シニアヨガを教えるのに資格を取得すべき?シニアヨガインストラクターになるには?

シニアヨガを教えるのに資格を取得すべき?シニアヨガインストラクターになるには?

高齢化が進むとともに需要が増えてきているシニアヨガ。

RYT200を取得したあとに、ヨガインストラクターとしての技術の幅を広げたい人はシニアヨガの資格を取得してみてはどうでしょうか?

この記事では、シニアヨガについての説明から資格が必要な理由、取得方法についてご解説していきます。

近年、需要が増えているシニアヨガとは?

シニアヨガとは?

わかりやすく解説!シニアヨガとは?

シニアヨガとは、シニア、つまり高齢者向けのヨガです。

もともとカラダが硬い人を想定しており、繰り返し行うことで衰えていたはずの身体機能の回復を感じられる喜びをあじわえるでしょう。

シニアヨガの効果
  • 日常生活を支える筋肉を鍛えることができる。
  • 血液循環がよくなることで、カラダの痛みが緩和される。
  • 心配機能の強化で、息切れしにくくなる。
  • 柔軟性のアップによるケガの防止。
  • 内臓機能アップによる便秘の防止。
  • 衰えがちな食欲を増進する。
  • 精神の安定やストレス発散により、気持ちが前向きになる。
  • 周りとの交流のきっかけになり、つながりを感じられる。

減退しがちなカラダの機能を改善するだけでなく、精神的な面でのケアも期待できることから注目されはじめ、様々な老人ホームなどで導入されるようになってきています。

社会全体の高齢化が進むにつれて、需要がだんだんと伸びているヨガといえるでしょう。

シニアヨガと若者向けヨガの違いは?

シニアヨガは、高齢者のレベルに合わせてムリのない範囲で行い、ポーズの正しさは求めないのが特徴です。

高齢になればなるほど、カラダが思うように動かず、節々で問題を抱えやすくなりますよね。

一般的なヨガをやろうとしても、足や腕が思うように上がらない、動きが速すぎてついていけない、耳がよく聞こえない、ポーズの名前や順番を覚えられないといった挫折感を味わうだけです。

シニアヨガでは、そんな高齢者の状態に合わせて、気持ちの良い呼吸を続けられることを優先して、カラダを動かす楽しさを実感してもらうのが最大の違いとなります。

そのため、イスはもちろんのこと、壁やタオルなど様々な道具を積極的に取り入れるのも独特な点といえるでしょう。

シニアヨガのインストラクターに資格は必要?注意点は?

シニアヨガのインストラクターに資格は必要?注意点は?

シニアヨガインストラクターを目指すのであれば、ちゃんとした資格を持っていたほうがいいことに越したことはありません。

高齢者の方は身体機能が低下してムリができない傾向にありますので、一般向けのヨガでは安全面が問題となります。

特にヨガのポーズで万が一にでも転んでケガをしてしまった場合、病気の悪化を引き起こす可能性があるだけでなく、恐怖感からその後の活動意欲の低下を招くでしょう。

生徒さんの人生を台無しにしないためにも、一般のヨガでは学ばないような、高齢者によくある慢性的な不調や疾患にかんする知識、介護予防、イスやベルトなどの道具を使ったヨガなどを学ぶ必要があります。

さらに、万が一に備えて緊急対応や応急処置についても身につけたほうが安心です。

シニアヨガに必要な内容を体系的に学ぶうえで、目安や目標もたてることができるシニアヨガのインストラクター資格の取得は近道といえるのです。

シニアヨガのインストラクター資格を取得するには?

シニアヨガのインストラクター資格を取得するには?

シニアヨガのインストラクターの資格には、統一された基準がなく、様々な認定団体がそれぞれ出しており、数時間だけ受講すれば取れる資格から、数ヶ月に渡って取得する本格的な資格まであります。

もちろん、それぞれのシニアヨガ指導者養成講座の内容も異なっており、道具を利用しないものや身体運動に重きをおくもの、瞑想を重視するものなどバラバラです。

すでに介護職についており知見を広げるためだけであれば、数時間から数日受講すれば取得できるシニアヨガ指導者養成講座を選んでも大丈夫です。

ただ、シニアヨガの専門家を目指すのであれば、これだけでは足りません。

シニアヨガインストラクターになるのであれば、全米ヨガアライアンス認定のプログラムにしましょう。

世界的な知名度を誇る全米ヨガアライアンスが認定するシニアヨガインストラクター養成プログラムは、最も信頼できます。

RYT500という資格取得のためのプログラムの一部で、数ヶ月単位でしっかりと学べるのでオススメです。

YMCでもシニアヨガのインストラクター資格を取得できる

YMCでもシニアヨガのインストラクター資格を取得できる

YMCメディカルトレーナーズスクールでも、RYT500のプログラムの一環としてシニアヨガのインストラクター資格講座を提供しています。

当スクールのカリキュラムとしては、高齢の方やカラダが虚弱な方、簡単な動きのヨガを探している方などに対応できる実践的な指導を学べるのが特徴です。

  • シニアヨガとは/目的と効果
  • 高齢者のストレスに関する症例
  • 体変化に伴う症例/施設でのレッスン対応・要介護について
  • 要介護の原因と予防Ⅰ/椅子を使ったアーサナ
  • 要介護原因と予防Ⅱ/シニア向け太陽礼拝/シニアのレッスン誘導の注意点
  • 開催場所に応じての症例別のロープレ
  • 個人別プログラミングロープレ/試験対策

上記のカリキュラムを終えることで、一般のヨガにあるようなダイナミックな動きでなく、カラダの隅々までを動かすことを意識した安全で効果的なレッスンが行えるようになるでしょう。

ご興味がある方は、下記の養成コースの詳細からぜひ一度お問合せください。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。