SPARK用のタグ

落ち込んだ時に試したい!気分を明るくするヨガポーズ

落ち込んだ時に試したい!気分を明るくするヨガポーズ

ヨガのレッスンの後は、カラダだけではなく気分もスッキリしますよね。

それはヨガには気分を明るくする力があるからです。

今回は、落ち込んだ時にオススメな、気分を明るくするヨガポーズをご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

ヨガで気分が明るくなるのはなぜ?

ヨガで気分が明るくなるのはなぜ?

悩み事でモヤモヤしていたり、ストレスでイライラしていたりする時でも、ヨガを受けてスッキリしたりした経験はありませんか?

ヨガを受けて気分が明るくなるのは、気のせいではないようです。

ヨガで気分が明るくなる理由をご紹介します。

呼吸法

呼吸法

ヨガのレッスンではゆっくりと深い呼吸を何度もしますよね。

呼吸は自律神経と大きく関連しているもの。

呼吸をコントロールすることで、交感神経と副交感神経のバランスを整え、気分を明るく改善することができます。

また、ヨガでは深い腹式呼吸を行い、普段よりも横隔膜をよく動かします。

横隔膜には自律神経が集中しているため、横隔膜を動かすことも自律神経のバランスを整えることにつながるのです。

背中を動かし、自律神経を整える

背中を動かし、自律神経を整える

自立神経は背骨とも深いつながりがあります

ヨガでは、背中を丸めたり反ったりねじったりと、さまざまなポーズを行います。

そのような動きにより、背骨がほぐされ、交感神経と副交感神経のバランスが取れて、自律神経を整えることにつながるのです。

姿勢改善

姿勢改善

人は落ち込んでいる時や悲しい時は背中を丸めてカラダを小さくします。

逆に、楽しい気分の時や嬉しい時は、スッキリと背筋が伸びているもの。

ヨガでは外側からカラダを変えることで、内面を変化させます

ヨガポーズで姿勢を良くすることで、気分も明るく改善されるのです。

セロトニンの分泌

セロトニンの分泌

セロトニンは「幸せホルモン」と呼ばれているものです。

ヨガはセロトニンの分泌を促す役割もしています。

ヨガの呼吸法や、呼吸に合わせて一定のリズムで動くポーズは、セロトニンの分泌させる行為のひとつ。

それによって気分が明るくなる効果が期待できるのです。

気分を明るくするヨガポーズ4選

気分を明るくするヨガポーズ4選

ヨガのさまざまなポーズは、カラダに色々な効果をもたらしてくれます。

ポーズにより、カラダの外側から内側を変えることも可能です。

気分を明るくするヨガポーズ4つをご紹介します。

キャットアンドカウ

キャットアンドカウ

ヨガのウォームアップとして使われることも多い、キャットアンドカウ。

呼吸を意識しやすく、背骨を整えるポーズで、自律神経に働きかけてくれます。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる。
  2. ゆっくり息を吐きながら、両手で床を押し背骨を丸める。
  3. ゆっくり息を吸いながら背中を反らせる。
  4. 呼吸に合わせて3〜5セットくり返す。

尾てい骨まで動かすように意識しましょう。

三日月のポーズ

三日月のポーズ

股関節と背中を大きくストレッチする三日月のポーズ。

リンパの流れをよくし、胸を開いて呼吸をしやすくしてくれます。

全身の血行促進や冷え性改善にも効果的です。

やり方
  1. 肩の下に手が骨盤の下にヒザがあるように、四つん這いになる。
  2. ゆっくり息を吸い、吐きながら右足を両手のあいだに大きく踏み出す。
  3. 左足は床にヒザをつけ、足の甲も床につける。
  4. ゆっくりと上半身を起こし、息を吸いながら背中を引き上げる。
  5. 息を吐きながら両手を合わせて、吸いながら天井に向かって手を伸ばす。同時に上半身を軽く反らせる。
  6. そのまま3〜5回呼吸する。反対側も同じように行う。

前の足をしっかりと踏み込んで、土台を安定させましょう。

コブラのポーズ

コブラのポーズ

初心者向けの後屈のヨガポーズです。

胸を開き呼吸をしやすくしてくれます。

姿勢改善効果があり、気分の改善にも効果的です。

やり方
  1. 床にうつ伏せで寝て、足を腰幅に開き、足の甲を床につける。
  2. 両手を肩の下に置き、ワキをしめる。
  3. ゆっくり息を吸いながら手で床を押し、胸を斜め上に押し上げる。目線も斜め上にする。
  4. 3〜5回ゆっくり呼吸する。

深い呼吸を意識してみましょう。

ワイルドシング

ワイルドシング

少し難易度が高い、上級者向けのポーズです。

胸を開いて気分も開放的にしてくれるポーズ。

肩こり改善にも効果的です。

初心者の方は、ヨガインストラクターの指導の元で行いましょう。

やり方
  1. 四つん這いになる。片足ずつ後ろに引き、プランクポーズになり、足を中央にそろえる。
  2. 右手と右足の外側を床についてサイドプランクになる。左手は天井に向かって伸ばす。
  3. 左足を後ろに引いて床につき、しっかりと床を押す。
  4. 左手を頭上に伸ばし、カラダの前面を天井に開く。
  5. そのまま3〜5回呼吸する。
  6. 終わったら反対側も同じように行う。

腰が下がらないように常に上に引き上げましょう。

ヨガポーズで気分を明るくしよう

ヨガポーズで気分を明るくしよう

カラダを動かすことは、気分を明るく前向きにしてくれるもの。

ヨガはその中でも特に、気持ちを落ち着けつつ向上させてくれます。

気分が下がりがちな時には、ヨガのレッスンに足を運び、心身をリフレッシュしましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報