男性でもヨガインストラクターになれる?男性ヨガインストラクターとして成功するには?

男性でもヨガインストラクターになれる?

昨今、ヨガに興味を持つ男性が増えていますが、まだまだ男性のヨガ人口は女性よりもかなり少ないですよね。

ヨガスタジオは女性が多いため、男性にはハードルが高いと聞きます。

同じ理由で、男性がヨガインストラクターを目指すこともハードルが高いようです。

今回は、男性がヨガインストラクターになることについて解説したいと思います。

男性でもヨガインストラクターになれる?

男性でもヨガインストラクターになれる?

もちろん、男性でもヨガインストラクターになれます。

日本のヨガ人口は女性が圧倒的に多く、男性のヨガ人口は少ないですが、以前よりは増えています。

海外では男性のヨガ人口は日本よりもかなり多く、その影響でこれから徐々に男性ヨガも日本に浸透してくるでしょう。

男性のヨガインストラクターが増えることで、男性も今以上にヨガスタジオに通いやすくなるので、男性ヨガインストラクターはこれからニーズがどんどん高まる可能性もあるのです。

男性がヨガインストラクターになるメリットとデメリット

男性のヨガインストラクターは女性よりも少なく、珍しいことは確かです。

しかし、少ないことによって、生じる利点注意点もいくつかあります。

ここからは、男性がヨガインストラクターになるメリットとデメリットについてご紹介します。

男性ヨガインストラクターのメリット

繰り返しになりますが、男性のヨガインストラクターは女性より圧倒的に数が少ないです。

ですから、メンズヨガのクラスを行いたいヨガスタジオや、パワーヨガなどの運動量が高く男性向けのヨガクラスを行いたいジムなどでの需要はむしろ高いのです。

男性のヨガインストラクターは、場所によっては採用率も高いので、場合によっては女性ヨガインストラクターよりも仕事につきやすいと言えます。

男性ヨガインストラクターのデメリット

ホットヨガなどは、特に女性専用のヨガスタジオが多いのが実情です。

女性専用ではなくても、女性が圧倒的に多いヨガスタジオでは、場合によっては男性ヨガインストラクターは敬遠されてしまう可能性も。

就職先を探す時は、男性を受け入れているヨガスタジオなのか事前にチェックが必要です。

男性がヨガインストラクター資格を取る時の注意点は?

男性がヨガインストラクター資格を取る時の注意点は?

男性がヨガインストラクターになる場合も、もちろんヨガ資格を取得することになります。

ヨガのベーシックな資格であるRYT200の養成講座はたくさんあり、その中から選んで資格を取得しなければなりません。

ここからは、男性がヨガインストラクター資格を取得する際の注意点をご紹介します。

男性ヨガインストラクターが教えているRYT200養成講座を選ぶ

ヨガ資格を取得する際には、男性は男性のヨガインストラクターから習うのがベストでしょう。

女性と男性では柔軟性や骨格にも差があり、女性が得意な傾向にあるアーサナや、男性向きのアーサナなどもあります。

自分と同じ種類の体を持っている男性から習った方がスムーズにヨガを学べます。

もちろん、男女両方から習うと視野が広がるので、女性インストラクターから習って学べることもあります。

両方から学べるように、少なくとも1人は男性のヨガインストラクターがいるヨガ資格養成講座を選んだ方がいいでしょう。

中には女性向けのところも…

ヨガインストラクター養成講座の中には、女性のみ受講可能な講座もあります。

その場合は男性は受けられないので事前にチェックが必要です。

そして、指導してくれる講師が女性のみの講座も存在します。

やはり男性は、男性インストラクターからも学んだ方がいいので女性講師だけの講座はあまりおすすめしません。

事前にどんな講師陣なのか、資料請求や説明会に行ってチェックしましょう。

男性がヨガインストラクターの求人を探す時の注意点は?

ヨガインストラクター資格の短期取得にかかる期間は?

ヨガインストラクター資格を取得したら、ヨガの求人サイトやフィットネス系求人サイトなどで仕事を探します。

男性ヨガインストラクターが優遇される場合もあれば、男性NGな場合もあります。

ここからは、男性ヨガインストラクターならではの注意点をご紹介します。

メンズヨガや男性向けヨガクラスがあるスタジオやジム

男性ヨガインストラクターは数が少ない分、場所によってはニーズが高く、採用率も高いです。

ヨガの求人を探す時には、スタジオに男性ヨガインストラクターが在籍しているか、男性向けの運動量の高いパワーヨガやメンズヨガなどがあるか等をチェックしましょう。

男性ヨガインストラクターが在籍しているスタジオは男性向けのレッスンも行なっているということなので、受け入れられる可能性も高まります。

男性ヨガインストラクターがひとりもいない場合でも、男性向けのヨガクラスを開設したいと思っている場合もあるのでタイミングによっては採用率が高まります。

男性が多く通うジムなども男性ヨガインストラクターを求めていることも多いのでチェックしましょう。

女性が多いスタジオは難しい

女性専用ヨガスタジオが多いのも事実です。

女性専用かどうかは必ずチェックしてから応募しましょう。

また、女性専用と書いていなくても、女性が多く男性ヨガインストラクターを求めていない場合もあります。

男性ヨガインストラクターの場合は、場所によってニーズや採用率に差があると言えるでしょう。

男性ももちろんヨガインストラクターになれる!

男性ももちろんヨガインストラクターになれる!

ヨガインストラクターは女性の方が圧倒的に多いので、男性は尻込みしてしまいますよね。

ですが、男性ヨガインストラクターは、これから需要が高まる可能性が大きい職業です。

男性ヨガインストラクターになって、男性のヨガ人口を増やしましょう!

ちなみに、当スクールは「ヨガ経験者が選ぶ、卒業後の活躍が期待できるヨガスクール」で1位を獲得しました。

実際にあの有名な男性ヨガインストラクターである佐藤ゴウさんも当スクールで教えています。

気になる方は、次のボタンから無料で資料を請求することができますので、ぜひ気軽にお問い合わせくださいね!

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
MCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。