朝活しよう!朝活に取り入れたい行動とおすすめヨガポーズ

朝活しよう!朝活に取り入れたい行動とおすすめヨガポーズ

1日の始まりである朝の時間を有効活用できる「朝活」。

朝の過ごし方は、その日1日の気分やパフォーマンスにも影響してくるものです。

今回は朝活にオススメの行動やヨガポーズをご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

朝活とは?

朝活とは?

「朝活」とは、その名の通り、朝にする活動のことを言います。

出勤前などの朝の時間を有効活用し、趣味や勉強などにあてる「朝活」。

「朝活」は長時間ではないものの、睡眠を取って休息した後の心身はリフレッシュしているため、短時間でも充実した時間を過ごせるでしょう。

前日の夜に「明日の朝は〇〇をしよう!」と決めておくと、次の日へのモチベーションも高まってオススメです。

また、「朝活」はルーティンとして継続することで身になるものです。

「朝活」の効果が実感できるようになると、継続するのが楽しくなるでしょう。

朝活に取り入れたい行動4つ

朝活に取り入れたい行動4つ

朝に行う行動は、その日1日のモチベーションやパフォーマンスにも影響を及ぼすものです。

充実した1日を送るための、「朝活」にオススメの行動をご紹介します。

ウォーキング

ウォーキング

ウォーキングはとても手軽に行え、「朝活」にオススメの行動のひとつ。

ウォーキングは有酸素運動なので、継続することで生活習慣病等の予防にも効果的です。

また、朝に太陽の光を浴びることは、体内時計を整えてくれるもの。

眠い心身が暖まって目覚め、代謝もアップしてくれます。

また、朝に日光を浴びることで体内に生成される「セロトニン」は、夜には「メラトニン」に変換されます。

「メラトニン」は、睡眠を手助けするホルモンであるため、安眠効果にもつながるのです。

ヨガなどの軽い運動

ヨガなどの軽い運動

朝に軽い運動を行うと、基礎代謝が上がり、その日1日、基礎代謝が上がった状態で過ごせます。

ダイエットをしたい方や、運動不足が気になる方には、「朝活」に軽い運動をするのがオススメです。

しかし、朝はカラダが固くなっている状態でもあるため、強度が高すぎずにカラダをほぐせる「ヨガ」などがいいでしょう。

ヨガは呼吸とともに心身を目覚めさせて、1日のパフォーマンスを高めてくれます。

朝食

朝食

朝食はその日1日のエネルギーとなるものです。

出勤のギリギリまで寝ていて、朝を抜く方も少なくありません。

しかし朝ご飯を抜いてしまうと、カラダも脳もエネルギーが足りず、パフォーマンスが低下してしまう場合も。

バランスの取れた朝食を取ることで、活力のある1日が送れます。

たまにはカフェなどで、少し豪華なモーニングを食べるのも、気分転換になりオススメです。

勉強

勉強

朝は脳の休息が十分に取れた後なので、勉強がはかどる時間帯です。

資格の取得やスキルアップを目指している方には、「朝活」に勉強をするのがオススメです。

短い時間でも高い集中力で学べるでしょう。

朝活にオススメのヨガポーズ3つ

朝活にオススメのヨガポーズ3つ

ヨガは「朝活」にオススメの行動のひとつ。

朝のカラダはまだ目覚めていないため、ゆっくりと心身を暖めて、活性化させてくれるポーズを取るのがいいでしょう。

「朝活」にオススメのヨガポーズ3つをご紹介します。

キャットアンドカウ

キャットアンドカウ

ヨガのレッスンのウォームアップとして、使われることの多い「キャットアンドカウ」。

呼吸を意識しやすいポーズであり、背骨をほぐしてカラダを目覚めさせてくれるでしょう。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる
  2. ゆっくり息を吐きながら、両手で床を押し背骨を丸める(猫のポーズ)
  3. 続いて、ゆっくりと息を吸いながら背中を反らせる(牛のポーズ)
  4. 呼吸に合わせて3〜5回くり返す

猫のポーズでは尾てい骨を下に、牛のポーズでは上に向けるように意識して行いましょう。

三日月のポーズ

三日月のポーズ

股関節まわりを深くストレッチできる「三日月のポーズ」。

股関節を伸ばすことで、リンパや血液の循環を手助けし、代謝をアップしてくれます。

朝のカラダを温めるのにピッタリのポーズです。

やり方
  1. 肩の下に手が、骨盤の下にヒザがあるようにして、四つん這いになる
  2. 手と手の間に右足を大きく一歩踏み込む。胴体を床から垂直に起こす
  3. 手を合わせ、ゆっくりと息を吸いながら上に伸ばして背中も反らせる
  4. そのままゆっくり3〜5回呼吸する
  5. 終わったら反対側も同じように行う

股関節の伸びを感じながら、ゆっくりとした呼吸で行いましょう。

三角のポーズ

三角のポーズ

「三角のポーズ」は、体幹強化や全身のストレッチに効果的なポーズです。

強度は少し高いですが、朝に行うことで1日の活力を高めてくれるでしょう。

やり方
  1. 手を横に広げて立ち、手の下に足がくるように、足幅を大きく開く
  2. 左足のつま先を外側に90度回転させる。右足のつま先は、少しだけ内側に向ける
  3. 息を吸って背筋を伸ばし、吐きながら上体を左に傾ける
  4. 左手は床かスネに置く。視線は天井に
  5. そのままゆっくり3〜5回呼吸する
  6. 終わったら反対側も同じようにやる

腰を引いたり、上体が前傾したりしないように注意しましょう。

朝活ヨガで1日のパフォーマンスアップ

朝活ヨガで1日のパフォーマンスアップ

朝に太陽の光を浴びながら行うヨガは、心身を気持ちよく目覚めさせてくれます。

その日1日、活力を持って過ごせるかも知れません。

ぜひ「朝活」にヨガを試してみてくださいね!

ヨガを深めたい方へ【体験レッスン有り】

一人一人の筋肉量や柔軟性によって、ポーズ(アーサナ)の最適な強度やコツが違います。
キャンペーンの機会に、ぜひプロのインストラクターと一緒にヨガを楽しみませんか?

新たな学びやあなたに合ったフィードバックももらえるかもしれません。

  • 講師全員が「RYT200」を所持するプロインストラクター
  • 全30種のレッスンプログラム
  • 身体が硬い人・初めての方も多数いて安心!
  • 複数人でヨガを行う気持ち良さや楽しさを味わおう!

▼YMCのヨガスタジオを詳しくチェック▼
>>入会金¥0!スタート応援キャンペーンの詳細を見る

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報