資格なしでは整体師になれない?整体の資格がないと困ることとは?

資格なしでは整体師になれない?整体の資格がないと困ること

これから整体師を目指す方は、どの資格を取得するべきか悩む方も多いでしょう。

そんな中で、「整体師は資格なしでもなれる!」と、耳にしたこともあるのではないでしょうか?

今回は整体師は資格なしでもなれるのか、または資格がないと困ることなどをまとめてみました!

整体師は資格なしではなれない?

整体師は資格なしではなれない?

結論から言うと、整体師は資格なしだとなれない、ということはありません。

未経験でも整体師になりたい人を、受け入れている店舗も少なくありません。

たくさんある整体師の資格はすべて民間資格であり、通学や通信などで講座を受講し、カリキュラムを終了することで資格が取得できます。

ですが、整体師と似た職業には国家資格が必要なものもあり、その違いを知っておかなければなりません。

整体師の資格がないとできないことは?

マッサージ店や揉みほぐしやエステサロンなど、現代では色々な店舗でカラダの疲れを癒してもらえます。

すべて似ていますが、所有する資格でできることは違います。

資格によって、できることとできないことを確認しておきましょう。

専門の資格がないとできない仕事
  • 「整骨」
  • 「接骨」
  • 「マッサージ」

こちらの3つは、資格がないとできません。

ここでしっかりと認識しておいた方が良いことは、民間資格の整体師や、資格なしの整体師は、屋号に「整骨」「接骨」「マッサージ」と言った文言は使用できないということです。

これらを使用できるのは、国家資格を取得している「柔道整復師」「あん摩マッサージ指圧師」になります。

「柔道整復師」と「あん摩マッサージ指圧師」は、整体師と混同されることが多い職業の中のひとつです。

これらの職業と整体師との違いは、「柔道整復師」や「あん摩マッサージ指圧師」は治療が目的で、整体師はリラクゼーションや疲労回復が目的ということです。

また、前者は保険診療の適用があり、後者にはないことも大きな違いであることを認識しておきましょう。

整体師の資格がないと困ることとは?

整体師の資格がないと困ることとは?

上述のとおり、整体師そのものは、資格がなくてもなることができます。

では、資格を取得している整体師との違いは何でしょうか?

整体師の資格がなしだと困ることをご紹介します。

就職に不利

未経験OKなサロンなどもありますが、資格を持っている人の方が優遇されるのは確かでしょう。

すなわち、資格を持っている人を優先的に採用する店舗は多いので、資格なしだと就職先が限られてしまいます。

整体師の資格なしでは、就職に不利になってしまうのです。

信頼してもらえない

自分がお客さんの立場だったら、資格のある整体師と資格なしの整体師では、どちらから施術を受けたいでしょうか?

答えは言うまでもありませんが、そのように考えると、何の資格もない場合に、初対面で信頼を得るのが難しいのです。

資格は整体について知識や技術を学んだという証になるもの。

取得していた方が、信頼を得られやすいでしょう。

自信を持って施術できない

整体師の資格は、知識や技術を実際にカラダに触りながら学んでいきます。

それを学んだ人と学んでいない人の間には、施術をする自信に差が出てしまうでしょう。

自信を持ってお客様のカラダに触るためには、知識や技術の習得は必要なのです。

整体師の資格なしより、資格ありがいい理由とは?

整体師の資格は、いつ取得しても遅くはありません。

整体師の資格自体は、整体師として未経験でも働ける店舗に勤めながら取得することも可能です。

資格なしより、資格ありがいい理由をご紹介します。

安全な施術が学べる

整体師の仕事は、直接お客様のカラダに触って、揉んだりほぐしたりして施術を行います。

しっかりとした知識と技術がないまま行うと、かえってお客様のカラダの負担になり、施術前より調子が悪くなってしまうことも。

お客様に安全に施術を行うためには、整体師の資格を取得して、正しい知識と技術を身に付けることが大切なのです。

接客マナーも学べる

整体師の仕事は、「接客業」という要素も含まれます。

失礼な態度の接客では、お客様はリピーターになってはくれないでしょう。

整体師の資格では、施術の技術以外にも、そういった接客のマナーも学ぶことができます。

来店したお客様に気分良く過ごしてもらうことも、大切な業務の一部です。

接客マナーを学ぶためにも、資格は取得した方がいいのです。

信頼が得られる

資格を取得する大きなメリットは、信頼を得られやすいということです。

就職の面接や初めて来店するお客様にとって、初対面のあなたが信頼を得るためには、資格なしより資格ありの方がずっと有利になるでしょう。

資格は整体師を目指してしっかりお金と時間をかけて学んだ、という証拠になるものです。

しっかり勉強している人の方が信頼できるのは言うまでもありません。

整体師として就職活動をする時にも、資格があった方が仕事の幅が広がります。

整体師としての信頼を得るためにも、資格はあった方がいいでしょう。

整体師は資格なしでもなれるけど、資格は取得した方がいい

整体師は資格なしでもなれるけど、資格は取得した方がいい

整体師は未経験からでも始められる仕事です。

ですが、資格なしと資格ありの方とでは、色々な面で差が出てしまいます。

整体についてしっかりと学ぶためにも、整体師資格は取得した方がいいでしょう。

なお、「YMCメディカルトレーナーズスクール」では、整体師・セラピスト養成も行っております。

以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。