仕事があるか不安?現役ヨガインストラクターが教える資格取得後の仕事の作り方

仕事があるか不安?現役ヨガインストラクターが教える資格取得後の仕事の作り方

ヨガインストラクターを目指したくても、資格取得後に仕事が見つけられるのか不安ですよね。

ヨガインストラクターの仕事はどうやって探すのでしょうか?

資格取得後の仕事の作り方や、なかなか就職できない時のチェックポイントをご紹介します!

ヨガインストラクターの仕事はどこで見つけるの?

ヨガインストラクターの仕事はどこで見つけるの?

ヨガインストラクター資格を取得したら、次は仕事探しです。

求人の応募に必要なものを準備して、ヨガインストラクターの仕事を見つけましょう。

具体的な仕事の探し方をご紹介します!

ヨガ・フィットネス系の求人サイト

ヨガインストラクターの仕事は、今はインターネットで探すのが主流と言えます。

フィットネス系の求人サイトや、ヨガに特化した求人サイトにヨガインストラクターの求人募集が載っています。

履歴書などを、応募フォームやEメールに添付し、写真も応募の際に必要になります。

顔写真のみの所が多いですが、場合によっては全身写真も求められます。

顔写真の他に、ヨガウェアを着た全身写真も用意しておくと万全でしょう。

>>【ヨガ好き必見】ヨガインストラクターになるには?資格、給料、求人の探し方やオーディション対策など徹底解説

SNS

SNSには、ヨガインストラクターのグループなどが作られています。

いくつかフォローしておくと仕事探しに役立つでしょう。

SNSではヨガスタジオからダイレクトにヨガインストラクター募集の投稿があったり、事情があってスタジオを辞めるヨガインストラクターが引き継ぎを探していたりします。

ヨガ・フィットネス系のサイトの募集は大々的なものが多いですが、それに比べるとSNSは個人的で小規模な募集が多いです。

就職サポート

ヨガインストラクター養成講座を受講する前なら、就職サポートのある養成スクールを選ぶのも、仕事を探しやすいポイントになります。

就職サポートがあると、オーディションを紹介してもらえたり、どんな働き方がしたいかによって就職の相談にのってもらえたりします。

YMCメディカルトレーナーズスクールも就職サポートがあるヨガインストラクター養成スクールのひとつです。

資格を取得する前なら、就職サポート付きの養成スクールを選ぶのがおすすめです!

ヨガインストラクターが自分で仕事を始めるステップとは?

ヨガインストラクターが自分で仕事を始めるステップとは?

ヨガインストラクターの働き方として、自分でヨガ教室を始めるのもひとつの手段です。

レッスンの時間や場所や価格を、自分で決められる働き方です。

ヨガ教室を始めるために、必要なステップをご紹介します。

SNSなどを使った集客

SNSにヨガインストラクターとしてのアカウントを持ち、ヨガ教室の開催を宣伝をしましょう。

SNSは写真や情報を手軽に多くの人に見てもらえる便利なツールです。

集客をするには、SNSから情報を広めるのがいいでしょう。

スタジオを借りて教室を開催

ヨガ教室を開催するには、スタジオをレンタルする必要があります。

スタジオを不動産屋さんから賃貸する方法もあれば、手軽に時間単位で借りれる場所もあり、ネットでレンタルスタジオを探せます。

スペースがあれば、自宅の一室をヨガスタジオにするのも初期費用を抑えられる方法です。

オンラインヨガもひとつの選択肢

現在はオンラインヨガも急増しています。

ZOOMなどを使ってオンラインヨガ教室を開催するのも、ひとつの選択肢です。

集客、レッスン、支払いまで全てオンラインでできるやり方なので、ネットに強い人にはおすすめの方法です。

ヨガインストラクターとして仕事が見つからない場合のチェックポイント3つ

ヨガインストラクター資格を取得したものの、なかなか仕事に就けなくてお悩みの方も多いようです。

ヨガインストラクターは年々増加しており、競争率が高いのも理由のひとつでしょう。

仕事が見つからない時に、チェックしたい3つのポイントをご紹介します。

オーディションに受からない場合

オーディションに受からない場合は、自分の履歴書や服装、オーディションでの模擬レッスンなどを見直す必要があります。

履歴書からやる気が感じられるか、オーディションの服装はカラダのラインが見えるものか、模擬レッスンはスムーズか、などを見直してみましょう。

第三者の意見を聞いてみるのもいいでしょう。

>>ヨガインストラクターオーディションで気をつけるべきことは?履歴書は関係ある?

自分に合ったオーディションを受けているか

自分に合ったオーディションを受けることも、就職につながるポイントのひとつです。

例えば委託事業の場合は、ベテランのヨガインストラクターを求めているケースも多いです。

そこに資格を取りたてのヨガインストラクターが応募しても、受からない場合もあります。

どんな人材を求めているのかを見極めて、自分に合ったオーディションを受けてみましょう。

どんな資格を持っているか

資格の種類も、仕事探しに重要なポイントです。

RYT200などの知名度の高い資格を持っていない場合、資格として認知されないこともあります。

また、シニアヨガ、マタニティヨガ、リストラティブヨガなど、ピンポイントなヨガ資格を取得していると、仕事に就きやすい場合もあります。
自分の資格を見直して、さらなる資格の取得を目指すのも、就職につながる方法のひとつです。

>>【これで完璧】ヨガインストラクターの資格まとめ!種類やオススメ、費用、取得方法までヨガ資格を徹底解説

自分に合ったヨガインストラクターの仕事を見つけよう!

自分に合ったヨガインストラクターの仕事を見つけよう!

ヨガインストラクターは年々増加しています。

その分、仕事探しの競争率は高くなってしまうのです。

資格やスキルを見直して、自分に合ったヨガインストラクターの仕事を見つけましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。