RYT200とは?取得費用や難易度、事前に準備しておくべきことを解説

RYT200ロゴ

RYT200とは、ヨガのインストラクターを目指す人たちにとって「登竜門」ともいえる代表的なヨガの資格の1つです。

ここではRYT200の取得を検討されている方に向け、取得費用や難易度、事前に準備しておくべきことを解説しましょう。

ヨガインストラクターを目指すなら、RYT200は取得すべき資格?

ヨガインストラクターを目指すなら、RYT200は取得すべき資格?

そもそも、ヨガインストラクターを目指すのであればRYT200を取得しておくべきなのでしょうか?

答えは「イエス」でもあり「ノー」でもあります。

イエスの理由は「誰にでもわかりやすく、ヨガをどれくらい勉強してきたかを一言で伝えられるから」

「ヨガが好きです」「ヨガを教えられます」という言葉の裏付けとして「RYT200も取得済みです」と言えるのは、大きなアドバンテージになるでしょう。

一方、ノーは「この資格があるかないかでヨガインストラクターの価値は決まらない」という点にあります。

どのような経緯でインストラクターになるかは人それぞれですが、一般的には趣味でヨガを始め、ヨガを続けているうちにヨガが大好きになって、インストラクターを目指すという流れが多いのではないでしょうか。

その場合、やはりインストラクターへの足掛かりはRYT200になることは間違いありません。

RYT200の内容はスクールによって異なる

RYT200の内容はスクールによって異なる

RYT200は提供しているスクールによって内容が大きく異なります。

ただしヨガのアーサナ、哲学、解剖学など、初級クラスのヨガを指導する上での最低限の知識についてはカリキュラムとして必ず含まれている、というのがルールです。

しかし、どの授業にどれくらいの時間を注ぐかは、スクールによって異なります。

アーサナがメインのスクール、哲学がメインのスクール、解剖学に圧倒的な時間を注ぐスクールなど、RYT200にも個性がありますので、自分が検討しているスクールのRYT200の中には、自分の勉強したいものが多く含まれているかどうかをチェックする必要があります。

自分のなりたいインストラクターのイメージに近づけてくれるRYT200を受講すれば、それは満足度の高い時間になり、またインストラクターになるまでのイメージも持ちやすいのではないかと思います。

いずれにせよRYT200を取得しているという事は、少なくともヨガを200時間以上は勉強している証明になります。

インストラクターの求人に応募する際にも、どのような勉強をしてきたかを「RYT200取得」と簡単に説明することもできます。

また現時点ではかなり多くのヨガインストラクターがこのRYT200を取得しているため、なんとなく持っていないと恥ずかしい気持ちになるかもしれません。

RYT200を持っていないインストラクターにも目を向けてみて

RYT200を持っていないインストラクターにも目を向けてみて

一方でRYT200を持っていない優秀なインストラクターもたくさんいます。

例えばRYT200がここまで主流になるより前からヨガインストラクターとして活躍されている、ヨガインストラクター歴20〜30年以上の大御所の先生たちの中には、案外RYT200を持っていない先生が多いのです。

また、各スタジオが独自に発行している資格で、そのままインストラクターとして活躍されている方にもRYT200取得者は少ないです。

さらにマタニティーヨガや顔ヨガなどの専門的なヨガを教えている方にもRYT200取得はしていない人が割と見受けられます。

RYT200を取得するかどうかは、自分がどんなインストラクターになりたいかを含め、持っていない先生方についても参考にしてみると、自分にとって必要かどうかの見極めに役立つと思います。

RYT200の費用について

RYT200の費用について

RYT200の費用については、ばらつきがあります。

一般的に安くて30万円〜高くて60万円位が相場です。

いずれにせよ、安いものではないのでじっくり検討する必要があると思いますが、個人的に注意が必要なのは積み上げタイプの講座だと思います。

レベル1で10万円、レベル2で10万円、レベル3で12万円、最終的に全部のレベルを終えると「RYT200も申請できます」というタイプです。

確かに1度に支払う金額は少なくて済むというメリットがありますが、どうせお金を払うのであればRYT200取得まで一気に集中して済ませてしまった方が無駄がなく、途中で余計な迷いが生じないで済むと思います。

また、カリキュラムのなかにどんな内容が含まれているかは必ずチェックすべきです。

例えば、妊婦や産後の女性、高齢者にどのように指導すべきか、という時間が少しでも含まれていないと、実践でそのような生徒さんが参加した時に困り果ててしまいます。

もちろん妊婦さんや産後女性、高齢者などへヨガを伝えることはRYT200だけでは難しいので、それぞれ専門の資格があるほどです。

しかし、RYT200の基礎でも最低限を触れてもらっておくことは、実践に入る時に自信になると思います。

>>YMCメディカルトレーナーズスクールのRYT200費用やコース内容はこちら

RYT200の難易度について

RYT200の難易度について

RYT200の難易度についてはそれほど難しく考えず、例え今ヨガの経験が不十分だと思っていても、心配せずにチャレンジして大丈夫です。

必ずしも上級ポーズができなければいけないわけではありませんし、試験もありますが、それは落とす試験というより「車の運転免許の試験」に近いような形です。

養成スクールによってはかなり厳しくなかなか合格に至らないスクールもありますが、そのようなスクールは珍しいです。

実力をつけたい人にとっては厳しいスクールの方がためになりますが、とりあえず資格だけ取得したいというのであれば「初心者歓迎」など文言のあるRYT200のスクールを選ぶと良いでしょう。

>>【初心者大歓迎】YMCメディカルトレーナーズスクールのRYT200コースはこちら

RYT200についてまとめ

ryt200-main

RYT200はあくまで資格の1つにしか過ぎず、これを持っていてもヨガのインストラクターになっていない人、インストラクターになったのにやめてしまう人も多くいます。

とはいえ、一定期間ヨガを集中して勉強することはとても贅沢なことで、ヨガのインストラクターにならなくてもその後の人生に生かせる部分が多いと思います。

インストラクターになるためにRYT200を受講する方が多いですが、筆者自身はヨガが好きでRYT200を受講し、その後時間が経ってから少しずつインストラクターもはじめ、今に至ります。

資格の活かし方は人それぞれ。

自分に合ったスクール選び、自分に合ったRYT200の活かし方を考えてみてください。

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。