ピラティスはマットとマシンどっちを選ぶ?目的と効果に沿った選び方

ピラティスはマットとマシンどっちを選ぶ?目的と効果に沿った選び方

ピラティスには、マットピラティスマシンピラティスの、2種類があるのはご存知でしょうか?

「マシンピラティスは、初心者には難しそう…」と思われがちですが、そういう訳でもないのです。

今回はマットピラティスとマシンピラティスの効果の違いなどについて、ご紹介します。

ピラティスとは?

ピラティスとは?

ピラティスとは、ドイツ従軍のジョセフ・H・ピラティスによって第一次世界大戦時に、負傷兵のケガや病気を回復させる、リハビリとして考案されたエクササイズです。

後にピラティス氏はアメリカに渡り、ダンサーやアスリートの間でボディメンテナンスとして、ピラティスのエクササイズは広まりました。

現在、ピラティスはボディラインの改善や、健康的なカラダ作りに効果的なものとして世界中で行われています。

>>ピラティスとヨガの違いとは?ヨガに向いてる人、ピラティスに向いてる人の特徴解説

ピラティスの種類は大きく分けて2種類

上述のとおり、ピラティスにはマットを使う「マットピラティス」とマシンを使う「マシンピラティス」があります。

それぞれの特徴について、簡単に解説します。

マットピラティスとは

マットピラティスとは

マットピラティスとは、その名の通りマットの上で行うピラティスのエクササイズです。

日本ではマシンピラティスよりも普及しており、一般的な認知度も高いです。

ヨガスタジオやスポーツジムなどでグループレッスンを行なっているのを見かけたことがある人も多いでしょう。

マットピラティスは、自分のカラダの重さを使ってカラダを鍛える自重トレーニングのひとつです。

バランスボールなどを使うこともあります。

マシンピラティスとは

マシンピラティスとは

マシンピラティスとは、ジョセフ・H・ピラティスが開発したピラティスマシンを使用しながら行うピラティスのことです。

リフォーマー、キャディラック、バレル、チェアーなどが、代表的なピラティスマシンになります。

これらのマシンを使用することで、約600種類のエクササイズが可能なのです。

マットピラティスとマシンピラティスの効果とは?

マットピラティスとマシンピラティスの効果とは?

「マットピラティス」と「マシンピラティス」はそれぞれ効果が違います。

それぞれ使い分けることで、効率的にカラダを鍛えられるでしょう。

2種類のピラティスの、主な効果をご紹介します。

マットピラティスの効果

マットピラティスでは流れるような動きのエクササイズを行い、体幹トレーニング効果をメインに、カラダをまんべんなく鍛えることができます。

マットピラティスは、全体的なボディラインを改善してくれるエクササイズです。

マット1枚でどこでもできるので、自宅で動画を見ながらでもでき、継続しやすいこともポイントです。

マシンピラティスの効果

マシンピラティスは、一見難しそうに見えますが、実はピラティス初心者には、マシンピラティスの方が良いとも言われているのです。

マットピラティスとマシンピラティスでは共通したエクササイズも多く、最初にマシンを使うことで、正しいフォームを身につけることができます。

マシンピラティスでは負荷も調整できるので、力の弱い人はサポートとして使ったり、アスリートは負荷を多くしてトレーニングとして使ったり、さまざまな用途があるのです。

また、カラダを全体的に鍛えるマットピラティスと比べて、マシンピラティスでは気になる場所を部分的に鍛えることにも適しています。

マットピラティスとマシンピラティス、それぞれのデメリット

マットピラティスとマシンピラティス、それぞれのデメリット

「マットピラティス」と「マシンピラティス」はどちらも美容や健康に効果的なエクササイズです。

ですが、どちらも多少のデメリットはあるもの。

それぞれのデメリットを知り、補いながらエクササイズを行いましょう。

マットピラティスのデメリット

実はマットピラティスのエクササイズは初心者には難しいとも言われており、筋力が少ないと正しいフォームがなかなか出来ないことも。

フォームが正しくないと効果が半減してしまったり、意図とは違う筋肉を鍛えてしまったりするのです。

マシンピラティスのデメリット

マシンを家に置ける方はなかなかいないので、手軽に継続しにくいのが1番のデメリットでしょう。

そして、日本においてはマットピラティスに比べると普及率が低く、マシンピラティスがあるスクールに通いにくい方も多いかも知れません。

また、マットピラティスのレッスンよりもコストが高いという点もデメリットのひとつと言えます。

マットピラティスとマシンピラティスは使い分けよう

マットピラティスとマシンピラティスは使い分けよう

「マットピラティス」と「マシンピラティス」はそれぞれの効果に違いがあり、使い分けることでデメリットも補い合うことができます。

マット1枚でどこでもできてカラダを全体的に鍛えられる「マットピラティス」と、ピラティスの正しいフォームを学べたり部分的なトレーニングができる「マシンピラティス」

マットピラティスに通いながら、時々マシンピラティスで足りない筋肉を鍛えたり、正しいフォームを学んだりして、それぞれの効果を活用しましょう。

ピラティスはマットとマシン、それぞれに別の効果が

ピラティスはマットとマシン、それぞれに別の効果が

ピラティスは美容や健康に効果的な、おすすめのエクササイズです。

マットとマシンは使い分けることで、更なる効果が期待できます。

どちらもぜひ挑戦してみましょう!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。