SPARK用のタグ

ファスティングってどうやる?自己流は危険?ファスティングの効果や注意点について

ファスティングってどうやる?自己流は危険?ファスティングの効果や注意点について

健康法として、近年注目を集めている「ファスティング」。

正しく行えばさまざまなメリットがありますが、気をつけるべき注意点もたくさんあります。

今回はファスティングの魅力や効果、どう行うべきかについてや、注意点などをご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

「ファスティング」って何?

「ファスティング」って何?

「ファスティング」という言葉は聞いたことがある方も多いと思います。

「ファスティング」とは日本語では「断食」という意味。

ですが、すべてのファスティングが、飲まず食わず…という訳ではありません。

健康や美容目的で行われるファスティングでは、お茶やジュース、酵素ドリンクなどで栄養は摂りつつ、一定の期間、固形物を摂取しないという方法で行われます。

ファスティングを行うことで、ダイエットはもちろん、胃腸などの消化器官を休ませたり、知らず知らずのうちに汚れてしまった細胞をデトックスしたり、などの効果が期待されます。

ファスティングってどんなもの?

ファスティングってどんなもの?

ファスティングにはさまざまな種類があり、どれも明確な定義はなく、種類によって期間や内容は変わってきます。

どんなものをどのくらいの期間行うかによって、カラダに及ぶ影響もまた、変わってきます。

最近注目されている「16時間断食」や、半日〜1日の短期間のもの、3日間以上続けるものなど、種類は色々です。

ファスティングは、ファスティングを行う期間の他に、「準備期間」と「回復食期間」があり、この期間もファスティングにはとても重要なもの。

この機会に無理をしてしまうと、ファスティングによって休んでいた内臓を急激に刺激してしまい、逆に体調を崩してしまうことも…。

ただ食べないことが重要なわけではなく、この前後の期間もファスティングの効果を高めるポイントになります。

詳しいやり方は、オンライン講座やワークショップなどで、専門家や医師から基礎知識を学んでから行うのをオススメします。

ファスティングの効果とは?

ファスティングの効果とは?

ファスティングが良いと言われるのには、その効果にあります。

中には治療として行われるケースもある、ファスティング。

期待される効果をご紹介します。

アンチエイジング効果

アンチエイジング効果

ファスティングは、心身の若返りをサポートしてくれる効果が期待できます。

最近の研究では、空腹が16時間続くと「オートファジー」が活発になることが分かっています。

オートファジーとは、細胞が新しく生まれ変わる作用があるもの。

それによって、肌がキレイになるなどのアンチエイジングの効果が得られます。

デトックス効果

デトックス効果

どんなに気をつけていても、カラダの中には多少の毒素が溜まってしまうもの。

それは、食事をしていれば避けては通れないことです。

ファスティングでは、毎日酷使されている内臓を一定期間休ませて活性化させることで、毒素の排出する機能も活性化させます。

それによって体内の毒素や老廃物が排出されるため、デトックス効果が得られるのです。

ダイエット効果

ダイエット効果

ファスティングは、ダイエット目的で行う方も多いものです。

食べないことによって痩せるのは当然ですが、それはすぐに戻ってしまいます。

ファスティングダイエットの目的は、臓器を休めることにあります。

食べないことで臓器が休まって元気になり、体内環境が整うことにより、代謝が良くなって痩せるという効果が期待できます。

ファスティングの注意点

ファスティングの注意点

ファスティングは、やって効果がある人もいれば、カラダにかかる負担の方が大きい人もいます。

体力のない方や持病がある方、妊娠中の方などは、ファスティングは控えた方がいいでしょう。

他にもファスティングには注意点がたくさんありますので、チェックしましょう。

自己流は危険

自己流は危険

ネットを見ればファスティングについてさまざまな事が書かれていますが、中途半端な知識で行うのは危険が伴います。

自己流で行うファスティングは危険なだけではなく、健康を損ねてしまう可能性もあるのです。

専門家や医師の指導者の下で、安全に行うことをオススメします。

リバウンド

リバウンド

ファスティングは行った後に、特に注意が必要です。

ファスティング後は、カラダが空っぽで、普段よりも吸収しやすくなっています。

そこで突然たくさん食べてしまうと、リバウンドや体調不良の原因に…。

回復期間は特に、食生活に注意しましょう。

具合が悪くなったら中断を

具合が悪くなったら中断を

ファスティングを行っていると、好転反応が出ることがあります。

好転反応は効果のひとつであり、症状は人それぞれですが、めまいや頭痛、吐き気などの症状が現れることがあるもの。

ですが、しばらくしても体調が改善せず、悪化していくような場合には、ファスティングを中止する必要があります。

ファスティングには向き不向きがあるので、具合が悪いと感じたら、すぐに中断しましょう

事前にしっかり知識を得る

事前にしっかり知識を得る

ファスティングを行って良い効果を得るためには、正しいやり方で行う必要があります。

専門家や医師による、講座やワークショップなどを受けて、事前にしっかりと知識を得ましょう。

ファスティングは専門家の指導のもとで正しく行おう!

ファスティングは専門家の指導のもとで正しく行おう!

最近はファスティングが身近になってきましたよね。

断食道場やオンライン講座、ホテルでのファスティングワークショップなど、楽しく学びながらファスティングを行えるサービスも増えています。

初めてのファスティングは自己流ではなく、専門家の指導のもとで正しく行うのがオススメです。

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報