SPARK用のタグ

体が硬くてもRYT200を受けて大丈夫?ついていけるか不安な方へ

体が硬くてもRYT200を受けて大丈夫?ついていけるか不安な方へ

ヨガインストラクターを目指す人たちが受けるRYT200コース。

ですが、人よりも体が硬いと「体が硬くても受けて大丈夫なの?」「体が硬くてもRYT200は取得できるの?」と心配ですよね。

今回は、体が硬い人がRYT200を受けて大丈夫なのかどうかについて、詳しくご紹介します!

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200とは?

RYT200とは?

RYT200とはRegistered Yoga Teacherの略で、全米ヨガアライアンス認定ヨガインストラクターということを意味します。

全米ヨガアライアンス認定資格であるRYTは、ヨガインストラクターを目指す基盤となる資格。

RYT200は世界70カ国以上で通用する、数あるヨガ資格の中でもっとも国際的なヨガ資格でもあります。

RYT200の取得を目指すコースでは、アーサナ、ヨガ哲学、解剖学、指導法などを200時間かけてバランスよく学べるように、全米ヨガアライアンスによってカリキュラムが制定されています。

>>RYT200とは?取得費用や難易度、事前に準備しておくべきことを解説

体が硬くてもRYT200を取得できる?

体が硬くてもRYT200を取得できる?

体が硬い人でも、ヨガインストラクターを目指してRYT200を取得することはもちろんできます。

アーサナはヨガのほんの一部に過ぎず、ヨガを深めるのに体の硬さは関係ありません。

ですが、ヨガインストラクターはヨガを教えるのが仕事です。

ヨガインストラクターとして働くためには、生徒さんにお手本が見せられる程度の体の柔軟性は求められます。

そのため、体の硬さを補うためのアーサナの軽減法を覚えたり、柔軟性アップのためにストレッチをしたりするなどの、相応の努力は必要になってきます。

>>体が硬い人でもヨガインストラクターになれる?

体が硬くてもRYT200を受けて大丈夫な理由4つ

体が硬くてもRYT200を受けて大丈夫な理由4つ

ヨガはさまざまなボディタイプの人が楽しめるものです。

「体が硬いから…」とヨガインストラクターになるのを諦める必要はありません。

体が硬くてもRYT200を受けて大丈夫な理由4つをご紹介します!

RYT200はアーサナだけではない

ヨガはアーサナばかりが注目されがちですが、アーサナはヨガのほんの一部に過ぎません。

アーサナを行うことに関しては、体が柔軟な方がアドバンテージがあるもの。

体が硬いとやりにくいポーズもあるでしょう。

ですが、呼吸法やヨガ哲学を使った考え方など、アーサナ以外にもRYT200で学ぶことはたくさんあります。

RYT200はアーサナだけではないので、体の柔軟性に関係なく受けることができるのです。

アーサナには軽減法もある

体が硬い人にはやりにくいことも多いアーサナですが、アーサナには軽減法があります。

ヨガを始めたばかりの方や、苦手なアーサナがある方は、ヨガブロックやヨガバンドなどのプロップスを用いてアーサナの軽減法を行います。

ヨガのアーサナは見た目がキレイにできることが目的ではなく、効果を得ることが目的です。

軽減法でも同様の効果が得られるので、体が硬くても問題ないのです。

体が硬い人の気持ちが分かる

体が硬い人がヨガインストラクターを目指す場合、柔軟性を高めるために色々な努力をしなければなりません。

その努力した経験は、ヨガインストラクターになった時に役に立つもの。

自分と同じように体が硬くてアーサナを行うのがに大変な生徒さんの気持ちが分かり、適切な助言をしてあげられます。

逆に元々体が柔らかい人は、初めから簡単にアーサナができてしまうことも多いです。

そのような場合、体が硬い人の気持ちを想像するのが難しいことも…。

アーサナができない人や初心者の気持ちに寄り添えるのは、体が硬い人のアドバンテージなのです。

体は柔らかくなる

ヨガのアーサナは、正しく継続していれば、徐々に深まっていくものです。

個人差はあるものの、ヨガには体の柔軟性を高める効果があり、努力次第で、ある程度の柔軟性は身につけられます。

体が硬くて色々なアーサナができなかった人も、RYT200でヨガに毎日関わっているうちに、できるアーサナが増えてくることも多いのです。

体が硬くて不安なら、YMCのRYT200コースがおすすめ!

ヨガ初心者におすすめのYMCのRYT200コースとは?

当校YMCメディカルトレーナーズスクールのRYT200コースは、どのような方にも柔軟に対応できるので安心してご受講いただけます。

YMCでは、スクールに通う半数以上の方が初心者からのスタート。

「自分だけが初心者で付いていくのに大変…」というようなことはありません。

そして、YMCの平均受講期間は約9ヶ月と時間をかけてマイペースに学べるのも初心者には嬉しいポイントです。

YMCでは養成スクールだけではなく、ヨガスタジオも併設しており、もちろんレッスンが受けられます。

そして生徒一人ひとりに担任が付くので、さまざまな質問や就職の相談にもいつでも答えられる体制も魅力のひとつ。

ヨガインストラクターとしての基本となる知識から、マタニティやシニアヨガの基本知識など幅広い知識を身に着けていくことが可能なコースになっています。

>>YMCで実施しているRYT200コースの詳しい内容はこちら

自宅で学べるオンラインのRYT200コースも大好評!

コロナ禍の現在は、オンラインでRYT200が取得できる「全米ヨガアライアンスRYT200(オンライン)コース」がおすすめです。

オンライン講義の他に、録画視聴で好きな時間に授業を受けられます。

スキマ時間を有効活用して、自宅から資格取得を目指せるコースです。

オンラインならではのリーズナブルな価格も魅力です。

>>YMCがRYT200をオンラインで取得できるコースを開始!安心、充実な内容をご紹介!

体が硬くてもRYT200は受けられる!

体が硬くてもRYT200は受けられる!

アーサナはヨガの一部に過ぎず、体が硬くてアーサナがやりにくいことはヨガを深める上で問題ではありません。

ヨガの魅力を知り、深めたい人なら誰でもRYT200を受けられます。

興味がある方は、まずはYMCの資料請求を!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。

おすすめ情報