シニアヨガとは?シニアヨガの魅力と目指すべき資格を徹底解説

シニアヨガとは?シニアヨガの魅力と目指すべき資格を徹底解説

ヨガを学んでいる人なら『シニアヨガ』というのがあるのは、ご存知だと思います。

シニア向けのヨガとは、どんなものなのでしょうか?

今回はシニアヨガの魅力と、必要な資格についてご紹介します!

シニアヨガとは?

シニアヨガとは?

シニアヨガとは、その名の通り高齢者向けのカラダに優しいヨガです。

世界的にニーズが高まっているヨガセラピーのひとつであり、第一人者はアメリカのSuza Francinaです。

高齢者になると、カラダのさまざまな部分が若い頃のようには動かず、無理をすると怪我などの危険性を伴います。

そんな高齢者のカラダの安全に、十分に気をつけて行うシニアヨガは、介護施設や高齢者施設、医療機関などで、リハビリや体力回復、メンタルケアなどの目的のために取り入れられ、近年注目されているヨガセラピーなのです。

シニアヨガの特徴

シニアヨガの特徴は、その安全性にあります。

イスやブランケット、その他のヨガプロップスを使用して、高齢者の方でもカラダに無理がなく安全に楽しめるヨガです。

また、シニアヨガでは従来のヨガのように、連続してアーサナを行ったり、ポーズの正確さなどを求めることはありません。

アーサナの完成形をゴールとせずに、それぞれのカラダに合わせて、できる範囲での簡略化されたアーサナを行います。

簡略化されたアーサナでも、呼吸や補助具によるサポートもあって、十分に効果が得られます。

高齢者はもちろん、カラダが硬い人にもやりやすく気持ち良いヨガです。

シニアヨガの効果とは?

完成度の高いアーサナなどを求めず、それぞれのカラダに合わせて安全に行うシニアヨガ。

シニアヨガはカラダを動かすことが減った高齢者の方にとって、ちょうどいいエクササイズとして身体機能の向上にも効果的なものですが、それだけではありません。

簡単なストレッチとゆっくりした呼吸法により、心身をリラックスさせ、ストレス解消にも効果がみられます。

また、ヨガインストラクターの指示に従いながらエクササイズを行うことは脳のトレーニングにもなり、認知症予防にも効果的と言われています。

そして、仲間と共にコミュニケーションを取りながらヨガのエクササイズを楽しむことは、向上心アップや日々の生活の活力につながるなど、さまざまな効果が期待できるものなのです。

シニアヨガに資格は必要?

シニアヨガに資格は必要?

シニアヨガを指導するためには、普通のヨガ以外に高齢者に関するさまざまな知識が必要になります。

知識なしにシニアヨガを教えることは非常に危険なので、シニアヨガの指導には資格の取得が必要です。

シニアヨガでもっとも注意したいことは、その安全性です。

高齢者はカラダの可動域も狭まり、柔軟性も低くなっています。

そのため、それぞれに無理のない範囲でエクササイズを行う必要がありますが、つい頑張り過ぎてしまう高齢者の方も少なくありません。

無理をしてしまうと、怪我や持病の悪化につながってしまうケースもあり、インストラクターは無理をさせないように細心の注意を払わなければなりません。

また、シニアヨガのレッスンには、通常のヨガではあまり重要視されないイスやブランケット、その他のヨガプロップスのなどを使った高齢者向けの軽減法などの知識が必要になります。

シニアヨガを行う場合は、自己流でなく、しっかりと学んで知識を得てから指導しましょう。

>>シニアヨガを教えるのに資格を取得すべき?シニアヨガインストラクターになるには?

シニアヨガ資格を取得するメリットとは?

シニアヨガ資格を取得するメリットとは?

これから更にニーズが高まるであろうシニアヨガ。

シニアヨガの指導には、まずは資格を取得しなければなりません。

シニアヨガ資格を取得するメリットをご紹介します!

社会貢献ができる

シニアヨガは高齢者施設や医療機関などでニーズが高いヨガセラピーです。

高齢者の身体機能回復や、カラダが不自由な方のリハビリ目的でも行われるエクササイズであり、資格を取得することで、社会貢献の機会が多く得られるでしょう。

これから需要が増える

日本では全国の約4分の1が高齢者と言われています。

今後もさらに高齢化が進む日本の社会では、シニアヨガはニーズが高まると予想されています。

これからの需要に備えて、資格を取得するのもおすすめです。

スキルアップに!

ヨガインストラクターとして活動の幅を広げたい方にも、シニアヨガの資格はおすすめです。

シニアヨガは高齢者のみならず、カラダを動かしにくい方に役立つ知識です。

ヨガインストラクターのお仕事は、今後も色々な生徒さんと出会う機会があるので、知識として資格を取得しておくと、この先役に立つでしょう。

YMCのシニアヨガ資格コースとは?

YMCのシニアヨガ資格コースとは?

当校YMCメディカルトレーナーズスクールでもシニアヨガ資格を取得できます。

高齢者向けのヨガを覚えることにより、より安全で効果的なレッスンの指導が可能になります。

スキルアップを考えているヨガインストラクターの方や、技術の幅を広げたい方におすすめです。

高齢の方やカラダが虚弱な方などに対応するために、ダイナミックな動きではなく穏やかな動きで、カラダを丁寧に動かす指導ができるヨガインストラクターを目指せるコースです。

IHTA認定 シニアヨガインストラクター
  • 受講期間:平均3ヶ月
  • 受講料:¥113,000(※入学金、IHTA登録料を除く)

>>YMCメディカルトレーナーズスクールのシニアヨガ取得コースの詳細はこちら!

シニアヨガ資格はこんな人におすすめ!

シニアヨガ資格はこんな人におすすめ!

スキルアップを目指すヨガインストラクターはもちろん、現在介護職など高齢者に関わるお仕事をしている方で、高齢者向けのカラダに優しいエクササイズを取り入れたい方におすすめです。

これからの高齢化社会に向けて、持っていると知識を活かす機会が多い資格です!

今後の需要が多いシニアヨガ資格はおすすめ!

今後の需要が多いシニアヨガ資格はおすすめ!

シニアヨガ資格は持っていると、いつか役に立つ知識です。

高齢者だけではなく、色々な方に応用できるシニアヨガの知識。

興味がある方は、YMCでシニアヨガ資格の取得をおすすめします!

なお、今回の記事を読んで「YMCメディカルトレーナーズスクールに興味をもった!」という人は、以下のボタンから資料請求や個別相談の申し込みが無料でできますので、気軽にご相談くださいませ。

スタッフ一同、ご連絡をお待ちしておりますね。

RYT200を取得する前に資料をみる

RYT200の取得前に見学してみる

執筆者 :YMCスタッフ
いつも当スクールのブログをご覧いただき、ありがとうございます。
YMCメディカルトレーナーズスクールでのスクールライフや気になる記事を分かりやすく発信していきます。