を抑えられます。

ピラティス資格費用をなるべく安くするポイントをご紹介します。

早割やキャンペーンを利用

ピラティス資格は事前に気になる資格をチェックしていると、早割やキャンペーンが行われる場合もあります。

早割やキャンペーンは積極的に利用しましょう。

まとめてお得に

マットピラティス資格とマシンピラティス資格のどちらも取得したいと思っている方には、まとめて取得すると費用が抑えられる場合も多いです。

バラバラに取得することも可能ですが、トータルの出費を考えると、一度にまとめた方がお得なケースが多いです。

ピラティス資格は安さだけで選ばないように

ピラティス資格は安さだけで選ばないように

ピラティス資格は内容や期間が重要です。

初心者か経験者かによっても、合う資格は違ってきます。

ピラティス資格は安さで選ばず、自分に合ったものを取得しましょう。

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。