RYT500とは?目指すメリット・取得条件、RYT200との違いを解説!

RYT500とは?目指すメリット・取得条件、RYT200との違いを解説!

ヨガインストラクターを目指している方はRYT200やRYT500という資格について、聞いたことがあると思います。

RYT500は、RYT200とは何が違うのでしょうか?

取得を目指すメリットや取得に必要な条件などをご紹介します!

RYT500とは?RYT200との違いは?

RYT500とは?RYT200との違いは?

ヨガインストラクターを目指している方なら耳にしたことがあるRYT。

RYTとはRegistered Yoga Teacherのことであり、全米ヨガアライアンスによって制定されている国際的なヨガ資格です。

RYT500とRYT200の違いや、全米ヨガアライアンスについてご紹介します。

全米ヨガアライアンスとは

全米ヨガアライアンス

全米ヨガアライアンスとは、世界で1番知名度の高いヨガ協会であり、アメリカの非営利団体です。

90年代に2つのヨガ団体が合併して作られた全米ヨガアライアンスは、質の高いヨガインストラクターを輩出するために、一定の水準を満たすヨガ資格のRYTを制定しています。

全米ヨガアライアンス認定のRYTは、世界70カ国で通用する国際的なヨガ資格です。

RYTを取得するためにはRYS(Registered Yoga School=全米ヨガアライアンスに認定校)でヨガインストラクター養成講座を受講する必要があり、一定の水準を満たしていないとRYSとして認められません。

当校YMCメディカルトレーナーズスクールも全米ヨガアライアンス認定校であるRYSのひとつです。

RYT200とは

RYT200はヨガインストラクターになるための、基盤となる資格と言われています。

RYT200は、国際的な認知度の高いヨガインストラクター資格であり、ヨガインストラクターを目指す上で必要な知識をひと通り学ぶことができます。

RYT200のヨガインストラクター養成講座では、約200時間かけてアーサナ、ヨガ哲学、解剖学、指導法などをバランスよく学べるように、全米ヨガアライアンスによってカリキュラムが制定されています。

>>RYT200とは?取得費用や難易度、事前に準備しておくべきことを解説

>>YMCがRYT200をオンラインで取得できるコースを開始!安心、充実な内容をご紹介!

RYT500とは

RYT500とは、RYT200を取得した後に、さらにヨガを深く学ぶことで取得できる上級資格です。

RYT200の取得後に、プラス300時間のコースを受講して、トータル500時間かけて深くヨガを学びます。

RYT200と、RYT500を目指す300時間のコースは、それぞれ別の養成スクールでも受講可能です。

RYT500を取得するための条件とは?

RYT500を取得するための条件とは?

RYT200よりも取得者の少ないRYT500。

RYT500を目指すには何が必要なのでしょうか?

RYT500を取得するための条件をご紹介します。

RYT200が必要

RYT500を目指す場合には、RYT200をすでに取得してヨガインストラクターとして活動しており、そこから上を目指すためにRYT500の養成講座を受講するのが一般的なパターンです。

RYT500のコースでは、受講の条件に「RYT200取得者」と書いてあることも少なくありません。

初心者からRYT500を目指せるコースもありますが、あまりメジャーな方法ではありません。

プラスアルファの300時間

RYT200を取得した後にRYT500を目指す場合は、プラスアルファ300時間のコースの受講が必要になります。

RYT200とRYT500は、それぞれ別の養成スクールでも受講可能です。

300時間かけて、シニア、キッズヨガ、マタニティヨガなどを学びます。

RYT500を目指すメリットとは?

RYT500を目指すメリットとは?

RYT200の上級資格であるRYT500

ベーシックなRYT200から、さらに300時間学ぶには時間も費用も必要ですが、取得することで得られるものは多いのです。

RYT500を目指すメリットをご紹介します。

ヨガの知識とスキルが上げられる

RYT200でベーシックなヨガの知識を得た上に、プラスアルファで300時間のヨガを学んで深い知識を得られます。

RYT500では、RYT200のコースでは学べない難易度の高いアーサナなどにも挑戦できるので、自分自信のヨガをスキルアップできます。

ヨガの知識とスキルを上げたいヨギーにおすすめです。

仕事の幅が広がる

RYT500では、RYT200よりもピンポイントな種類のヨガが学べます。

  • シニアヨガ
  • キッズヨガ
  • マタニティヨガ
  • リストラティブヨガ

などの知識を学べ、教えられるクラスの幅が広がります。

今まで応募できなかった仕事にも応募可能になり、仕事の幅が広がるのです。

就職率がRYT200より高い

RYT500を取得しているヨガインストラクターは、日本ではまだ数が少ないです。

そのため、RYT200よりもニーズが高く、就職率が高くなります。

近年はヨガインストラクターが増えており、就職も難しくなってきています。

RYT500を取得することは、今後もさらに活躍したいヨガインストラクターにおすすめです。

ヨガを極めたいなら、RYT500の取得を目指そう!

ヨガを極めたいなら、RYT500の取得を目指そう!

RYT200はヨガの基礎を学べるコースであり、RYT500はさらにヨガを深められるコースです。

ある程度の期間と費用はかかりますが、得られるものも大きいでしょう。

ヨガを極めたいなら、RYT500の取得を目指しましょう!

>>YMCのRYT500詳しいコース内容はこちら!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。