SPARK用のタグ

腸内フローラを整えよう!腸内環境を整えるポイントとヨガポーズ

みなさん、「腸内フローラ」という言葉は聞いたことがありますか?

腸内フローラを整えることは、健康に密接に関係しているのです。

今回は、腸内フローラについてや、腸内環境を整えるヨガポーズをご紹介します。

RYT200を取得する前に資料をみる

腸内フローラとは?

腸内フローラとは?

人の腸内には、およそ1,000種類以上、100兆個以上にも及ぶさまざまな細菌が住んでいます。

そんな腸内を顕微鏡で覗いてみると「お花畑」のように見えることから、お花畑を表す“flora”を用いて「腸内フローラ」と呼ばれるようになったのです。

人の腸内環境は腸内フローラのバランスに影響されており、その細菌は大きく3つに分類されます。

腸内フローラの3つの細菌についてご紹介します。

善玉菌

『善玉菌』は、積極的に増やしたい菌です。

免疫力をアップさせたり、腸の働きを活性化させたりなど、カラダを守る働きをしてくれる菌です。

ビフィズス菌や乳酸菌などが含まれます。

悪玉菌

『悪玉菌』は、増えすぎると、カラダに悪い影響を及ぼす菌です。

便秘や下痢、便の臭いの原因にもなってしまいます。

ウェルシュ菌やブドウ球菌など。

日和見菌

『日和見菌』は善玉菌、悪玉菌のどちらにも属さない菌です。

カラダの調子によって、良い働きも悪い働きもする菌です。

バクテロイデスや大腸菌(無毒株)など。

腸内フローラのバランスが乱れると?

腸内フローラのバランスが乱れると?

腸内フローラのバランスは、カラダの健康を深く左右するものです。

腸内フローラのバランスが崩れ、腸内の悪玉菌が増えてしまうと、悪玉菌によって作られる有害物質が腸から体内に巡り、体調不良を引き起こしてしまいます。

食生活や生活習慣の乱れ、ストレスなどにより腸内フローラのバランスは崩れやすくなってしまいます。

腸内フローラのバランスを改善するポイント3つ

腸内フローラのバランスを改善するポイント3つ

腸内フローラを整えることは、カラダの健康に直結すると言っても過言ではありません。

腸内フローラのバランスは、日常の生活習慣を見直すことで改善が期待されます。

腸内フローラを改善するポイント3つをご紹介します。

食事改善

腸内フローラのバランスを整えるには、善玉菌を積極的に増やし、悪玉菌を増やさないことが大切です。

乳酸菌やビフィズス菌、酵母菌などを含む発酵食品(ヨーグルト、キムチ、納豆など)や、食物繊維が多い食べ物(おくら、キャベツ、わかめなど)、善玉菌のエサになるオリゴ糖(たまねぎ、ごぼう、バナナなど)を積極的に摂取しましょう。

ファーストフードなど、添加物の多い食品はできるだけ控えましょう。

適度な運動

運動不足も腸内フローラを乱す原因になってしまいます。

カラダを動かすことは、腸を刺激して活性化してくれます。

胃腸を刺激するポーズが多いヨガなども、腸内環境の改善におすすめです。

ストレス解消

腸はストレスに弱いので、ストレスを溜めないことも腸内フローラを整えるのに大切なポイントです。

ストレスは善玉菌を減少させたり、腸の働きを悪くしたりしてしまうもの。

適度なストレス解消を心がけましょう。

腸内環境を改善に導くヨガポーズ3つ!

ヨガには内臓を刺激して活性化させるポーズもたくさんあります。

自律神経を整えてストレス緩和につながるヨガは、腸内環境の改善に適したエクササイズです。

今回は、腸を刺激して、腸内環境の改善に役立つポーズ3つをご紹介します。

半分の魚の王のポーズ

半分の魚の王のポーズ

『半分の魚の王のポーズ』は、ヨガの代表的な「ねじり」のポーズのひとつ。

上半身をねじるこのポーズは、胃腸を刺激て活性化させ、腸内環境の改善が期待できます。

やり方
  1. 長座になり、右足はヒザを曲げて左足をまたぐ。
  2. 右手はお尻の後ろに置き、カラダをまっすぐに支える。
  3. 息を吸いながら左手を上に伸ばし、吐きながら左のヒジを曲げてを右ヒザに引っかけてウエストからねじる。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 反対側も同じように行う。

背中が丸くなると深くねじることができないので、背筋を長く伸ばす意識を保ちましょう。

針の糸通しのポーズ

針の糸通しのポーズ

上半身をねじりつつ、肩まわりの筋肉や背骨をほぐす『針の糸通しのポーズ』。

ねじりによる胃腸の活性化や、肩こり緩和、姿勢の改善に効果的なポーズです。

やり方
  1. 肩の下に手、骨盤の下にヒザがあるようにして四つん這いになる。
  2. 息を吸いながら、右手を横を上にあげる。視線も上に。
  3. 息を吐きながら右手を横から回して、左の肩の下に通す。右手から頭まで床につける。
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する。
  5. 反対側も同じようにやる。

ヒザの上に骨盤があるように意識しましょう。

チャイルドポーズ(バリエーション)

チャイルドポーズ(バリエーション)

休憩のポーズとして使われることが多い『チャイルドポーズ』。

ゲンコツを挟むことで、胃腸を刺激するバリエーションです。

やり方
  1. 正座になる。ゲンコツを両手で作り、足の付け根に置く。
  2. 息を吸いながら背筋を伸ばし、吐きながら上体を前に倒す。
  3. おでこは可能なら床につき、そのまま3〜5回呼吸する。

深くゆっくり呼吸をして、ゲンコツの刺激を感じてみましょう。

腸内フローラを整えて健康に!

腸内フローラを整えて健康に!

腸内フローラは健康に密接に関係しているもの。

日常生活を見直すことで、腸内フローラのバランスを改善することができます。

この機会に腸内環境を見直してみてくださいね!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報