SPARK用のタグ

いつのまにか二重アゴに!二重アゴ改善ヨガポーズ3つ

いつのまにか二重アゴに!二重アゴ改善ヨガポーズ3つ

マスク生活も長くなり、「顔の筋肉がたるんできた気がする…」「首まわりが気になる」という声もチラホラ。

顔のたるみや二重アゴは、実年齢より老けて見えさせてしまうもの。

今回は、二重アゴの原因や二重アゴ改善ヨガポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

二重アゴの原因は何?

いつのまにか二重アゴに!二重アゴ改善ヨガポーズ3つ

どんなに美しい顔立ちをしていても、二重アゴになってしまっては台無しですよね。

男女ともに避けたい二重アゴの原因は何なのでしょうか?

主なものを3つご紹介します。

姿勢が悪い

姿勢が悪い

特に社会人になると、姿勢は崩れがちになってしまいます。

長時間イスに座ったままデスクワークをしなければならなかったり、学生の頃よりも運動の機会が減ってしまったりするのが、その原因の一部。

デスクワークやスマホなど、猫背を促すような動作は日常生活に多く、知らず知らずのうちに、姿勢が悪くなっている場合もあります。

姿勢の歪みは首や肩まわりのコリの原因にもなり、顔まわりの血行不良を招いて、顔のたるみや二重アゴの原因になってしまいます。

ストレートネック

ストレートネック

通称「スマホ首」とも呼ばれる「ストレートネック」。

スマホを見る時間が長いと、背骨から首にかけてあるべき、緩やかなS字カーブがなくなってしまい、首の骨が真っ直ぐになってしまうことを、ストレートネックと呼びます。

ストレートネックだと、二重アゴになってしまいやすい傾向があります。

ストレートネックは首まわりのコリを招いたり、首の柔軟性を減少させたりするもの…。

こり固まって動きにくくなった首まわりは、たるみやすく、むくみやすくなり、二重アゴの原因になってしまうのです。

むくみ

むくみ

むくみは二重アゴの大きな原因のひとつ。

老廃物がたまりリンパの流れが滞ることにより、顔がむくみ、フェイスラインの崩れや二重アゴを招いてしまうのです。

塩分の摂りすぎや、お酒の飲み過ぎ、運動不足などによりむくみは起こるものです。

ストレートネックや姿勢の悪さも、顔まわりの血流やリンパの流れを悪化させ、顔のむくみの原因になることもあります。

二重アゴ改善は胸鎖乳突筋に注目!

二重アゴ改善は胸鎖乳突筋に注目!

「胸鎖乳突筋」は、耳の後ろから、鎖骨の内側にかけてつながっている太い筋肉のことです。

首を曲げたり、回転させたりする働きをしており、この筋肉がこるとストレートネックや二重アゴを招きやすくなってしまいます。

デスクワークなどで、長時間下を向くいていると、胸鎖乳突筋がこり固まってしまいがちに。

胸鎖乳突筋のこりは、血流の悪化やリンパの滞りを招いてしまいます

その結果、顔のむくみやたるみを引き起こし、二重アゴになってしまうことも…。

胸鎖乳突筋は、二重アゴ改善に重要な筋肉なのです。

二重アゴ改善ヨガ3選!

二重アゴ改善ヨガ3選!

ヨガには「姿勢改善」「ストレートネック改善」「むくみ改善」と3本揃った効果が期待できます。

つまり、二重アゴの予防や改善にはもってこいのエクササイズなのです。

今回はその中でも特に、顔まわりの血行促進や姿勢改善に効果的なヨガポーズをご紹介します。

デコルテのストレッチ

デコルテのストレッチ

まずはデコルテをストレッチして、二重アゴと深い関係にある、胸鎖乳突筋を伸ばしてあげましょう。

深い呼吸とともに行い、リラックスして行いましょう。

ストレートネック改善にも効果的なストレッチです。

やり方
  1. 右手で左の鎖骨を下に押すようにしっかりと押さえる。
  2. 頭のてっぺんを右斜め後ろに倒し、左の胸鎖乳突筋を伸ばす。
  3. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  4. 反対側も同じように行う。

胸鎖乳突筋が伸びる感覚を意識しながら行いましょう。

バッタのポーズ

バッタのポーズ

「バッタのポーズ」は、デスクワークなどで開きがちな肩甲骨をギュッと引き締めて、猫背改善に効果的なポーズです。

苦手な方も多いポーズですが、くり返し行うと慣れてきます。

やり方
  1. うつ伏せに寝て、アゴを床につけ、両足のをくっつける。カカトは上を向くように。
  2. 両手は腰の後ろに置いて指を組む。
  3. 息を吐きながら、骨盤を床に軽く押しつける。
  4. 息を吸いながら指を組んだ手を後ろに引っ張り、胸を反らせて足を浮かせる。骨盤は床に押し続ける。
  5. そのまま2〜3回呼吸する。

首の後ろが縮まないように、なるべく長く保ちましょう。

獅子のポーズ

獅子のポーズ

「獅子のポーズ」は、ヨガポーズの中でも、特に表情筋を刺激してくれるもの。

顔全体の筋肉を使って、顔の血行を促進しましょう。

やり方
  1. 正座になり手のひらを両ヒザに乗せる。
  2. 手のひらでヒザを軽く押し、首は長く伸ばす。
  3. 息をゆっくり吸い、口を大きく開き、舌を伸ばして舌先を巻いてあごのほうへ。
  4. 両目を大きく見開き、上を見て「ハー」と声を出しながら息を吐く。
  5. これを5回ほど呼吸とともにくり返す。

背筋をピンと伸ばして行いましょう。

ヨガで二重アゴを改善しよう!

ヨガで二重アゴを改善しよう!

痩せているのに二重アゴな方は、姿勢やむくみが原因となっている可能性が。

つまり、それらを直すことにより、二重アゴも改善できるのです。

ヨガで二重アゴを改善しましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報